股割り(MATAWARI JAPAN)

なぜ股関節をやわらかくしたいのに、やわらかくならないのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

股関節がやわらかいとは?

「股関節がやわらかい」というのは、どのような状態のことなのか?おそらく、「股関節がやわらかい」という実感をした経験がなければ想像するしかありません。ですから、開脚180度できることが「股関節がやわらかい」と想像している人が多いと思います。しかし、実際にはストレッチに取り組んで180度開脚を達成したとしても、今度は「股関節を動かしたい」ということになります。現場では、開脚180度できたとしても、動きにキレがない、怪我が絶えない、などの悩みが多いのです。

「開脚ストレッチ」と「股割り」の違い

例えば「開脚ストレッチ」と「股割り」は、筋肉を伸張するか収縮するかの違いがあります。ストレッチは筋肉を伸ばしてやわらかさを求めるのに対し、股割りは筋肉を収縮して動きを求めます。そして、多くは開脚ストレッチに取り組むのです。筋肉には、伸ばされると縮むという特性があります。これは、伸張反射といわれる生体の防御反応で、関節が可動範囲を超えて怪我をしないように制御しています。「開脚ストレッチ」で180度開脚を達成する場合は、この伸張反射を鈍らせてしまった状態のことが多いのです。逆に「開脚ストレッチ」で180度達成できてない場合は、伸張反射が作動しているので正常といえます。しかし、開脚180度を達成したとしても、動作では動きにキレがない、怪我が絶えない、という結果が待っているのです。

「開脚ストレッチ」の目的

筋肉が力を発揮するのは収縮したときです。股関節は、筋肉が収縮することにより可動します。つまり、「開脚ストレッチ」は筋肉を伸ばす(伸張)ばかりで股関節の動きの訓練に至っていないのです。ですから、「開脚ストレッチ」は股関節をやわらかく滑らかに動かすのに向きません。これは、ストレッチを否定しているわけではなく目的に合わないのです。ストレッチは、適度に心身をリラックスするのによいでしょう。

「股割り」の目的

股関節をやわらかく滑らかに動かすためには、股関節をそのように動かす訓練が必要です。「股割り」はそのための一つの方法なのです。「股割り」は、股関節を外転/外旋/屈曲に筋肉を収縮して動きを訓練をします。「股割り」も「ストレッチ」と同様、緻密な知識と実践を要します。股関節のやわらかい滑らかな動きを求める、動きのキレを求める、怪我の予防を求めるのには、「股割り」などの動きの訓練が必要なのです。

「股割り」に取り組む

「股割り」に取り組むときのポイントは、1~4の精度を上げていきます。 1. 骨格位置:重力を無理なく受けることができる骨格位置で筋肉の起始停止を整える 2. 関節の運動方向:股関節の外転/外旋/屈曲 3. 筋肉の連動:股関節運動に関与する筋肉の収縮率を上げる 4. 重心移動の軌道:円滑な重心移動

マウント富士のポーズ

これは、骨格位置をまとめるためにおこないます。骨盤が1㎜浮くところまで腕を刺し伸ばしていきます。足は膝が伸び切り内旋しないように足関節背屈で握り込んでおきます。骨盤、胸郭をしっかり立てて、股関節をフリーにします。

matawari マウントフジのポーズ

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
股割りのポイント
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

熱中症:参加しない決断も必要?【スペイン監督日記】

【イベント】9/19(土)コアトレーニング術/牧野講平氏(ウィダートレーニングラボ)/ヒューマンアカデミー大阪校【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

第48回全国高専サッカー大会が開幕【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

にしやん松戸ラグビー教室2015-36【Dream Rider  西山淳哉】

ストレッチ「ちゃんと」してますか?~ストレッチセミナー開催します!【青山剛のKeep on Running!】

東海大相模のジンクスとゲン担ぎ【スポーツマーケティング探求記】

2015年 夏! 4人のFA レベル1受講者の合否の行方! 女子チャールトン 選手留学 チェルシーサマーキャンプの三本でお送りします。【THE ENGLAND FOOTBALL】

第43回石巻ライノスラグビースクール【Dream Rider  西山淳哉】

ブロガープロフィール

profile-iconeni4

MATAWARI JAPAN代表。柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を取得してからというものカラダの不思議に魅せられて20年余り、治療の世界に住みづつけている。気づけば40代半ばを過ぎ、走り続けてきた代償は不思議をより深く進めてきたためにこのことしか知らない。だが、幸いにも多くの人に恵まれ何とか住んでいられるというところだろう。ご縁がありましたら何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 昨日のページビュー:35
  • 累計のページビュー:503578

(11月07日現在)

関連サイト:公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 開脚ストレッチ禁止
  2. 180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点
  3. 骨盤を立てること_ぶれない胴体を築く
  4. 股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない
  5. 反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻
  6. 開脚/180度開脚のやり方
  7. 骨盤を引き上げる力(骨盤の起こし方、骨盤後傾~骨盤立位)
  8. 股割りのやり方/股割りの目的
  9. 股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り
  10. 骨盤前傾と骨盤後傾/骨盤を理解することと実感すること、わかった風なこと

月別アーカイブ

2016
01
2015
09
08
07
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
09
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss