股割り(MATAWARI JAPAN)

怪我の治りが遅い選手は回復力が低下している(フィジカル&コンディショニング)

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ選手はカラダのコンディションを整えるためにマッサージやストレッチなどを様々な専門家に委ね過ぎている場合が多い。一般の方においても痛みを少しでもやわらげようと全国の有名な医療機関を転々として様々な治療をカラダに刻んでいる場合が多い。これらはカラダの回復力を低下させる原因になります。

回復とは自分自身が元の状態に戻っていくこと。

専門家の手によるマッサージやストレッチが、気持ちよかったり、カラダが楽になることとは別の話です。快楽的な感覚を回復と勘違いしてしまうことで、回復する必要性がなくなるのだと思います。また、様々な治療をカラダに刻むことで痛みの原因に不必要な情報を脳に上書きすることになり、治療を複雑化し、回復する方向性を見失うのだと思います。

一般の方の中には「毎日治療した方が早く治る」と思い込んでいる方が多いのではないでしょうか。自分にとって余分な医療が増えるほど回復力は低下します。「医療は自分にとって必要な分というのが理想です。」自分の状態を把握し、自分にとって必要な情報を選択できる目をもつことが回復力を上げることになります。

そのためには、医療機関、専門家任せでなく、最低限の自分の勉強が必要です。そうすれば、自分にとって余分な医療を選択せずにすみ、また、最短距離で回復へと向かうことができるのです。

また、パフォーマンスを上げるためには、自分の状態を理解し、自分にとって必要なトレーニングを重ねることが大切です。

■参考「股関節 hip joint」 ■参考「肩関節 shoulder joint」 ■参考「肩関節のメカニカルトレーニング



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MATAWARI JAPAN あれこれ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

どんな選手を育てたいか【半人前バスケコーチの独り言】

首都大学東京ラグビー部2015-20【Dream Rider  西山淳哉】

7/11(土) 16:00~ ヨーロッパ・アジアプロサッカーチャレンジセレクション【プロサッカーセレクション】

ブロックトライアウトに参加して【ラヴラグブログ】

にしやん松戸ラグビー教室2015-24【Dream Rider  西山淳哉】

また回転数を上げられるのか【Bigwildの「スポーツは楽しく」】

技術の進歩をどう取り入れるのか【Bigwildの「スポーツは楽しく」】

【イベント】7/20(月)コンディショニング術/友岡和彦氏(株式会社ドームアスリートハウス)/ヒューマンアカデミー那覇校【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconeni4

MATAWARI JAPAN代表。柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を取得してからというものカラダの不思議に魅せられて20年余り、治療の世界に住みづつけている。気づけば40代半ばを過ぎ、走り続けてきた代償は不思議をより深く進めてきたためにこのことしか知らない。だが、幸いにも多くの人に恵まれ何とか住んでいられるというところだろう。ご縁がありましたら何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 昨日のページビュー:74
  • 累計のページビュー:488216

(02月10日現在)

関連サイト:公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 開脚ストレッチ禁止
  2. 180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点
  3. 骨盤を立てること_ぶれない胴体を築く
  4. 股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない
  5. 反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻
  6. 開脚/180度開脚のやり方
  7. 骨盤を引き上げる力(骨盤の起こし方、骨盤後傾~骨盤立位)
  8. 股割りのやり方/股割りの目的
  9. 股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り
  10. 骨盤前傾と骨盤後傾/骨盤を理解することと実感すること、わかった風なこと

月別アーカイブ

2016
01
2015
09
08
07
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
09
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss