股割り(MATAWARI JAPAN)

股割り・広背筋バージョン

このエントリーをはてなブックマークに追加

骨格ポジショニングでは、骨盤おこしで身体が目覚める(春秋社)で 説明している骨格位置、 “動き”のフィジカルトレーニング(春秋社)で説明している骨格筋回復、 新たに「深部感覚クイックルーティーン」を紹介している。

構造動作トレーニングのベースがようやく整いつつあるといったところだろうか。 「ヒト本来の状態を回復する」というリハビリ・トレーニングの指標が 充実することはカラダの内部環境の地図を読み解く上でとても心強い。

各スポーツや武術をやられている方たちは、 カラダの使い方を学びにくる。 だが、動作の技術的なこととカラダの回復リハビリ・トレーニングの目的が 明確でない。 構造動作トレーニングは、カラダの使い方ではなくヒト本来の状態への回復なのだ。

同じスポーツ動作の技術を練習していてもカラダの状態には個人差があり、 動作の質についても個人差がある。 この個人差を動作の技術で埋めるか、カラダの回復トレーニングで変えるのか、 という違いがあるのだ。

この理解が曖昧なままでは真にカラダは変わらない。

股割り 深部感覚

わたしは、子供たちに技術的な動作改善よりも 本来のカラダの状態へ回復してほしいと願っている。 自らが回復する術を得て、たくましく育ってほしい。

運動と感覚は切り離すことができない。 感覚が鈍いということは運動の記憶が薄い。

骨格ポジション、 骨格筋回復、 深部感覚、

これらを統合し、 カラダを本来の状態へと回復する。

さて、1月の東京・技アリ企画「構造動作トレーニング」は、 深部感覚のルーティーン三昧だった。

感覚がいい人というのは、感覚を拾うことができる人といえるのかもしれない。 わりと皆さん、効果を出すことができた。

深部感覚の入力は、効果を出すことができる人とそうでない人がいる。 効果を出せなかったとしても、カラダの仕組みを知り深部感覚入力を 積み重ねれば、コツをつかむことができるだろう。 コツとは、深部感覚を拾うということだ。 つまり、効果が出せるということになる。 非常に面白いことだと思う。

股割り 深部感覚

さて、1月の東京・技アリ企画「構造動作トレーニング」は、 深部感覚のルーティーン三昧だった。

感覚がいい人というのは、感覚を拾うことができる人といえるのかもしれない。 わりと皆さん、効果を出すことができた。

深部感覚の入力は、効果を出すことができる人とそうでない人がいる。 効果を出せなかったとしても、カラダの仕組みを知り深部感覚入力を 積み重ねれば、コツをつかむことができるだろう。 コツとは、深部感覚を拾うということだ。 つまり、効果が出せるということになる。 非常に面白いことだと思う。

趾Level Upでも通常の趾回復に加え、 足の深部感覚フルセットを入力。 重力下で動くということを実感できた。

股割り 深部感覚

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
股割りのポイント
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

コーチングレビュー(2015.1.25)【ラヴラグブログ】

にしやん松戸ラグビー教室2015-3【Dream Rider  西山淳哉】

マラソンに30キロの壁はない?!~青山剛のランニングnavi最新記事!~【青山剛のKeep on Running!】

松戸ジュニアラグビー練習会2015-3【Dream Rider  西山淳哉】

【指導者・保護者必見】現役MLB球団トレーナーが伝授! 野球選手の為のリハビリ・ケアセミナー(初級編)を実施しました!【ベースボールコミュニケーション 野球セミナーブログ】

メ~テレ取材以来ひさしぶり!名古屋・股割り【股割り(MATAWARI JAPAN)】

代表150試合でもいつも通りの遠藤さん(日本ーイラク戦)【北のお部屋】

軸足【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

ブロガープロフィール

profile-iconeni4

MATAWARI JAPAN代表。柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を取得してからというものカラダの不思議に魅せられて20年余り、治療の世界に住みづつけている。気づけば40代半ばを過ぎ、走り続けてきた代償は不思議をより深く進めてきたためにこのことしか知らない。だが、幸いにも多くの人に恵まれ何とか住んでいられるというところだろう。ご縁がありましたら何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 昨日のページビュー:75
  • 累計のページビュー:487202

(01月30日現在)

関連サイト:公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 開脚ストレッチ禁止
  2. 180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点
  3. 骨盤を立てること_ぶれない胴体を築く
  4. 股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない
  5. 反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻
  6. 開脚/180度開脚のやり方
  7. 骨盤を引き上げる力(骨盤の起こし方、骨盤後傾~骨盤立位)
  8. 股割りのやり方/股割りの目的
  9. 股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り
  10. 骨盤前傾と骨盤後傾/骨盤を理解することと実感すること、わかった風なこと

月別アーカイブ

2016
01
2015
09
08
07
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
09
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss