股割り(MATAWARI JAPAN)

ストレッチがカラダに悪いという噂

このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢の女性からストレッチについての質問を頂きました。 お友達とサークルで週1回の「ストレッチ体操」を半年ほど続けているそうなのですが、知り合いから「ストレッチはカラダに悪い」という噂を聞いて心配になったそうです。

最近は、「ストレッチ有害説」「ストレッチが体に悪い」という情報が広まっています。 これは、ストレッチ体操の中でも「静的ストレッチ」といわれるもので、 スポーツ選手が試合前にストレッチで筋肉へ伸張入力をしてしまうと収縮力を鈍らせる恐れがあるということです。 動きを極限まで追求する選手には「静的ストレッチ」がマイナスに働きますが、お友達と楽しみながら続けている「ストレッチ体操」でしたらプラスになると思います。

そして、ストレッチが『悪』ではありません。 目的に対して手段が適切でないということが問題なのです。 私は、動きをスムーズにする目的でトレーニングをしていますのでストレッチをすすめていませんが、目的に対して手段が適切でなければ、どのような優れたメソッドを選択したとしてもよくないということになります。

例えば、膝が痛い、腰が痛いなどの不調を解消するために「ストレッチ体操」をするのなら、 わけもわからず、お友達が「いいよ!」というからでは、もしかしたら自分の状態に合わないということもあるでしょう。 主治医と相談し、健康運動指導士と連携できればベストです。 そして、自分で不調を解消するという場合は、やはり相応の勉強が必要だと思います。

「ストレッチが悪」ということではなく、しっかり手段を選択できる知識を得ることが大切です。 そうすれば、噂や情報に振り回されて心配になることもなくなるのではないでしょうか。 また、スポーツ選手は動きの中でカラダを「ゆるめる、整える」術を身に付けた方がいいと思います。

≫≫≫トレーニングセミナー



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MATAWARI JAPAN あれこれ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

「股割り」と「真向法第3体操」の『開脚』/渡辺弥栄司さん【股割り(MATAWARI JAPAN)】

にしやん松戸ラグビー教室2014-22【Dream Rider  西山淳哉】

SHIBATAのトレーニングQ&A:「受験勉強中に筋トレはできるのか」【HOOPERS official blog】

松戸ジュニアラグビー練習会2014-36【Dream Rider  西山淳哉】

【告知】ラグビー・アナライズ~あのプレーを本人がひも解く第12回(東芝CTB仙波選手&WTB大島副将ゲスト)は今週24日! 11月もイベント目白押しです…。【ラグビーライター向風見也の取材記】

ヨーロッパ・アジアプロサッカーチャレンジセレクション 日程【プロサッカーセレクション】

股割りの取り組み方/真の強さを問う【股割り(MATAWARI JAPAN)】

首都大学東京ラグビー部2014-23【Dream Rider  西山淳哉】

ブロガープロフィール

profile-iconeni4

MATAWARI JAPAN代表。柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を取得してからというものカラダの不思議に魅せられて20年余り、治療の世界に住みづつけている。気づけば40代半ばを過ぎ、走り続けてきた代償は不思議をより深く進めてきたためにこのことしか知らない。だが、幸いにも多くの人に恵まれ何とか住んでいられるというところだろう。ご縁がありましたら何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 昨日のページビュー:74
  • 累計のページビュー:487570

(02月03日現在)

関連サイト:公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 開脚ストレッチ禁止
  2. 180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点
  3. 骨盤を立てること_ぶれない胴体を築く
  4. 股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない
  5. 反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻
  6. 開脚/180度開脚のやり方
  7. 骨盤を引き上げる力(骨盤の起こし方、骨盤後傾~骨盤立位)
  8. 股割りのやり方/股割りの目的
  9. 股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り
  10. 骨盤前傾と骨盤後傾/骨盤を理解することと実感すること、わかった風なこと

月別アーカイブ

2016
01
2015
09
08
07
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
09
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月03日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss