股割り(MATAWARI JAPAN)

股関節100パーセント、カラダの機能回復/トレーニング、講座日程

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、構造動作トレーニングはヒトのカラダの機能を回復するトレーニング・リハビリです。 トレーニングの筋道を理解することが難しいようなので補足すると、ヒトシステムの100パーセントの機能回復を目指します。

matawari

例えば100パーセントに満たない機能を維持するための対処療法や技術訓練はしません。 股関節のフル可動域を100パーセントとすると開脚前屈、ロールオーバーができて60~70パーセントくらいでしょうか。 のこり30~40パーセントの股関節機能回復を目指します。 ですから、開脚前屈ができない段階で開脚幅を広げるような代償運動の入力、あるいは対処療法的な取り組みはしません。 これは解剖学、実践等で股関節の理解が深まればわかると思います。

基本を勉強して股関節というものを知るということです。 柔道整復や鍼灸の国家試験を受験するために必要な専門書、教科書の知識を1とし、そこから深く、深く掘りさげて10の知見を得る。 対処療法や技術を重ね浅く広くでは真に理解するということはできないと思います。

質問や相談をされる方の中には、海外メソッドを取り入れている方も多い。 症状、状態に対してのテクニックを数多く知っているということは、すごいことなのでしょう。 しかし、テクニックで股関節、機能を100パーセントにすることはできません。 古典的な海外メソッドにしろ元々創始者が何の目的で開発したのかということを理解し、それはいま自分が求めていることへ導くものなのかを考えれば、自ずとトレーニング、リハビリの筋道が通るはずです。

また、医療・スポーツビジネスのために構造動作トレーニングを導入しようと考えている方もいます。 とても、サービス業として成り立つトレーニング、リハビリではありませんので向かないと思います。 やはり基本を掘りつづける環境の中で自らが考えるということに尽きると考えます。

文章ではなかなか伝えきれません。 質問や相談などは直接聞いていただくのがいいと思います。 ≫≫≫トレーニング、講座 参加の仕方は1回~数回そのときどきの雰囲気を感じていていただくもよし、基本を掘り下げていくもよし、自分に必要な学びをえていただければOKです!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
股割りのポイント
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【WSC流 海外スポーツニュース9/25】【海外スポーツファンの溜まりBAR】

【取材記】日本代表候補の強化合宿(ラグアナについてお知らせも…)【ラグビーライター向風見也の取材記】

「IRB認定S & C Level1の資格取得講習会」に参加して【ラヴラグブログ】

e-ラーニング×アオヤマメソッド!【青山剛のKeep on Running!】

石巻ライノス松戸ラグビースクール交流会@松戸(延期)【Dream Rider  西山淳哉】

タイブレークしかアイディアはないの?【Bigwildの「スポーツは楽しく」】

ケガを押して競技するということ【日本のスポーツを元気に!!!】

股関節と前腕の回内外【股割り(MATAWARI JAPAN)】

ブロガープロフィール

profile-iconeni4

MATAWARI JAPAN代表。柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を取得してからというものカラダの不思議に魅せられて20年余り、治療の世界に住みづつけている。気づけば40代半ばを過ぎ、走り続けてきた代償は不思議をより深く進めてきたためにこのことしか知らない。だが、幸いにも多くの人に恵まれ何とか住んでいられるというところだろう。ご縁がありましたら何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 昨日のページビュー:75
  • 累計のページビュー:487202

(01月30日現在)

関連サイト:公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 開脚ストレッチ禁止
  2. 180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点
  3. 骨盤を立てること_ぶれない胴体を築く
  4. 股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない
  5. 反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻
  6. 開脚/180度開脚のやり方
  7. 骨盤を引き上げる力(骨盤の起こし方、骨盤後傾~骨盤立位)
  8. 股割りのやり方/股割りの目的
  9. 股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り
  10. 骨盤前傾と骨盤後傾/骨盤を理解することと実感すること、わかった風なこと

月別アーカイブ

2016
01
2015
09
08
07
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
09
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss