股割り(MATAWARI JAPAN)

まるごと股関節、腹圧MAX!

このエントリーをはてなブックマークに追加

股割りmoreチャレンジは、果敢なチャレンジャーが増えた。

股割り 構造動作

股関節の可動域を広げるということは、 筋肉をゆるめることでも、 筋肉をほぐすことでも、 筋肉をリラックスさせることでもない。

股関節の可動域は、 股関節を動かす訓練をしなければ広がらない。 股割りチャレンジャー達の中にもまだまだ、 思い込みを整理できているものは少ない。

股割り 構造動作

ここでは、股関節の立体的可動域を訓練する。 もう、ストレッチと股割りの違いは説明するまでもないが、 せっかくなら平面的な可動よりもヒトの動きに直結する可動に辿りつきたい。

まさに、 「どちらも大変なら股割りを訓練する」 という、チャレンジャーがいた。 股関節を動かすということは簡単でない。 長い間、眠りに着いていた股関節には拘縮、感覚低下などの様々な状態が重なっている。 股関節が眠りから覚めるまでには、痛みや痺れを伴うこともある。

私もチャレンジャーの一人にすぎないが、 参加者よりも経験が長い分、知っていることも多い。 股関節をフル稼働させるということは生半可な気持ちではかなわないのだ。

私もようやくトレーニング後、 思うような効果が出せるようになってきた。 骨盤ダンシングか骨盤トルネードのドリルが効いたのか…。 その効果の感覚を表現するならば「まるごと股関節」。 お尻の中から始まった脚は、 やわらかなお尻の中にある股関節で滑らかに可動する。 とてもいい感覚だったが、一期一会。 また新たな感覚に出会いたい。

股割り ストレッチ

チャレンジャーたちをみていて、 腹圧が難しいようだ。

股割り ストレッチ

腹圧が充実していなければ、 股関節が滑らかに回転しない。

ポイントは腹圧MAX!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
股割りのポイント
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

普段通りを出せるメンタルの強さ(フランス-ナイジェリア戦)【北のお部屋】

運動したら疲れるという大前提を疑ってみませんか?【〜いわゆるサッカー・フットサル上達法、コンディショニングへの思い込みへの提言〜】

采配1つで大きく変わる監督の影響力とトーナメントの魔力(オランダ-メキシコ戦)【北のお部屋】

今日のコーチングレビュー(2014.6.29)【ラヴラグブログ】

ハメス、ハメス、時々オスピナ(コロンビア-ウルグアイ戦)【北のお部屋】

「T.I.D.ユースキャンプ RUGNET in 岩手 2014」に参加して【ラヴラグブログ】

国歌斉唱時のに見る選手の集中力【no title】

良い選手である前に良い人間であれ【Bigwildの「スポーツは楽しく」】

ブロガープロフィール

profile-iconeni4

MATAWARI JAPAN代表。柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を取得してからというものカラダの不思議に魅せられて20年余り、治療の世界に住みづつけている。気づけば40代半ばを過ぎ、走り続けてきた代償は不思議をより深く進めてきたためにこのことしか知らない。だが、幸いにも多くの人に恵まれ何とか住んでいられるというところだろう。ご縁がありましたら何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 昨日のページビュー:74
  • 累計のページビュー:487570

(02月03日現在)

関連サイト:公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 開脚ストレッチ禁止
  2. 180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点
  3. 骨盤を立てること_ぶれない胴体を築く
  4. 股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない
  5. 反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻
  6. 開脚/180度開脚のやり方
  7. 骨盤を引き上げる力(骨盤の起こし方、骨盤後傾~骨盤立位)
  8. 股割りのやり方/股割りの目的
  9. 股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り
  10. 骨盤前傾と骨盤後傾/骨盤を理解することと実感すること、わかった風なこと

月別アーカイブ

2016
01
2015
09
08
07
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
09
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月03日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss