暇人の観戦記

決勝の展望とクアード開始。そして…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人がいなくなっても全豪は続く、というわけでシングルスの展望です。 国枝選手がまさかの敗北、自身も国内の世代交代を止めた仏の鉄人ウデ選手が自身が手にしていない最後の1冠の戴冠を狙いました。 しかし、国枝選手が焦る気持ちがわかる新鋭たちが、欧州レベルでの世代交代を促しました。 ベルギーのヨアヒム・ジェラール選手が3-6.6-1.6-3のスコアで初の4大大会制覇へまずは王手。 昨年のNEC車いすテニスマスターズの覇者が、7勝20敗と大幅に負け越している相手をようやく下して念願のグランドスラム戴冠へ。 相手はアルゼンチンのフェルナンデス選手か、英国のリード選手か。スタッツも豊富に出ているために分析したい試合。 リアルタイム速報で、今までの車いすテニスの常識を覆す最高速140kmVs143kmの高速サーバー勝負になってます。 どちらが勝っても車いす男子シングルス決勝は、次のスタイルと世代交代を印象づける試合になりそうです。 そしてもう既に決勝のカードが決まっている車いす女子シングルス。大方の予想通りというか、オランダ包囲網強し。 第一シードのグリフィオン選手と、上地選手を破ったファン・クート選手で決勝戦。 この決勝を考えると、上地選手は今年も、オランダ包囲網に本当に悪戦苦闘しそうです。 更にダブルス部門。現在リアルタイムで試合中ですが、第7コートの女子ダブルス英蘭戦は文字通りの熱戦に。 同国コンビで意思疎通がしっかり出来ているため、7(7)-6(5).4-6のベタ足殴り合いスコアに。 幸い、他のスタッツも見れるために、試合終了後に余裕があれば分析してみたい試合です。 (流石に分析したい試合が多すぎるため、この試合は難しいかもしれませんが) 対する第10コートはスタッツがマッチスタッツだけとちょっと切ないですが、残りの選手が奮闘中。 こちらはどちらかと言うと「ミスが少ないほうが勝つ!」を地で行くようなスタッツ傾向。 分析しにくいマッチスタッツに泣かされますが、それでも速報で情報が入ってくるだけありがたいです。

更に、ようやくクアード部門が開始されました。幸いスタッツも出てきたので、記事確定です。 出るだけで大変なのですが、日本人選手が出ないために残念ながら放送予定には入っておりません。 ……出来ればWOWOW様のオンデマンドのダイジェストに入っていることを願っております。

で、上記の通りWOWOW様のオンデマンドのダイジェストで、国枝選手の試合を視聴しました。 予想通り「意識が前のめり過ぎ」と感じました。ご本人もプレイ中に分かっていたのか、第2ゲームで対処はしたようですが。 各紙の試合後のコメントでは「パワー負けした」と言ってます。確かにサーブパワーに負けないように、ラインを意識して前のめりになったのでしょうが、流石に意識した点が前過ぎたのではないでしょうか。 意識できたら修正できます、幸い5月からの連戦までまだ時間はあります、そしてこの点に関しては修正は可能だとは思います。 ついでにWOWOW様の選手紹介のページを見て、「やっぱり誤字だらけ!」と大汗かきながらこのブログ内の選手名の修正を行っております(汗)。

そして、先程から記述しているとおり、5月から連戦です。どれくらい連戦かというと5月17日から23日まで福岡の飯塚市でジャパン・オープン。 そして翌日から今度は東京の有明で車いすのデ杯ことチームワールドカップが23日から28日の日程で組まれています。 で、これだけでも選手はきついでしょうが、選手によっては31日から韓国のソウルオリンピックパークでコリアオープン。 それ以外の「トップ選手」も6月2日から4日までローランギャロスです。 ……追いかける方も大変ですが、選手はもっと大変です。特にクアード部門の選手は体温管理できないのに、連戦に強制的に巻き込まれる可能性があります。 (流石に「出ない」というのは本人が決めることですが、エントリーの都合上もあるので確定させないといけない運営側も大変です。) 怒涛の展開ですが、流石にその前の4月は南アフリカでITF 1 Seriesとスーパーシリーズが各1大会づつ。2~3月もITF 1 Seriesが数試合程度なので完全な調整期間になります。 後はローラン・ギャロス後にスーパーシリーズ1大会を挟んで、リオパラリンピックです。 代わりに全米は休みですが、4年に1度の祭り、しかも一発勝負という笑えない大会。 日本も「メダルを取れる」から「やばいかもしれない」に一気に全豪で雰囲気が変わりました。 怒涛の新世代の並が天下取りを叫ぶのか、それとも現トップが王座を死守するのか。 特に国枝選手にとっては、パラリンピックシングルス3連覇がかかる大会です。 偉大な記録を樹立して欲しいですが、新世代が完全に勢いづいている現状。ここからどうひっくり返すのか。 怒涛の5月末から目がますます離せません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
車いすテニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

やはり天敵か、あるいはライバルか。【暇人の観戦記】

−大会レポート− 第10日 マレーがフェレールを凌ぎ「5度目の正直」へ前進【全米オープンテニス2016】

ラオニッチ 初の全豪4強!ライヴァル錦織を刺激しまくり2人で頂点を目指す未来とは!?ネットプレイ激増で進化する男に託す全豪!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

上地選手、全豪初戦【暇人の観戦記】

……テニスは恐ろしい。【暇人の観戦記】

王国オランダの層の厚さ。【暇人の観戦記】

全豪オープン、車いす部門ドロー発表【暇人の観戦記】

全豪オープン前哨戦【暇人の観戦記】

ブロガープロフィール

profile-iconelfte

病気療養中の暇人です。
時々TV等の観戦記を上げていると思います。
初級障がい者スポーツ指導員資格所持。
社会復帰したらそちらの方の事柄も掲載予定。
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:829458

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 全仏終了後のランキング
  2. ……やはり壁は厚かった、この借りはローラン・ギャロスで返そう。
  3. ランキングと全豪ドローについて
  4. ロンドン争い
  5. それぞれの進路
  6. 日本人選手がグランドスラムに複数出場するには。(男子編)
  7. 手が付けられませんね。
  8. 正式な処分が下ったので
  9. 歴史的死闘の裏で
  10. 各国のスポーツの格差。

月別アーカイブ

2016
09
06
04
03
02
01
2015
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss