暇人の観戦記

クァードラウンドロビン分析。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやくこのタイプの試合のスタッツ解析が出来ます。 クァード部門のラウンドロビンの全勝対決、オーストラリアのディラン・オルコット選手Vsアメリカのデビッド・ワグナー選手。 クァード部門のトップ2の直接対決です。 文字通り四肢の一部かあるいは全体が何らかの理由で動かない選手たちですが、出来れば映像で見たかった。 そんな感想がスタッツを一瞥した瞬間に出てきました。何よりサブのコートとしては破格のスタッツの充実する第7コートです。 全部を解説したい所ですが、個別のスタッツ解析に回して。まずはスコアからです。 7-5.6-1でオルコット選手が2勝で予選通過を確定。 もう一つのラウンドロビンで第10コートで敗北したイギリスのアンドリュー・ラップソーム選手の脱落が確定し、残りは決勝の椅子をめぐってのワグナー選手と南アフリカのルーカス・シトレ選手の試合が明日以降に確定。 とは言え、彼らは「汗がかけない」ため(汗腺が動かなかったり、神経系にトラブルを抱えているため)、長時間の試合は難しいです。 セットどころかゲームごとに「体を冷やす」必要がある中で、オーストラリアの暑さは身体に応えてくれます。 そんな中で第10コートの試合は第3セットまで縺れているのですが…。(2-6.6-1.6-0で、シトレ選手勝利)

そんな個人的懸念は扠置いて、スタッツを見ていきます。 というわけでマッチスタッツから。セットごとにやっていては終わらないので全体のみですが。 オルコット選手がエース7本、ダブルフォルト5本。1stサーブin率が37/65で57%、1stサーブポイントが25/37で68%。2ndサーブポイントが15/28で54%。 ワグナー選手がエース2本、ダブルフォルト6本。1stサーブin率が37/61で61%、1stサーブポイントが17/37で46%。2ndサーブポイントが10/24で42%。 サーブの入りやダブルフォルトではそんなに差がありませんが、ポイント奪取率とエースで差がついてます。 実際にプレイを見たいという欲求が深まりますが、続けましょう。 ネットポイント率がオルコット選手が7/7で100%、対するワグナー選手が7/20で35%。 ……車いすテニスに多少理解があると思う当方ですが、流石に両者のネットプレイが想像できません。 ただ、国枝選手の試合を見て思いますが、ネットプレイが一時的な流行になっている気がします。 それも、従来型の強いサーブが打てない選手に顕著に出ていると思います。とは言え、流石にワグナー選手のこの数字には突っ込みどころがありますが。 会場の関係なのか、選手によってはサーブで介助が付くこともあるくらい、ゲームが難しい選手もいます。 が、ワグナー選手のプレイスタイルが不明なのですが、ネットに20回競りに行って7ポイントはちょっと……。 オルコット選手のように「必要に応じてネットプレイ」ぐらいでちょうどいいはずなんですが。 ブレークポイント率はオルコット選手が6/10で60%。ワグナー選手が3/7で43%。レシーブポイント率はオルコット選手が34/61で56%、ワグナー選手が25/65で38%。 さすが部門ナンバーワンのオルコット選手に隙がありません。と言いたい所ですが、オルコット選手のウィナーが46、アンフォーストエラーが19。対するワグナー選手のウィナーが15、アンフォーストエラーが13。 オルコット選手の圧倒的なウィナー数に隠れがちですが、第10コートで3セットに及んだのにシトレ選手が4、ラップソーム選手が9というアンフォーストエラーのスタッツと比べて、二人とも凡ミスが多すぎです。(まあ、第10コートの二人はアンフォーストエラー=ダブルフォルトなので差っ引いて考える必要がありますが) どこでこんなに出たのか、他のスタッツ表で探っていきましょう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
車いすテニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

決勝の展望とクアード開始。そして…。【暇人の観戦記】

やはり天敵か、あるいはライバルか。【暇人の観戦記】

−大会レポート− 第10日 マレーがフェレールを凌ぎ「5度目の正直」へ前進【全米オープンテニス2016】

上地選手、全豪初戦【暇人の観戦記】

……テニスは恐ろしい。【暇人の観戦記】

王国オランダの層の厚さ。【暇人の観戦記】

全豪オープン、車いす部門ドロー発表【暇人の観戦記】

全豪オープン前哨戦【暇人の観戦記】

ブロガープロフィール

profile-iconelfte

病気療養中の暇人です。
時々TV等の観戦記を上げていると思います。
初級障がい者スポーツ指導員資格所持。
社会復帰したらそちらの方の事柄も掲載予定。
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:829453

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 全仏終了後のランキング
  2. ……やはり壁は厚かった、この借りはローラン・ギャロスで返そう。
  3. ランキングと全豪ドローについて
  4. ロンドン争い
  5. それぞれの進路
  6. 日本人選手がグランドスラムに複数出場するには。(男子編)
  7. 手が付けられませんね。
  8. 正式な処分が下ったので
  9. 歴史的死闘の裏で
  10. 各国のスポーツの格差。

月別アーカイブ

2016
09
06
04
03
02
01
2015
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss