頑張れ!ジャイアンツ 2017

月別アーカイブ :2016年10月

ドラフト3位・谷岡竜平と桜井俊貴、開幕1軍を勝ち取るのは?

 ジャイアンツがドラフト3位で指名した東芝の 谷岡竜平投手が日本選手権・王子戦に先発。6回途中まで 投げ、1失点で降板。チームは1対2で敗れ、社会人最後の 大会は1回戦で敗退となった。 谷岡竜平投手は、東京の成立学園高校から東芝に入社し、 今年で3年目の選手。 プロフィールによると、181㎝・81kgで最速・150キロの ストレートにスライダー、フォーク、ツーシームを投げる。 投球動......続きを読む»

来シーズン、開幕前の支配下登録を目指すジャイアンツ・育成選手

ジャイアンツは、引退・戦力外で支配下7選手がチームを 去り(土田瑞起投手は育成で再契約の可能性があるかもしれない)、 外国人6選手(支配下登録5人、育成1人)と来季の契約を更新しない と予想される。  シーズン終了時の支配下登録選手数が69だったので、 予想通り外国人6選手(内支配下登録5人)との契約を 更新しない場合、今年のドラフトで指名した7選手を加え、 支配下登録選手数が64とな......続きを読む»

ジャイアンツ・オフの注目ポイント! 外国人選手の獲得は?

 昨日のブログでは、今オフのFA外野手の獲得の可能性 について書いたのだが、今日は外国人選手の補強について 考えてみたい。  2016シーズンのジャイアンツは、支配下、育成含めて 13人の外国人選手が在籍していた。その内、シーズン途中に ジャイアンツに加わったガルシア選手は、シーズン終了を待たずに 戦力外となった。その後、母国に帰る途中、亡命したという情報も あったが? その後どうなっ......続きを読む»

ジャイアンツ・オフの注目ポイント! FA外野手の獲得は?

日本ハムと広島の白熱した日本シリーズも昨日で4戦が終了。   日本シリーズが終了すると、次に注目されるのはFAの行方だ。 今年は、西武・岸孝之投手、オリックス・糸井嘉男選手など、大物選手が FA権を行使するのか、注目が集まっている。  2年連続V逸したジャイアンツだが、ドラフトではウィークポイント の一つであるセカンドのレギュラー候補・吉川尚輝選手を指名。 内野に関しては、岡本和真選手の成......続きを読む»

ジャイアンツ2017。将来の投手陣の中心に! 高卒1、2年目の6人の投手

 昨年のドラフト、育成ドラフトで與那原大剛、巽大介、橋本篤郎と 3人の高校生投手を指名したジャイアンツ。  20日に行なわれたドラフト、育成ドラフトでも高田萌生、 大江竜聖、堀岡隼人と3人の高校生投手を指名した。 昨年のドラフトが右投手1人、左投手2人に対し、今年は反対に 右投手2人、左投手1人という指名となった。 昨年のドラフトで指名した與那原投手、巽投手は3軍を経て、 2軍公式戦で......続きを読む»

ジャイアンツ育成ドラフト2位・加藤脩平。12球団で5番目に指名された高校生外野手。

ドラフト直前の10/18、『ジャイアンツ2016ドラフト。久々の 高校生外野手の指名はあるか?』というタイトルでブログを書いた。  支配下登録、育成選手を含めて、最も若い選手が、23歳の 重信慎之介選手・高橋洸選手という状況、そして、北之園隆生選手・ 長江翔太選手という育成の外野手を戦力外としたことを考えると、 高校生の外野手を指名する環境が整ったと考えていた。  ただ、ジャイアンツの場......続きを読む»

2015ドラフト1位・桜井俊貴、2016ドラフト2位・畠世周。互いの良さを知る2人がジャイアンツでタッグ

 今年のドラフトでジャイアンツから2位で指名された 近畿大の畠世周投手。ドラフトを控え、結果を出したかった 春のシーズンは1勝5敗。そして、秋のシーズンは右肘の不安から 2試合のみの登板に終わった。ただ、復帰後はストレートの球速も 150キロを超え、順調な回復ぶりをアピールした。  畠世周投手には、先発ローテーションの一角を担って欲しいという 期待もあるのだが、それ以外にも今年期待されな......続きを読む»

ジャイアンツ育成ドラフトで指名。2人の異色大学生投手がプロに挑む

 今年の育成ドラフトでジャイアンツは8人の選手を指名した。 独立リーグから3人、高校生が2人、大学生が3人。 ポジション別では、投手が4人、捕手1人、外野手3人。 今年は、育成ドラフトで4人の投手を指名したのだが、 それぞれの選手の経歴を見る中で、異色の経歴を持つ投手が 2人いることに気付いた。 1人は、育成ドラフト3位・山川和大投手。  もう1人は、育成ドラフト4位・坂本工宜投手。 ......続きを読む»

ジャイアンツドラフト4位・池田駿。同い年の左腕3人との争いに注目!

昨日行われたプロ野球ドラフト会議。 ジャイアンツは、田中正義投手、佐々木千隼投手と2度の抽選を 外し、3度目の指名で中京学院大の吉川尚輝選手を指名した。 このブログでも内野手については、1年目からレギュラー 争い(セカンド)を期待できるレベルの選手であれば上位指名 の可能性もあり得ると書いたのだが、吉川尚輝選手がその条件 に当てはまる選手と思っている。 そして、2位、3位、4位と大学生......続きを読む»

堀瑞輝、古谷優人、注目の高校生左腕。どの球団が交渉権獲得か

 ドラフト当日を迎え、注目の田中正義投手が何球団から 1位指名を受けるのか? 1巡目で指名を受けるのはどの選手か? 競合を避け、単独指名を目指す球団が出るのか?  今年のドラフトは見どころがいっぱいだが、個人的に気になって いるのは、堀瑞輝(広島・新庄高校)、古谷優人(北海道・江陵高校) の交渉権をどの球団が獲得するかだ。  高校生では、寺島成輝、今井達也、藤平尚真、高橋昂也の4人が ......続きを読む»

ジャイアンツ2016ドラフト。1位指名は田中正義投手に決定!

 ジャイアンツはドラフトを前に、昨日、今日とスカウト会議を 開いた。昨日の段階で、1位指名を創価大・田中正義投手、 桜美林大・佐々木千隼投手、明治大・柳裕也投手の3人に絞り 込んだことが分かったのだが、今日のスカウト会議後、3人の 中から創価大・田中正義投手(4年)の1位指名を決定したことを 報道陣に公表した。そして、今年のセ・リーグチャンピオンチームの 広島も田中正義投手の1位指名を明......続きを読む»

ジャイアンツ2016ドラフト。久々の高校生外野手の指名はあるか?

 昨年のドラフトで2009年ドラフト(1位・長野久義選手)以来、 久々に外野手(2位・重信慎之介選手)を指名したジャイアンツ。 ただ、高校生に限って見ると、ドラフトで高校生の外野手を指名したのは 2008年・4位の橋本到選手が最後だ。ジャイアンツは、大田泰示選手 のように、内野から外野へコンバートされる選手が多く、外野手を 指名するケースは他球団に比べて少ない。ここ10年間のドラフトを見て......続きを読む»

ジャイアンツ2016ドラフト。ドラ1は、田中正義、佐々木千隼の2択か

 プロ野球ファン注目のドラフトが今週の木曜日に迫ってきた。  そして、ドラフトで最も注目を集めるポイントは、各球団がどの選手を 1位で指名するかだ。  例年なら、いくつかの球団が1位でどの選手を指名するのか、事前に 宣言することもあるのだが、今年のドラフトに関してはそれぞれの球団が 明言を避けている。今年は、大学生、社会人、高校生と好投手が多く、 </span>投高打低のドラ......続きを読む»

ジャイアンツ2016ドラフト。高校生捕手を複数指名の可能性も?

育成選手の芳川庸選手、小林大誠選手の戦力外が発表された後の10/4 『ジャイアンツ2016ドラフト。高校生捕手指名の可能性高まる』 というタイトルでブログを書いた。捕手の年齢構成を考えても、今年の ドラフトで高校生捕手を指名する可能性が高まったと考えたからだ。 そして、そのブログの中で、ベテランの相川亮二選手、實松一成選手、 加藤健選手の3人の内、最低でも1人が今オフに引退、引退が なく......続きを読む»

山本泰寛、レギュラーを狙うならセカンドで勝負!

 今日のフェニックス・リーグ。ジャイアンツはソフトバンク と対戦し、1対3で敗れた。  今日の試合、ジャイアンツはファースト・岡本和真選手、 ショート・吉川大幾選手、サード・辻東倫選手、そして、 セカンドに山本泰寛選手を起用した。  今シーズンのジャイアンツは、クルーズ選手が加入し、 セカンドのレギュラーが固定できると考えていたが、 故障が多く81試合の出場にとどまった。 クルーズ選......続きを読む»

ジャイアンツ中堅選手、フェニックスよりウィンターリーグに挑戦を

 CSファーストステージのメンバーに入っていた8選手 (戸根、高木勇、中川、岡本、山本、吉川、橋本到、立岡) が今日からフェニックス・リーグに合流した。  シーズン終了後の実戦機会は選手の成長にとって貴重な機会 だと思っているが、入団8年目の大田泰示選手、橋本到選手、 立岡宗一郎選手といった中堅選手が参加することに対しては あまり賛成できない。今日のハンファ戦では、11日の中日戦 にス......続きを読む»

ジャイアンツ。2016ドラフト直前、補強ポイントを考える

シーズン真っ盛りの7月4日。このブログでは、一足早く 今年のドラフトの補強ポイントと優先順位について書いている。 タイトルは、『ジャイアンツ今秋ドラフト。補強ポイントと 優先順位は?』。シーズンが始まり、約3か月が経過した時点で 書いたものだが、CSファーストステージが終了し、1年を振り返る 中で補強ポイントがほとんど変わっていないことに愕然とした。 7月から田口麗斗投手以外、新戦力の台......続きを読む»

フェニックス・リーグで奮闘するジャイアンツ2人の育成外野手

ジャイアンツは、昨日のDeNA戦に敗れ、CSファーストステージ 敗退となってしまったが、来シーズンに向けての戦いは既に始まっている。  今月3日から始まったフェニックス・リーグには、支配下登録の 選手に交じって育成選手も参加している。  個人的に注目しているのは、青山誠選手、高橋洸選手の2人の育成外野手だ。 2人は、2日に球団から自由契約の通告を受けているが、これは育成選手制度 によるも......続きを読む»

ジャイアンツ2016ドラフト。澤村の投球がドラフトに与える影響は?

 昨日のCSファーストステージ第1戦、2対3の1点ビハインド の9回表に登板した澤村拓一投手が被安打2、与四死球2の乱調で 2点を失った。その裏、坂本勇人選手にソロホームランが出たものの 9回表の2点が大きな2点となってしまった。  澤村拓一投手は、レギュラーシーズン終盤から安定感を欠くこと が多く、菅野智之投手、内海哲也投手の2桁勝利がかかった試合でも 結果を出すことができなかった。 ......続きを読む»

ジャイアンツ2016ドラフト。1巡目は競合覚悟か?

 ジャイアンツは、昨日、球団事務所でスカウト会議を行い、 ドラフト1位候補を田中正義投手(創価大)、柳裕也投手(明治大) 佐々木千隼投手(桜美林大)、今井達也投手(作新学院) 寺島成輝投手(履正社)、藤平尚真投手(横浜)の6投手に 絞ったとの報道があった。  ただ、今回候補にあがった6投手は、投手を1位で指名する チームであれば、ほとんど1位候補に入る投手達。  昨年、ジャイアンツは他......続きを読む»

ジャイアンツ2016ドラフト。気になる左腕、中部学院大・床田寛樹投手

 ジャイアンツ3軍は、8/24、プロ・大学交流戦として 東海地区大学選抜と試合を行っている。  その試合には、ドラフト上位候補の中京学院大・吉川尚輝選手 も4番・DHでスタメン出場。 試合自体は、2対1でジャイアンツ3軍が勝利している。 この試合、プロ注目の中京学院大・吉川尚輝選手らも出場 するとあってプロのスカウトも観戦。 多くのスカウトが中京学院大・吉川選手に注目していたようだ。 ......続きを読む»

ジャイアンツ2016ドラフト。20代前半の外野手がいない!

昨日のブログは、『ジャイアンツ2016ドラフト。高校生捕手指名 の可能性高まる』という内容で書いた。そして、捕手同様、ベテラン、 中堅が多く、若手選手が少ないのが外野手だ。  2日、2人の育成外野手が戦力外となったことで、外野手登録 で最も若い選手が、重信慎之介選手、高橋洸選手の23歳となった。 ただ、高橋洸選手は今シーズン、3軍の試合で内野を守ることも多く、 来シーズン以降も内野手とし......続きを読む»

ジャイアンツ2016ドラフト。高校生捕手指名の可能性高まる

 ジャイアンツは、2日、16名の選手を戦力外、自由契約と することを発表した。16名の内、10名が育成選手だが、 その内の2人は、捕手登録の芳川庸選手、小林大誠選手だ。  ジャイアンツは、今シーズン、阿部慎之助選手が内野手登録から 捕手登録に戻ったことで、捕手登録の選手が12人となった。  ただ、阿部慎之助選手は、今シーズン、1度もマスクを被ること はなく、今シーズンの状況を考えると、来......続きを読む»

ジャイアンツ、16選手に戦力外通告

ジャイアンツは2日、16選手に対する戦力外通告を行った。 ジャイアンツの公式サイトによると、以下の10選手に 対しては来季の契約を結ばないことを通知 ◆支配下選手   矢貫俊之投手 、ウーゴ投手、阿南徹投手 ◆育成選手   田原啓吾投手、高橋慎之介投手、田中太一投手   芳川庸捕手、小林大誠捕手、長江翔太外野手   北之園隆生外野手 そして、以下の6選手には自由契約とすることを通......続きを読む»

ジャイアンツ2016ドラフト。ドラフト1位はこの3人でどうだ!

ドラフトを前に、今シーズンの戦いを振り返りながら、ジャイアンツ の補強ポイントを考えてみるが、全てが補強のポイントに見えてしまう。  先発投手は盤石とは言えず、捕手の小林誠司選手も完全に正捕手を 任せられるほどの信頼感はなく、内野、外野もレギュラー陣の高齢化 が進んでいる。もちろん、すべてのポジションで若い力を入れること が必要だが、特に長いシーズンを戦ううえで大切になってくるのが、 中......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconekimaegogo

地方在住のため、ジャイアンツ戦は
主にテレビ観戦。
また、メジャーもヤンキースを中心に
チェックしています。

記事の閲覧がし易いように、カテゴリーを
トピック毎、選手毎に分類しています。
  • 昨日のページビュー:734
  • 累計のページビュー:17521514

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジャイアンツ移籍後、対照的な選手生活を歩んだ2人
  2. お前もか 10人に戦力外通告
  3. 大田泰示と重なる1989年ドラフト3位・吉岡雄二
  4. ジャイアンツ新人テスト、過去2年の結果と実際の指名
  5. 2軍降格後、小林誠司がマスクを被った4試合
  6. 12球団合同トライアウトでジャイアンツの補強ポイントに合う選手はいるか?
  7. 派手さはないが、ジャイアンツの指名意図を感じるドラフトだった
  8. 5冠達成の翌日にトレード第2弾発覚!
  9. ドラフトを考える1:各球団の本塁打数上位3名から見る高卒選手の期待度
  10. ジャイアンツ、1980年、1981年、1982年、ドラフト指名された選手の凄さ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss