頑張れ!ジャイアンツ 2017

月別アーカイブ :2016年03月

立岡宗一郎。目指すは不動の1番打者、それとも攻撃的2番

プロ7年間、1軍で1本のホームランも打てなかった 立岡宗一郎選手が、一昨日、昨日のDeNA戦で2試合連続の ホームランを打った。  今シーズンは、昨シーズン務めた1番ではなく、長野選手に 続く2番を打っている。ただ、高橋由伸監督は、立岡宗一郎選手の バットコントロールの良さを見込んでチャンスでも積極的に 打たせており、攻撃的な2番として起用している。 このブログでも立岡宗一郎選手を取り......続きを読む»

宮國椋丞、復活に向け、イースタン・リーグ初登板

 2012年、2013年と2年続けて6勝をあげ、更なる飛躍が 期待された2014年。しかし、1軍戦・3試合と多くのファンの 期待を裏切る結果となった宮國椋丞投手。 そして、中継ぎとして心機一転、臨んだ2015年シーズン。 39試合に登板。49回を投げ、3勝1敗、1セーブ、5ホールド と右の中継ぎとして存在感を示した。 そして、高橋由伸新監督のもと、中継ぎの軸として期待された のだが、......続きを読む»

ジャイアンツ移籍2年目・北篤。虎視眈々と1軍昇格のチャンスを狙う

 ジャイアンツ移籍2年目の北篤選手。苗字1文字、名前1文字 と非常にシンプルな名前だ。この選手、2006年高校生ドラフトで 横浜ベイスターズから投手としてドラフト1位で指名されている。 1988年生まれで坂本勇人選手と同じ年の高校生ドラフトで 1位指名という共通点がある選手だ。 投手としてプロ生活をスタートしたものの、2008年に右肘を 故障、2008年の秋季キャンプから内野手に転向して......続きを読む»

ジャイアンツ、今日からのDeNA3連戦。先発投手が機能するのか

昨シーズン、セ・リーグを制覇したヤクルトに3連勝した ジャイアンツ。快調にスタートを切った。  3連勝した要因は、オープン戦では貧打で苦しんだ打線が 3割近い打率を残していることが挙げられる。だが、一番の 理由は、3連戦に先発した菅野投手、高木勇人投手、田口投手 の3人が持ち味を発揮し、試合を作ったことだろう。 初戦の菅野投手が7回・無失点、2戦目の高木勇人投手が7回・2失点、 3戦目......続きを読む»

ジャイアンツ開幕2連勝も、左の中継ぎ整備が必要か

 ジャイアンツ打線がヤクルト投手陣に対し、ヒット14本、 先発野手全員安打で10対5と快勝した。  昨日の試合では、ヒット4本ながら、効率的な点の取り方 で3点を奪ったジャイアンツ打線だが、今日の試合は初回を除き、 2回から7回まで毎回ヒットを放ち、チャンスを作った。 オープン戦は、貧打で苦しんだジャイアンツ打線だが、シーズンが 始まり、打線にも勢いが出てきた。特に、クルーズ選手、小林誠......続きを読む»

小林誠司のバットが高橋由伸監督の初勝利に大きく貢献

 今日のヤクルトとの開幕戦。ジャイアンツ先発の菅野投手 とヤクルト先発の小川投手の息詰まる投手戦となったのだが、 ジャイアンツが長野選手の一発と小林選手のタイムリー2塁打 による3点を投手陣が守り抜き、高橋由伸監督に初勝利を プレゼントした。オープン戦同様、今日の試合もヒット数は4本 と打線は当たっていなかったが、3年目の小林誠司選手の バッティングの成長がジャイアンツに勝利をもたらし......続きを読む»

ジャイアンツ育成左腕、ウーゴ投手に注目!

 昨年、ヤクルトから戦力外通告を受け、その後、参加した 12球団合同トライアウトでジャイアンツスカウトの目に とまったのが、金伏ウーゴ投手だ。  金伏ウーゴ投手は、ブラジル出身の日系3世なのだが、 高校は栃木県の佐野日大高校。ジャイアンツの澤村拓一投手 の1年後輩になる。そして、その後、同じ栃木県の白鴎大学へ と進み、プロの注目を集めることになる。  2011年、ヤクルトが育成ドラフ......続きを読む»

ジャイアンツファン注目。坂本勇人、長野久義の2人が真のチームリーダーとなることができるのか

 開幕を翌日に控え、スポーツ紙各紙の評論家による セ・パ順位予想が紙面を賑わしている。  パ・リーグは2年連続・日本一に輝いているソフトバンク が圧倒的な支持を得ている。昨シーズン、主軸を打った 李大浩選手がメジャー挑戦のため退団し、打撃力の低下が 懸念されるが、それを補って余りある投手陣の充実がある。 投手陣が充実しているだけに、今シーズンもソフトバンク中心の ペナントレースになるだ......続きを読む»

ジャイアンツ、開幕一軍メンバーが決定! そして、開幕後37試合の展望

 ジャイアンツの開幕1軍メンバーが決まった。 メンバーは以下の27人。 【投手・10人】 澤村拓一、菅野智之、S.マシソン、田原誠次、今村信貴、 山口鉄也、A.ポレダ、戸根千明、高木勇人、土田瑞起 【捕手・3人】 小林誠司、加藤健、河野元貴 【内野手・6人】 坂本勇人、片岡治大、L.クルーズ、村田修一、 中井大介、吉川大幾 【外野手・8人】 ギャレット.J、長野久義、亀井善行、鈴......続きを読む»

開幕スタメンの座を掴んだ小林誠司。ここからが本当の勝負!

 原辰徳前監督は、昨シーズン、阿部慎之助選手をファーストに コンバートし、シーズンに臨んだ。しかし、復活を期待した 阿部選手の打撃は湿ったままだった。  そして、原辰徳前監督が退任し、高橋由伸監督が新監督に就任した。 監督が交代したことで、全てのポジションでの選手の起用法に 関心を持っていたのだが、特に、注目していたのは捕手についてだ。 高橋由伸監督が阿部慎之助選手を捕手で起用することを......続きを読む»

ジャイアンツ開幕に向け、不安材料。坂本勇人、下半身に張りを訴える

 今日の楽天とのオープン戦。坂本勇人選手が4回の守備で 下半身の張りを訴え、途中交代した。坂本勇人選手は、3回の攻撃で 四球を選んで出塁し、クルーズ選手のヒット、長野選手の内野ゴロの 間にサードまで進む走塁を見せていた。スポーツ紙の情報では、 大事をとって途中交代した、と書かれているが開幕を目前に控え ジャイアンツにとって不安材料だ。  坂本勇人選手がショートを守れない場合、クルーズ選手......続きを読む»

ジャイアンツ、明日から東京ドームで開幕前最後のオープン戦3試合

 2月1日に始まった春季キャンプ、そして、オープン戦。 そのオープン戦も明日から東京ドームで行われる楽天、西武との 3試合で終わりとなる。  昨日のロッテ戦で田口麗斗投手が先発したことから、明日からの 3連戦には、菅野智之投手、桜井俊貴投手、アーロン・ポレダ投手、 高木勇人投手の4人が登板することとなりそうだ。 3連戦の初戦で登板した投手は、ヤクルトとの開幕カード、そして、 西武戦に......続きを読む»

田口麗斗、前回のソフトバンク戦に続き、好投を見せることができるか

先週行われたソフトバンクとのオープン戦3連戦。 その初戦の先発を任されたのが、3年目の田口麗斗投手だ。 3/1に行なわれた日本ハム戦では、制球に苦しみ、5回を 投げ切ることができなかったのだが、先週のソフトバンク戦では 6回を被安打2、無失点、球数76とローテーション入りに向け 猛アピールを見せた。昨日のヤクルト戦でベテランの内海哲也投手 が打ち込まれただけに、今日のロッテ戦で先発ローテ......続きを読む»

今村信貴、今日のヤクルト戦で好投。高橋監督の起用法は?

今日のヤクルトとのオープン戦。先発はベテラン左腕の 内海哲也投手。前回登板の3/6・阪神戦では、4回を投げ、 被安打10、自責点6という投球に終わった。  今日の試合は、先発ローテーション入りに向け、結果を出さ なければならない登板だった。  しかし、今日の試合も4回持たず(3回・1/3)に降板。 被安打10、自責点7という結果に終わった。 ここ2試合の内容から内海哲也投手が先発ローテ......続きを読む»

阿部慎之助・1軍復帰。小林誠司との開幕スタメン争いは?

 明日からのオープン戦残り5試合は、開幕を見据えての 戦いとなる。そして、その戦いを前にベテラン・阿部慎之助選手が イースタンリーグでの2試合を経て、昨日の練習から1軍に合流した。  ここまでのオープン戦は、14試合全て、小林誠司選手が スタメンマスクを被っている。2月の4試合を含め、3/4迄の オープン戦7試合を消化した時点では、6勝1敗と好スタートを 切ったものの、3/5以降の7試合......続きを読む»

ジャイアンツ2016。山本泰寛、開幕1軍への僅かな可能性に挑む

 16日の神宮でのヤクルト戦、17日のQVCマリンでのロッテ戦 が終わると、残るオープン戦は19日から東京ドームで行う楽天、西武 との3試合のみだ。  今シーズンは、25日・ヤクルト戦で開幕するのだが、おそらく 開幕1軍メンバーが発表されるのは、2日前の23日頃になると 思われる。  昨シーズンは、開幕1軍メンバーに新人の高木勇人投手、戸根千明投手 が抜擢された。そして、両選手は、シー......続きを読む»

ジャイアンツ、開幕に向け、調整から最終段階へ。岡本、重信はどうなる?

 今日のスポーツ報知に、岡本和真選手、重信慎之介選手に 関する記事が掲載されていた。その内容を一部抜粋する。 ………………………… 村田ヘッドコーチは岡本、重信の開幕スタメンテストについて 「最後の5試合はしっかりとした(開幕)メンバーでいきたいね。 東京に戻って使えるか使えないかを見極めたい」。 16日のヤクルト戦(神宮)からの残り5試合はベストの布陣で 臨む予定で、2人にとって12、......続きを読む»

ジャイアンツ2016。開幕に向け、絞りこまれてきた野手の顔ぶれ

 オープン戦も今日のソフトバンク戦を含めて残り8試合。 4日のブログでも『開幕1軍を狙う若手選手にとって、来週の ソフトバンクとの3連戦、もしくは12日・ロッテ戦、13日・西武戦 迄の6試合もしくは8試合が勝負となるだろう』と書いた。 今日の試合でソフトバンクとの3連戦が終わると、オープン戦の 残り7試合は関東での試合となる。 例年、この時期からは開幕を想定してのオーダーが多くなっていく......続きを読む»

ジャイアンツ2016。一つひとつのプレーの積み重ねで信頼回復への道を歩んでいくしかない

 高木京介投手が野球賭博に関わっていたニュース。 開幕を目前にして、一ファンとしても非常に残念に思って います。 球団から、二度とこのようなことを起こさないよう、 球団とチームが一体となって再発防止と信頼回復に努め たいとのメッセージもありました。 この野球賭博問題について、今後どのような展開になるか 分りませんが、選手たちができることは残りのオープン戦 9試合を懸命にプレーすること......続きを読む»

田口麗斗がソフトバンク戦で好投。ジャイアンツ先発5人は確定か

3年目の田口麗斗投手が、宇部で行われたソフトバンクとの オープン戦に先発した。先週の日本ハム戦では、4回・2/3と 5回を投げ切ることができなかった田口投手だが、今日の試合では 6回を被安打2、失点0と好投。マイコラス投手が故障離脱し、 先発投手に不安があるジャイアンツにとって、明るいニュースとなった。 前回の日本ハム戦では、球数が多かった田口投手だが、今日は 6回を76球と開幕に向け、......続きを読む»

ソフトバンクとの3連戦。岡本和真、重信慎之介のバットから快音が聞けるか

ソフトバンクとの3連戦。 オープン戦とは言え、昨年の日本一チームとの対戦。 チームの仕上がり状態を見る絶好の相手となるだろう。 日曜日の阪神戦で先発の内海投手が打ち込まれ、 先発ローテーションもまだまだ流動的だ。 ソフトバンク戦に先発する田口投手らがどんな投球を見せるのか 注目している。 そして、開幕まで3週間を切り、そろそろ開幕に向け、選手を 絞りこむ時期が近づいている。 そんな......続きを読む»

1年前の長崎で結果を出し、チャンスを掴んだ高木勇人。今日のオリックス戦に注目!

 高木勇人投手にとって、昨年の3月10日に長崎で行われた ソフトバンクとのオープン戦は忘れられない試合だろう。 その試合までのオープン戦では、中継ぎで起用され、結果を 残していた。そして、巡ってきた先発のチャンス。 相手は、メジャー帰りの松坂大輔投手。 予報通り、気温の低い中での試合となったのだが、高木勇人投手は、 5回を投げ、ヒットを7本打たれたものの、粘り強く投げ、 自責点2と先......続きを読む»

ジャイアンツ、開幕1軍を狙う若手選手。勝負の8試合が始まる

ここまでのオープン戦6試合・5勝1敗と投打に順調な 仕上がりを見せているジャイアンツ。今日から京セラドームで オリックスとの2連戦。それが終わると、日曜日に甲子園での 阪神戦が控えている。そして、来週の火曜日からは、昨シーズンの 日本一球団・ソフトバンクとの3連戦。 そして、ソフトバンクとの3連戦が終わると、本拠地・東京ドーム での3試合を含め、関東での試合となる。 このブログでも何度......続きを読む»

成功するか! スコット・マシソン、先発への挑戦

今春キャンプから先発に挑戦しているスコット・マシソン投手。 ここまでオープン戦2試合に先発している。 1試合目は、2/20に沖縄で行われたDeNA戦。 宮崎から沖縄に移動し、初めて行われたオープン戦だった。 マシソン投手は、立ち上がり制球に苦しんだものの、3回を 被安打1、奪三振2、与四球2、自責点0という内容で終えた。 オープン戦での初先発、そして、沖縄キャンプも始まったばかり だっ......続きを読む»

ジャイアンツ大田泰示。虎視眈々と開幕スタメンを狙う

昨日の日本ハム戦では、ここまでのオープン戦でヒットが 出ていなかった岡本和真選手が5打数4安打、1打点と大活躍。  開幕スタメンどころか開幕1軍にも黄色ランプが点滅しかけて いただけに一安心だ。昨日の4安打の内、最終打席のヒットは テレビ中継が終わってしまい、見ることができなかったが 全体的に鋭いスイングをしていた。開幕スタメンが掴めるか どうか、今後は打撃だけでなく守備にも期待したい。......続きを読む»

相川亮二、堂上剛裕が1軍合流。ジャイアンツ・左右の代打の切り札として期待

 昨日のブログでも書いたように今日と明日、札幌ドームで 行われる日本ハム戦を皮切りに、開幕まで15試合のオープン戦 が予定されている。10日頃までは若手主体でオープン戦を 戦うようだが、今日の試合から相川亮二選手と堂上剛裕選手 というベテラン選手2人が1軍に合流した。 相川選手は、宮崎での1軍キャンプ終了後、沖縄には帯同せず、 宮崎でトレーニングを積んでいた。そして、堂上剛裕選手は、 ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconekimaegogo

地方在住のため、ジャイアンツ戦は
主にテレビ観戦。
また、メジャーもヤンキースを中心に
チェックしています。

記事の閲覧がし易いように、カテゴリーを
トピック毎、選手毎に分類しています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:17519719

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジャイアンツ移籍後、対照的な選手生活を歩んだ2人
  2. お前もか 10人に戦力外通告
  3. 大田泰示と重なる1989年ドラフト3位・吉岡雄二
  4. ジャイアンツ新人テスト、過去2年の結果と実際の指名
  5. 2軍降格後、小林誠司がマスクを被った4試合
  6. 12球団合同トライアウトでジャイアンツの補強ポイントに合う選手はいるか?
  7. 派手さはないが、ジャイアンツの指名意図を感じるドラフトだった
  8. 5冠達成の翌日にトレード第2弾発覚!
  9. ドラフトを考える1:各球団の本塁打数上位3名から見る高卒選手の期待度
  10. ジャイアンツ、1980年、1981年、1982年、ドラフト指名された選手の凄さ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss