頑張れ!ジャイアンツ 2017

月別アーカイブ :2015年12月

転換期を迎えたジャイアンツ。2016年シーズン、新人にもチャンスが

 2015年シーズンのジャイアンツは、リーグ連覇を逃し 通算12年にわたってチームを率いていた原辰徳前監督 が退き、来季から今年まで現役選手だった高橋由伸監督 がチームを率いていく。  原辰徳前監督時代、チームの中心として引っぱってきた 阿部慎之助選手、村田修一選手、杉内俊哉選手、内海哲也投手 に衰えが見え、若手も伸び悩んでいる。 来シーズンは、オフに補強したルイス・クルーズ選手、 ......続きを読む»

へぇ~、ヤンキースがアロルディス・チャップマン投手を獲得

メジャーからトレードのニュースが飛び込んできた。 レッズのアロルディス・チャップマン投手をヤンキースが獲得、 レッズに若手プロスペクトを含む4選手、カレブ・コーサム投手、 ヤンキースNo.10プロスペクト・ルーキー・デービス投手、 ヤンキースNo.6プロスペクト・エリック・ヤギエロ内野手、 トニー・レンダ内野手が移籍する、というニュースだ。  チャップマン投手と言えば、12月上旬、ドジャ......続きを読む»

2016・高橋由伸ジャイアンツに期待すること

 仕事納めとなった今日、 白石オーナーが球団職員に対し、 『今年は反省すべきところがたくさんあり、まず連覇を遂げられ ませんでした。もう一つ野球賭博問題という残念な不祥事が ありました。歴史と伝統を背負う球団の責任は重い。 来年は高橋由伸新監督のもとで結束して勝利をつかめるように 一生懸命、努力しましょう』と挨拶を行ったようだ。  ジャイアンツにとって、2015年は、野球賭博問題が発覚し......続きを読む»

ジャイアンツ2016。高橋由伸監督は、捕手をどう育て、起用していくのか

 ここ何日かは、2014年シーズン終了後に書いたブログの 内容を振り返りながら書いている。  2016年シーズン、原辰徳前監督から高橋由伸監督へと代わり、 チームがどのように変わっていくのだろうか?  支配下選手が7名となった外国人選手の起用法やポジション、 阿部選手、村田選手、内海投手、大竹投手といった2015年シーズン に奮わなかったベテラン選手の起用法など、気になっている点は多い。......続きを読む»

ジャイアンツ2016。30代選手と20代選手の真っ向勝負が見られるか

 昨年の12/29、《来シーズンのジャイアンツは、30代レギュラー陣 に20代選手が挑む1年》というタイトルでブログを書いた。 レギュラー陣の多くが30代のジャイアンツにあって、若手選手 の台頭がなければリーグ4連覇は期待できないからだ。 そして、期待の20代選手として、以下のような選手の名前を あげていた。 投手では、1軍で実績のある菅野智之、高木京介、澤村拓一、 小山雄輝、宮國椋丞......続きを読む»

田口麗斗投手、平良拳太郎投手の2年目の成績。そして、来シーズンへの期待

今年の1/23、《ジャイアンツファン注目!2年目の今シーズン、 平良と田口はどこまで伸びる?》というタイトルでブログを書いた。  内容は、かつて、ジャイアンツの3本柱と言われた 高卒の3投手(槙原寛己投手、斎藤雅樹投手、桑田真澄投手)が プロ入り2年目にマークした成績を参考に、ジャイアンツ期待の 田口麗斗投手、平良拳太郎投手の2年目シーズンへの期待を書いている。  具体的な数字を目標とし......続きを読む»

ジャイアンツ2016。狭き門、若手内野手争いから抜け出すのは

 2016年に向け、チームの形が見えてきたジャイアンツ。 FAで脇谷亮太選手、新外国人選手としてルイス・クルーズ選手 が加わった内野陣。2015年シーズンは、内野手に故障者が続出し 苦労しただけに、ドラフトでも慶応大の山本泰寛選手を指名する など、内野陣の厚みがました。  みやざきフェニックス・リーグ、台湾ウィンター・リーグでは 若手の岡本和真選手、和田恋選手が活躍、来シーズンに向けて......続きを読む»

ジャイアンツ2016。1年目の中川皓太投手はどこまでやれるか?

 2015年ドラフト7位・中川皓太投手。 11/7、『ジャイアンツドラフト7位・中川皓太、1年目から 活躍の予感』というタイトルでブログを書いた。 そのブログを書いた頃、中川投手は関東地区大学野球選手権の 準決勝で完封勝利をあげ、チームの明治神宮大会出場へ 大きく貢献していた。その後、中川投手は、11/18に行なわれた 明治神宮大会の亜細亜大戦に先発。5回・2/3を投げ、被安打5、 失......続きを読む»

創価大・田中正義投手。今から注目!来秋ドラフトで何球団が競合するのか?

今年のドラフトが終わって約2か月。各球団とも、ドラフト指名した 選手との交渉も終わり、来春のキャンプを待つ段階だ。  各球団も来シーズンに向け、動き出した段階だが、そんな中 既に注目を浴びている選手がいる。創価大・田中正義投手だ。 シーズンオフで情報も少なくなっていることも影響している のかもしれないが、複数のスポーツ紙が田中正義投手を来秋の ドラフトの目玉として取り上げている。  こ......続きを読む»

ジャイアンツ、来シーズンは全ポジションレギュラー白紙でスタート

 ルイス・クルーズ選手、ギャレット・ジョーンズ選手、そして FAで脇谷亮太選手の獲得が決まり、2016年シーズンに向け、 戦力が整ってきたジャイアンツ。  クルーズ選手は、昨年ロッテで守っていたセカンド以外にも 内野をほぼカバーする守備力を持っている。ジョーンズ選手は、 本来外野手だが、2015年シーズン在籍していたヤンキースでは ファーストを守ることもあったようだ。ただ、クルーズ選手に......続きを読む»

ジャイアンツ・Wユウキの現実と2016シーズン

 台湾ウィンターリーグで大活躍している岡本和真選手の 話題が連日、スポーツ紙を賑わしている。このブログでも 来シーズンの期待の若手として何度か、取り上げている。  そして、岡本和真選手と共に台湾ウィンターリーグで 頑張っているのが、和田恋選手と期待の若手投手・今村信貴投手と 平良拳太郎投手だ。  この4人の中では、4年目のシーズンを終えた今村信貴投手が 一番の年長なのだが、それでも21......続きを読む»

大きく羽ばたけ。24名のジャイアンツ育成選手たち

 2015年シーズン、最終的に支配下登録枠いっぱいの 70名で戦ったジャイアンツ。  シーズン終了後、引退や自由契約などで支配下選手の数が 16名減少したが、ドラフトで大量8名の選手を指名。 FAで脇谷亮太選手、新外国人選手としてルイス・クルーズ選手、 ギャレット・ジョーンズ選手との契約が合意したことで、 支配下登録の選手数は65名となった。  このブログでもシーズンに入る時の支配下登......続きを読む»

2016・岡本和真に期待! 台湾ウィンターリーグでも存在感

 先日獲得報道があったギャレット・ジョーンズ選手との契約に 合意したことが、球団から発表された。 先日、契約合意したルイス・クルーズ選手に続き、2016年シーズンに 向けての新たな戦力がチームに加わった。 2人の外国人選手には、もちろん期待しているが、ジャイアンツ ファンの間で期待が高まっているのは、来シーズン、2年目を迎える 岡本和真選手だろう。2015年シーズン終盤に1軍に昇格、17......続きを読む»

ジャイアンツ2016。開幕戦、スタメン・センターはどの選手?

 ルイス・クルーズ選手、脇谷亮太選手と着実に補強が進む ジャイアンツ。スポーツ紙の報道によれば、あと一人、 外野を中心に守る外国人選手の補強が予想されている。  守備と攻撃両面での評価が高いクルーズ選手の獲得で、 もう一人の外国人選手は打撃力を重視した補強となりそうだ。 そうなれば、守るポジションはレフト、もしくはライト。 内野であれば、ファーストだろう。 残留の可能性が高いアンダーソ......続きを読む»

ジャイアンツ2016。捕手11名で正捕手争いリスタート!

 高橋由伸新監督が就任。2016年シーズンに向け、 動き始めたジャイアンツ。新外国人選手として、日本での 実績十分・ルイス・クルーズ選手と2年契約を締結。 スポーツ紙の情報によると、もう一人、長距離砲の獲得が 噂されている。  高橋由伸、井端和弘、金城龍彦といったベテラン陣が引退。 監督、コーチに就任したことで、2016年のジャイアンツは 若い世代へと変わっていく過渡期を迎えている。 ......続きを読む»

ジャイアンツがクルーズと契約。次はジョーンズ、それとも……

 ジャイアンツが、2014~2015シーズン、千葉ロッテマリーンズ でプレーしたルイス・クルーズ選手と来季の契約が合意に達した ことを発表した。契約期間は、来シーズンからの2年間。  先日、西武からFAの脇谷亮太選手と契約したジャイアンツが、 内野守備に定評のあるクルーズ選手とも契約に合意した。 今オフに入り、実績のある内野手2人を獲得したジャイアンツ。 実は、今年の新年早々の1月5日、......続きを読む»

今オフ、大きな動きを見せないヤンキース。前田健太投手の獲得に動くのか?

前田健太投手のポスティング申請が行われ、30球団への公示を経て 交渉が解禁となった。獲得が噂されていたダイヤモンドバックスは グリンキー投手、レッドソックスはプライス投手を大型契約で獲得。 グリンキー投手を失ったドジャースは、マリナーズからFAの 岩隈投手を獲得したが、前田健太投手の獲得にも動くのではないか との情報もある。  他球団が大型契約に動く中、ヤンキースが大きな動きを見せていな......続きを読む»

ジャイアンツ、キューバとの関係は継続中? そして、外国人選手の育成に本腰?

 今日のスポニチに、《 巨人、キューバ選手獲り! 22歳外野手ガルシア有力、地元紙報じる 》との 記事が出ていた。 その記事によると、今夏のパンアメリカン大会のキューバ代表 に選ばれたホセ・ガルシア外野手の獲得をジャイアンツが 目指している、との内容だ。  セペダ選手が期待外れに終わったことやDeNAのグリエル選手 の問題もあり、ジャイアンツとキューバとの関係は今後、どうなるのか? ......続きを読む»

ジャイアンツ外国人選手の補強が急展開!

昨日、《今年はいつ頃? ジャイアンツ新外国人選手獲得報道》 というタイトルでブログを書いたのだが、翌日の今日、スポーツ紙 の紙面をジャイアンツ新外国人選手の話題が賑わしている。  1人は、2014年~2015年シーズンにかけ、ロッテでプレーした ルイス・クルーズ選手。昨日のブログでもクルーズ選手について 少し触れている。個人的に、クルーズ選手ではジャイアンツ の長打力不足を解消できないと......続きを読む»

今年はいつ頃? ジャイアンツ新外国人選手獲得報道

 メジャーでは、プライス投手、グリンキー投手、岩隈投手 の大型契約の話題がスポーツ紙を賑わしている。 しかし、日本ではメジャーのような大型トレードもなく、 このところのスポーツ紙の話題と言えば、前田健太投手の ポスティング、黒田投手の去就、選手の契約更改、新外国人選手 の獲得に関する話題や各球団のイベントや様々な活動について の話題が中心だ。 そんな中、各球団の新外国人選手獲得に関する......続きを読む»

ジャイアンツ2016。 シーズンの展望⑩ 脇谷選手復帰で内野の1軍争いが面白くなりそうだ

 西武からFAした脇谷亮太選手が、今日、ジャイアンツ入団会見を 行った。 脇谷選手には、井端選手の引退、コーチ就任で空いた穴を埋める選手として の期待がかかる。  片岡選手の人的補償で西武へ移籍した脇谷選手だが、その 片岡選手と2016年シーズン、セカンドのスタメン争いをする ことになるかもしれない。 また、来シーズンのジャイアンツ内野陣には、ドラフト5位 慶応大の山本泰寛選手が新た......続きを読む»

来シーズン、メジャーの舞台で日本のトップ4の先発投手が投げ合う

広島が、前田健太投手のポスティングシステムでの 大リーグ移籍を容認したことで、来シーズン、メジャーの 舞台で日本のトップ4と言ってもいい先発投手たちが 投げ合うことになる。  前田投手に関しては、ポスティングでの手続きがこれから という状況なので、来シーズン、どこの球団で投げるかは まだわからない。 FA投手の中で移籍球団はどこになるか?と注目を集めて いたデビッド・プライス投手、ザ......続きを読む»

2015年、中継ぎを経験した宮國椋丞。来季、先発として飛躍することが出来るか

 昨日、来季の契約更改を行った宮國椋丞投手。 このブログでも11/14、11/28の2回、宮國椋丞投手の話題を 取り上げている。  入団・2年目から先発として期待されていた宮國椋丞投手。 2年目に先発として6勝2敗、防御率1.86という見事な成績 をあげ、3年目以降の飛躍が期待されたのだが、3年目、4年目 と成績が下降していった。 そして、迎えた2015年シーズン。開幕1軍メンバーから......続きを読む»

新選手会長、長野久義。2016シーズンに期待

 来シーズン、選手会長に就任する長野久義選手。 村田修一選手が選手会長に就任した2年前にも就任要請が あったようだが、断っていたとのこと。  選手同士の集まりでも裏方に徹する長野選手らしいと 言えば、らしいのだが、年齢的、そしてチームを引っぱる という意味でも良いタイミングではないだろうか。  その長野久義選手。昨年のオフは、痛めていた膝と肘の 手術を行った。リハビリに時間がかかると......続きを読む»

山口鉄也。2016年は万全の状態でシーズンに入れるか

今日のスポーツ報知に山口鉄也投手の記事が 出ていた。内容は、《山口鉄也投手が異例のハイペース調整 で再起を狙う。1日、G球場で70~80メートルの遠投。 山なりのキャッチボールではあったが、早くも遠投を 再開させ「例年はやっていないけど、いい感じ」と笑顔も 交えながら汗を流した。》というもの。 昨年11月には肘の治療のため、自身の血液から分離した 多血小板血漿(けっしょう)を注射する......続きを読む»

原辰徳前監督が1年前に描いた夢。実現できたものは?

《原辰徳監督がラジオ局のイベントで語った来年の初夢、 実現の可能性が高いのは?》 昨年の12月12日に書いた ブログのタイトルだ。 そのブログの中の一部を抜粋。 「僕の来年の初夢は慎之助の3冠王、沢村のセーブ王です」   そうぶち上げると、野球中継に絡めた独特の表現で続けた。 「表があれば裏があるように、主音声があれば副音声がある。 副音声は大田が4番、小林が慎之助を上回る個性的な捕手 ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconekimaegogo

地方在住のため、ジャイアンツ戦は
主にテレビ観戦。
また、メジャーもヤンキースを中心に
チェックしています。

記事の閲覧がし易いように、カテゴリーを
トピック毎、選手毎に分類しています。
  • 昨日のページビュー:1063
  • 累計のページビュー:17520781

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジャイアンツ移籍後、対照的な選手生活を歩んだ2人
  2. お前もか 10人に戦力外通告
  3. 大田泰示と重なる1989年ドラフト3位・吉岡雄二
  4. ジャイアンツ新人テスト、過去2年の結果と実際の指名
  5. 2軍降格後、小林誠司がマスクを被った4試合
  6. 12球団合同トライアウトでジャイアンツの補強ポイントに合う選手はいるか?
  7. 派手さはないが、ジャイアンツの指名意図を感じるドラフトだった
  8. 5冠達成の翌日にトレード第2弾発覚!
  9. ドラフトを考える1:各球団の本塁打数上位3名から見る高卒選手の期待度
  10. ジャイアンツ、1980年、1981年、1982年、ドラフト指名された選手の凄さ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss