頑張れ!ジャイアンツ 2017

月別アーカイブ :2015年04月

3年目公文克彦投手に1軍昇格のチャンスが来るのか

 現在、ジャイアンツの1軍に登録されている中継ぎ左腕は 山口鉄也投手、高木京介投手、戸根千明投手の3人。 山口投手が11試合に登板し、防御率2.70。 高木京介投手は、8試合に登板し、失点0、自責点0で 防御率0.00。そして、ルーキーの戸根投手も10試合に 登板し、防御率2.79と頑張っている。ジャイアンツは、主軸 に故障者や打撃不振の選手が多いのだが、そんな状況でも 上位につけてい......続きを読む»

フランシスコ選手・2軍戦で4打点の大活躍。坂本選手の故障で最短1軍デビューとなるのか?

 スポーツ紙の情報によると、ホアン・フランシスコ選手が今日の 西武との2軍戦で来日初ホームランを打った。2打席目、西武の 3年目・左腕の佐藤投手からライトへソロホームラン。 そして、3打席目の2アウト満塁のチャンスに2打席目と同じく 左腕の佐藤投手からセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち、 3打点を叩き出した。2塁打のあと、代走が出されたため、 今日の試合は3打数2安打、4打点、1H......続きを読む»

大田泰示の存在がジャイアンツの5月以降の戦い方を左右する?

 ジャイアンツに加わったホアン・フランシスコ選手が 早ければ5月2日の阪神戦から1軍昇格する可能性が あるようだ。  先日のブログでも書いたように、個人的には5/8からの DeNA戦、もしくは5/12からの広島戦を予想していた だけに、5/2から昇格となれば、大丈夫なのかなという 不安の方が先に立つ。昇格時期はともかくとして、 フランシスコ選手が5月上旬に1軍昇格することは確実だ。 ......続きを読む»

ドラフト第1弾。ジャイアンツは上位で左の即戦力投手を指名するのか?

2連敗の嫌なムードで迎えた昨日のヤクルト戦。 ジャイアンツの連敗をストップしたのは昨年のドラフト3位 高木勇人投手。7回を被安打3、失点1で抑え、4勝目を マークした。チームの勝ち頭というのはもちろんのこと、 セ・リーグの投手成績でも勝ち数でトップに立った。  約1年前の昨年・5/17。このブログで、ドラフトについて 書いている。そのタイトルは、『ジャイアンツスカウト大忙し! ドラ1は......続きを読む»

ジャイアンツファン注目、田口麗斗の今後の起用法

ローテーションの谷間での先発を任され、ここまで 阪神、ヤクルト戦に先発。1勝1敗、防御率1.46と 素晴らしい結果を出した2年目、田口麗斗投手。  今日の神宮でのヤクルト戦に先発。ヤクルトとは 初登板の4/11以来、2回目の対戦となる。 今日の試合は、ヤクルト打線に立ち上がりを攻められ、 初回に3失点。前回登板では、7回を被安打5、失点1 と抑えたのだが、さすがにプロは2度目の対戦で ......続きを読む»

ジャイアンツ、再来週からのローテに滑り込むのは大竹、小山、西村、それともマイコラスか

 今日から同率首位に並ぶヤクルトとの3連戦に臨む ジャイアンツ。ヤクルトとの3連戦が終わると、来週は 中日との3連戦。そして、1日間が空き、阪神との2連戦と 変則的な日程となっている。 そのため、来週のローテーションは今週の5人と同じメンバー となる可能性が高い。  しかし、阪神との2連戦が終わると、再来週から交流戦が 終わる6月の2週目まで週6試合の日程が続く。 現状、ローテーショ......続きを読む»

ジャイアンツ、現在のチーム力を試すヤクルト、中日との6試合

 15日のDeNA戦から昨日の宇都宮での広島戦まで 7試合を戦い、6勝1敗と調子を上げてきたジャイアンツ。 明日からは、現在首位に立つヤクルトと神宮で3連戦。 その後は、現在3位の中日と東京ドームで3連戦だ。 現在のセ・リーグ順位は、 1位・ヤクルト 13勝8敗 打率.244、防御率1.70、 得点67、失点43、本塁打8、盗塁9 2位・巨人   13勝9敗 打率.237、防御率2.6......続きを読む»

ホアン・フランシスコ、1軍デビューは5/12の広島戦、それとも5/8のDeNA戦か

昨日のブログでも取り上げたように、新外国人の ホアン・フランシスコ選手が今日・来日する。 来週から2軍の試合に出場するのではないかという 事前情報からすると、来週の28日・29日に ジャイアンツ球場で行われる西武との2軍戦で 日本デビューすることになりそうだ。 まずは、2軍戦で日本の野球に慣れることから始め、 順調に調整が進めば5月上旬には1軍に合流する のではないだろうか。 1軍......続きを読む»

ホアン・フランシスコ、明日来日。ジャイアンツ期待のパワーヒッター

 ジャイアンツ公式サイトによると、先日獲得報道のあった ホアン・フランシスコ選手との契約が成立し、明日来日する とのことだ。4月10日のブログでも取り上げたのだが、 フランシスコ選手はメジャー時代、ポジションはサードと ファースト。最近は、サードの守備率が悪くなり、ファーストで 起用されることが多かったようだ。 来日後、暫くは2軍で調整することになるだろうが、2軍で どのポジションを守......続きを読む»

高木勇人、田口麗斗、アーロン・ポレダの活躍でジャイアンツ・ローテーションは狭き門?

 昨日までの阪神3連戦を終え、11勝9敗と2つの貯金を しているジャイアンツ。シーズン序盤のもたついた状態から 2つの貯金へと盛り返してきた要因として考えられるのは 投手陣の頑張りだろう。シーズン当初は4点台だった防御率が、 現在は2.80と大幅に改善している。 要因は、先発ローテーションの菅野投手、杉内投手といった 実績のある投手に加え、高木勇人投手、田口麗斗投手といった 入団1年~......続きを読む»

阿部選手復帰に際し、ジャイアンツはどんなカードを切るのか?

 昨日の阪神戦、初回にあげた3点を何とか守り抜き、 勝利することが出来たジャイアンツ。しかし、初回に2塁打で 2点目をもたらした阿部選手が2塁に向かう途中、太ももを故障。 結局、昨日の試合は阿部選手が守備につくことなく、阿部選手 の代走に出た小林選手が9回まで守ることとなった。  そして、一夜明けた今日、阿部選手は東京に戻り、病院で 検査をした結果、左太もも肉離れと診断された。 日刊ス......続きを読む»

ジャイアンツ、各チームとの対戦1廻り目は手探り状態。そして2廻り目でチームを再編成

 10日からのヤクルト3連戦で各チームとの対戦が1廻りした ジャイアンツ。中日に3連敗してどうなることやら? と心配したのだが、1廻り目を終えて7勝8敗と何とか帳尻を 合わせることが出来た。  14日から始まったDeNA(14日は雨天中止)戦で2連勝し、 通算成績を9勝8敗と1つの貯金をするところまで戻す ことが出来た。  開幕前にローテーションの軸として期待されていた内海投手 が離......続きを読む»

橋本到、1軍昇格・即結果! 外野の1軍争いが面白くなってきた

今日、1軍昇格した橋本到選手が3番・センターでスタメン出場。 原監督がインフルエンザで休みを取っているので、川相ヘッドコーチ が代行で指揮を執っているのだが、2軍監督時代には橋本選手を 3番で起用することも多かった川相ヘッドコーチらしい打線の並び となった。そして、その橋本選手が第1打席でセンターへの タイムリー2塁打を放ち、早速結果を出した。長野選手の調子が あがってこないことから、橋......続きを読む»

ジャイアンツ、5月に入ると外国人枠争いに変化も。無風状態から競争激化? 

 今日のスポーツ報知に 『アンちゃん、17日実戦!イースタンDeNA戦で復帰』 という記事が出ている。3月に2軍の春季教育リーグで 実戦復帰し、その後、イースタンリーグ公式戦にも出場して いたアンダーソン選手だが、3/25の日本ハム戦を最後に イースタンリーグへの出場がなかった。  その後、アンダーソン選手に関する情報があまりなかった ことから、個人的には手術した肘の状態が良くないのか......続きを読む»

ジャイアンツ、戸根、田口と小柄なサウスポーが躍動! 次に続くのは俺だ

4月7日の広島戦。延長11回、1点リードの場面で起用され プロ初セーブをあげた戸根投手。その試合を含め、今シーズン 5試合に登板し、6回・2/3、防御率1.35という好成績をマーク している。 戸根投手は昨秋のドラフト2位指名。最近のプロ野球の投手は、 180cmを超えるのが普通で、阪神の藤浪投手、日本ハムの 大谷投手のように190cmを超える投手もいる。そんな大型化が 進んでいるプロ......続きを読む»

4カード連続・屋外球場の試合が続くジャイアンツ。守備を重視、外野陣の再編の可能性は?

 田口投手、高木勇人、2人の若手投手の頑張りもあって ヤクルトとの3連戦を2勝1敗と勝ち越したジャイアンツ。 昨日の試合では、試合終盤ヤクルト投手陣の自滅もあって 6点を奪ったが、打撃陣の調子は低調なままだ。  そして、明日から始まる横浜スタジアムでのDeNA3連戦 を皮切りに17日から甲子園での阪神3連戦、21・22日は 前橋、宇都宮、24日からは神宮でのヤクルト3連戦と 4カード連......続きを読む»

田口麗斗投手、1軍初登板で初勝利! 明日も投手戦の予感

当初、明日のヤクルト戦での先発が予想されていた 田口麗斗投手が今日のヤクルト戦に先発。 ヤクルト先発のベテラン石川投手と1点を争う投手戦を展開。 4回にはプロ初ヒットとなるタイムリーヒットで勝ち越し打 を打つなど、打撃でもチームに貢献。ストレートの球速は 130キロ台が中心だったが、得意のスライダーを交え、 ヤクルト打線を1点に封じた。今日の試合、2軍でコンビを 組んだことがある實松選......続きを読む»

ジャイアンツ、サードとファーストを守れる外国人選手を緊急補強

1/5のブログのタイトルは、『ジャイアンツの不安要素は 内野か?キャンプインまでに新戦力を獲得する可能性は?』 だった。そのブログの中で 『外国人選手とドラフトで投手陣の層が厚くなり、相川選手の 獲得で、阿部選手のファースト転向をカバーすることが出来た。 外野陣も現状の戦力に金城選手が加わったことで、さらに 競争が厳しくなっている。不安な要素をあげるとすると、 それは内野ではないだろう......続きを読む»

田口麗斗投手、12日・1軍でプロ初先発か

 スポーツ紙各紙で12日・東京ドームでのヤクルト戦 の先発予定が2年目の田口麗斗投手と報道されている。  ジャイアンツの先発ローテーションは、菅野投手、ポレダ投手、 高木勇人投手、杉内投手、大竹投手、マイコラス投手の 6人でスタートしたが、大竹投手が1日の中日戦で結果が 出せず2軍落ち。それ以降、残りの5人の投手で先発 ローテーションを回している。しかし、12日のヤクルト戦が 先発の谷......続きを読む»

マイコラスにとって今日の広島戦が大事な登板に

2日の中日戦に先発し、6回・被安打7、失点2(自責点1) と試合を作ったマイコラス投手。オープン戦ではピンチで ストレートを痛打される場面が多かったが、前回登板の 中日戦ではピンチになっても慌てることなく、変化球を低めに 集める丁寧なピッチングを見せた。オープン戦では、ツーシームを 多く使っていたようだが、前回の登板では投手コーチからの アドバイスでストレート系のボールはフォーシームを投......続きを読む»

ジャイアンツ、長打力不足を補うのは橋本、立岡のスピードか

阪神との3連戦に2勝1敗と勝ち越し、僅かながら チームにも勢いが出てきたジャイアンツ。先発投手もルーキの 高木勇人投手が2勝、新外国人のポレダ投手も1勝をあげ 新戦力が頑張っている。このところの結果だけを見ると、 相川選手の故障で阿部選手が捕手に復帰したことがチームに 好影響を与えているようだ。ただ、春季キャンプ、オープン戦で 捕手としてのトレーニングをほとんど積んでいなかったこと か......続きを読む»

ジャイアンツ、上り調子で広島3連戦へ

ルーキーの高木勇人投手の完封勝ちで中日戦・3連敗 の嫌なムードを払拭したジャイアンツ。  阪神との3連戦では、初戦で菅野投手が悪いながら、 6回を3失点に抑える粘りの投球を見せたのだが、打線が 援護出来なかった。 2戦目に先発したポレダ投手は、6回3失点の粘りの投球、 打線も6回に大量6点をあげ、ポレダ投手の来日初勝利 をアシストした。そして、昨日の高木勇人投手は、強打の 阪神相手に......続きを読む»

ジャイアンツ開幕ダッシュ失敗。こんな時こそ、2軍選手にはチャンスが

 阪神との3連戦・初戦を落とし、2勝5敗となった ジャイアンツ。 昨シーズンオフに阿部選手のファースト転向や 澤村投手の中継ぎ起用を発表、そして、新戦力として 新外国人投手の獲得、ドラフトで即戦力の社会人、大学生 の投手を指名、FAで相川、金城の両ベテラン選手を 獲得。大きな補強はなかったが、準備万端で臨んだ 2015年今シーズン。  オープン戦序盤は大田選手の4番構想などもあり、......続きを読む»

ジャイアンツ、外国人選手・緊急補強の可能性は?

 中日に3連敗したジャイアンツと同じように DeNAに3連敗を喫し、ジャイアンツと同率最下位 に沈んだ広島。主砲のエルドレッド選手が膝のケガで 戦列を離れ、ロサリオ選手も虫垂炎の手術から 復帰の目途が立っていない。  そして、今日のスポーツ紙の情報によると、広島は ネイト・シャーホルツ外野手を緊急補強したとのことだ。  黒田投手の復帰で、本気で優勝を狙っている広島が、 素早い補強を......続きを読む»

ジャイアンツ、昨日の中日戦に大敗。チームに刺激も必要か

 昨日、『ジャイアンツ、当面はベテラン中心に起用も、 結果によっては大きく舵を切る可能性も?』という内容 でブログを書いた。各チームとの対戦が一巡する10日 からのヤクルトとの3連戦後、もしくは各チームとの 2巡目の対戦が終わる4月末までベテラン中心に起用 しながらその間の結果によってはオーダーを大きく 変えてくる可能性がある、という内容だ。  しかし、昨日の中日戦の大敗を見て、出来......続きを読む»

ジャイアンツ、当面はベテラン中心に起用も、結果によっては大きく舵を切る可能性も?

 今日の中日戦も先発メンバーの2番に井端選手、 4番・阿部選手、5番・村田選手、6番・高橋由伸選手 というベテランを中心のオーダーとなった。  橋本選手、中井選手、藤村選手、大田選手といった 期待の若手選手が故障や不調で2軍に降格している 状況の中では仕方のないことだ。  ただ、捕手に関しては、今日の試合を含め、開幕後の 5試合の内、4試合で小林選手をスタメンで起用している。 ベテ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconekimaegogo

地方在住のため、ジャイアンツ戦は
主にテレビ観戦。
また、メジャーもヤンキースを中心に
チェックしています。

記事の閲覧がし易いように、カテゴリーを
トピック毎、選手毎に分類しています。
  • 昨日のページビュー:1063
  • 累計のページビュー:17520781

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジャイアンツ移籍後、対照的な選手生活を歩んだ2人
  2. お前もか 10人に戦力外通告
  3. 大田泰示と重なる1989年ドラフト3位・吉岡雄二
  4. ジャイアンツ新人テスト、過去2年の結果と実際の指名
  5. 2軍降格後、小林誠司がマスクを被った4試合
  6. 12球団合同トライアウトでジャイアンツの補強ポイントに合う選手はいるか?
  7. 派手さはないが、ジャイアンツの指名意図を感じるドラフトだった
  8. 5冠達成の翌日にトレード第2弾発覚!
  9. ドラフトを考える1:各球団の本塁打数上位3名から見る高卒選手の期待度
  10. ジャイアンツ、1980年、1981年、1982年、ドラフト指名された選手の凄さ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss