頑張れ!ジャイアンツ 2017

月別アーカイブ :2015年03月

今日から中日戦。杉内、大竹、マィコラスの投球内容に注目!

DeNAとの3連戦を2勝1敗で乗り切り、幸先の良いスタート を切ったジャイアンツ。 今日からは敵地ナゴヤドームに乗り込み、中日との3連戦が 始まる。 DeNA3戦目に11得点と打線が爆発し、打撃の調子は上向いて きているジャイアンツ。3戦連続で5番に入った村田選手が ノーヒットに終わったことは不安だが、オープン戦での 悪い状態からは抜け出しつつある。 DeNAとの3連戦で2勝1敗とい......続きを読む»

ジャイアンツ、DeNAとの開幕カードを勝ち越し! ただ、サードに不安が

 DeNAとの開幕カードを2勝1敗で乗り切った ジャイアンツ。昨日の3戦目に登板した高木勇人投手は 期待どおりの見事な投球で次回以降の登板にも期待が 持てそうだ。2015年ジャイアンツの先発ローテーション の軸は、菅野投手とマイコラス投手に期待したいと 以前のブログに書いたのだが、もしかしたら高木勇人投手 がローテーションの中心として回る可能性があるかも しれない。まぁ、それについては......続きを読む»

ジャイアンツ、2015年プロ・アマ交流戦初戦 VS 桜美林大

昨日は、1軍の華やかな開幕戦の裏で2軍の プロ・アマ交流戦の初戦・桜美林大との試合が ジャイアンツ球場で行われた。  31日のヤクルト戦までイースタンリーグ公式戦の 試合がないことから、イースタンリーグで出場機会の 少ない選手や育成選手が主体でチーム編成が行われた。  ジャイアンツの先発は今村投手。このところ2軍戦では 開幕を目指す1軍投手の調整登板が多く、今村投手は イースタンリー......続きを読む»

さあ開幕! マイコラス、ポレダ。 右打ちの外国人選手には要注意?

 今日のDeNA戦から2015年ジャイアンツの ペナントレースが始まる。  先日のブログで各チームとの対戦が2巡する 4月末までが一区切りで、そこまで5割を維持できて いれば、まずまずのスタートになると書いた。  4月末までの戦いの中で鍵を握るのが、新外国人投手の マイコラス投手、ポレダ投手だと思っている。  昨年、チームに在籍したセドン投手は、最初の登板で 見事な投球を見せたのだが......続きを読む»

矢野謙次、1軍復帰近づく。イースタンリーグで2試合連続のホームラン

 昨日、開幕1軍メンバーが発表になったのだが、 手術からの復帰を目指すベテラン選手が2軍で猛烈に アピールしている。 その選手は、今年で35歳となる矢野謙次選手。  同じように肘を手術したアンダーソン選手が一足早く 11日に2軍で実戦復帰。矢野選手はそれから10日後の 21日のイースタンリーグ・ヤクルト戦から復帰した。  アンダーソン選手は、復帰後、DHでの出場が殆んど で昨日初め......続きを読む»

ジャイアンツ、開幕1軍メンバー発表! 台頭を期待したい若手野手

今日、ジャイアンツの開幕1軍メンバーが発表された。 投手では、新人の高木勇人投手、戸根千明投手、そして 昨年春に育成から支配下登録された土田瑞起投手が開幕1軍 の座を勝ち取った。新外国人のポレダ投手を含め、新たなメンバー を加え、2015年ジャイアンツ投手陣がスタートする。  新戦力が加わった投手陣に対し、野手の開幕1軍は 昨シーズンからほぼ同じメンバーとなった。 キャンプ、オープン戦......続きを読む»

6年目・鬼屋敷正人、着実に成長。しかし、1軍定着への課題も

 今年でプロ6年目を迎える鬼屋敷正人選手。 入団以来、一歩先を行く同期の河野元貴選手の後を追う ことが多かった鬼屋敷選手だが、一昨年、昨年と2軍での 出場機会は、河野選手とほぼ同レベルになった。  ようやく河野選手と次世代捕手を争う展開になりつつある中、 高校、大学、社会人と経験を積んだ小林誠司選手が 2013年ドラフト1位で入団。  そして、今シーズンは、阿部選手がファーストに転向......続きを読む»

2015・ジャイアンツ展望、2巡目の対戦を終える4月末までにどこまで戦力を整えられるか?

 昨日でオープン戦・全日程が終了。最後に6連敗を 喫したことで、通算成績は6勝11敗1分けという 成績で終わった。  オープン戦の時期は、打者に比べ、投手の仕上がりが 早いことから、例年、投高打低の傾向が強いのだが、 そうは言ってもジャイアンツの打率.212、ホームラン3本は 寂しい数字だ。  原監督は、オープン戦・全日程終了後のインタビューで 「まあ、やるべきことはしっかりやった......続きを読む»

ジャイアンツ、開幕スタメンマスクは相川、それとも小林か

ジャイアンツのオープン戦も今日の試合を含め 残り2試合となった。今日のジャイアンツ先発は、 新外国人投手のポレダ投手。スポーツ紙の報道によると 開幕カードのDeNA戦で起用される可能性が高そうだ。  先日のこのブログでも書いたように、今シーズンの 開幕時ローテーションは暫定的なもので、調子を見ながら 入れ替えが行われると考えている。  現状、開幕ローテーションに入ってくるのは、 菅......続きを読む»

吉川大幾選手、ジャイアンツ入団後、初めての1軍へ

 3/5に《大累進、立岡宗一郎、吉川大幾、1軍昇格の ために、2軍戦での結果に拘れ!》というタイトルで ブログを書いた。 その内容は、その後行われる春季教育リーグ3試合 と8日に行なわれる欧州代表との練習試合を含めた 4試合の中で結果を出せば、10日からのオープン戦で 1軍昇格のチャンスがあるかもしれないというものだ。  ただ、それらの試合を消化しても3人の中から1軍 昇格する選手......続きを読む»

立岡宗一郎選手。2軍の1番打者から1軍の1番打者へ

2013年6月19日、《他球団の1番打者から見る、 ジャイアンツの1番打者は誰?》というタイトルで ブログを書いた。 内容は、2013年6月16日(日)の試合で各球団の 1番打者を務めた選手の傾向を分析しながら ジャイアンツの1番打者に相応しい選手は誰か? を考えるというもの。 今、読んでみると、一応分析らしきことはしているが、 結論には個人的な思いが目一杯入っている。 因みにそ......続きを読む»

ジャイアンツ、開幕から暫くは変則的なローテーションも

 今日のDeNAとのオープン戦に先発したのは大竹投手。 前回登板のソフトバンク戦(3/11)は、5回を投げ2失点。 打順2巡目の4回にヒット3本で2点を失ったのだが、 大竹投手としてはまずまずの投球内容だった。 そして、今日のDeNA戦も5回を投げ、被安打6、 3失点という内容。大竹投手らしい投球?で完璧に 相手打線を抑え込むわけではないが、試合を壊さない レベルで試合中盤までは持っ......続きを読む»

ジャイアンツ外国人投手。成功するかどうかはその時のチーム事情も大きく影響

 カルロス・トーレス投手。 ジャイアンツファンの方なら覚えているだろうか? 2011年ジャイアンツでプレーした投手だ。  2011年は東日本大震災が起こった年。 この年は、先発投手としての期待が高かった バニスター投手が開幕前、球団に無断で帰国。 結局、ジャイアンツでプレーすることはなかった。 そして、サードのレギュラーとして獲得した ライアル選手もさっぱりで、急遽獲得した フィ......続きを読む»

マイコラス。ミニキャンプで下半身を鍛え直す必要も

 先発ローテーションを期待されているマイコラス投手が 結果を出せないでいる。  3/7のオリックス戦(京セラドーム)で3回を無失点に 抑え、良い方向に向かっていると思われたマイコラス投手 だったが、3/14の西武戦では期待されたような結果を 出すことが出来なかった。個人的にもローテーションの 軸として期待している投手だが、西武戦ではいろいろな 人が指摘している通り、ランナーを気にして......続きを読む»

イースタンリーグ開幕。岡本和真のプロ1年目に期待!

 1軍の開幕に先駆けて、イースタンリーグ公式戦が 今日始まる。ジャイアンツ公式サイトに今日のDeNA戦 遠征メンバーが出ているが、メンバーを見る限り、 初戦の先発を任されるのは田口投手のようだ。  同期の平良投手が6日のDeNA戦で4回・15失点 とプロ入り初めても言えるほど、打ち込まれただけに、 明日のDeNA戦で起用されるかどうかも注目だ。  そして、今シーズンのイースタンリーグ......続きを読む»

内海投手、故障離脱! 高木京介投手の先発起用の可能性を探る

 内海哲也投手が左前腕部に炎症があるため 当面、2軍調整することとなった。球団からは 具体的な症状についての発表はないのだが、一部情報 によると、1軍復帰できるのは6月以降となりそうだ。 その情報が確かなら、昨シーズンの菅野投手同様、 ただの炎症というより靭帯の部分断裂なのだろうか?  今後、正式発表があるかもしれないが、内海投手が 暫く投げられないという事実に変わりはない。  昨日......続きを読む»

ジャイアンツ、オープン戦残り7試合! ローテーションの軸となるのは誰だ?

 内海投手が左前腕部に炎症があるため、2軍で調整する ことになったとの発表があった。オープン戦での先発回避の 理由が上半身に不安があるということだったが、利き腕の 左腕に問題があったということだ。スポーツ紙各紙が報道して いるように、これで内海投手が開幕時のローテーションに 入る可能性はなくなった。  杉内投手もオープン戦の登板を回避したが、原因は寝違い によるもの。開幕には十分な間に......続きを読む»

ジャイアンツ、故障の主軸が実戦復帰!若手に求められる結果

 今日、ジャイアンツ球場で教育リーグの日本ハム戦 が行われた。スポーツ紙にオープン戦出場予定の日本ハムの 1軍メンバーが雪の影響で北海道から東京へ移動できず、 教育リーグに出場する2軍メンバーをオープン戦で起用する ため、教育リーグのジャイアンツ×日本ハム戦が中止の 可能性がある、との情報があった。阿部選手の実戦復帰が 予定されていたので、情報を見て残念だな、と思っていた のだが、メン......続きを読む»

高木勇人投手・先発で好投! ジャイアンツ右の先発、ハイレベルな争いに!

 昨日のブログで取り上げた長崎でのオープン戦。 天気予報どおり、雪が舞う、冷え込みの中での試合と なったようだ。  悪条件の中での試合となったことで、ソフトバンク先発 の松坂投手も立ち上がりに苦しみ、ジャイアンツが1点を先制。 しかし、ジャイアンツ先発の高木勇人投手も立ち上がり ノーアウト満塁のピンチを迎えた。 そのピンチを併殺崩れの1点で凌ぎきったことで、立ち直った。 結局、5回を......続きを読む»

高木勇人、先発デビュー。明日のソフトバンク戦の内容に期待!

 ルーキの高木勇人投手の先発が予定されている 明日のソフトバンク戦。ソフトバンクの先発も 松坂投手ということで、オープン戦とはいえ、 長崎の人にとっては楽しみな一戦となりそうだ。  しかし、天気予報によると、明日、試合が行われる 長崎、かなりの冷え込みとなりそうなのだ。 午前中は、雪の降る可能性もあるようだが、試合が 行われる午後には天気も回復するようなので、 試合自体は行われるだ......続きを読む»

阿部選手の復活がジャイアンツの開幕への動きを加速させる!

 今日のオリックスとのオープン戦。オリックス投手陣 から5本のヒットで1点を取るのがやっとだった ジャイアンツ打線。  投手陣では先発のポレダ投手が4回を投げ、2失点。 自らのけん制悪送球が絡んで1点を失うなど、昨日のブログで 書いたように、ランナーを出してからの投球に苦しんだ。  ポレダ投手の後を投げた山口投手は1回をピシャリと抑え、 開幕に向け、順調な仕上がりを見せた。  そし......続きを読む»

マイコラス、ポレダ、次回登板に期待。昨年、セドンが苦しんだ課題を乗り越えろ!

 オリックス戦に先発し、ランナーを出してからの 投球に課題を残した○○○投手。  次回の登板でその点を修正できるかが、注目ポイントだ。 前回登板では、ボークを取られたセットポジションや オリックスに盗塁を許す要因となった大きなモーション。 前回登板後、原監督が○○○投手に対し、「ちょっと、 課題が多いね。この課題を修正していかない限りは 先発ローテーションに入ることは非常に難しいでし......続きを読む»

大累進、立岡宗一郎、吉川大幾、1軍昇格のために、2軍戦での結果に拘れ!

 3日に春季教育リーグの初戦、楽天との試合が ジャイアンツ球場で行われた。肌寒い中での試合と いうこともあったのか、両軍ミスが目立つ試合となった ようだ。ジャイアンツは、ドラフト1位の岡本選手が 6番DHで先発出場し、レフト前ヒット、ライト線への 2塁打と評判通りの打撃センスを見せた。 この試合、ジャイアンツはスタメンの1番から3番に スピードのある選手を並べた。 1番・大累選手(......続きを読む»

ドラ1・岡本和真。少し気が早いけど、1軍デビューは8月? それとも9月?

ドラフト1位・岡本和真選手がジャイアンツ球場で 行なわれた昨日の春季教育リーグ・楽天戦に6番・DHで 先発出場した。肌寒い中での試合となったのだが、岡本選手は 打撃でアピールした。2回に左の相原投手からレフト前ヒット、 9回には右の福山投手からライト線へ2塁打を放った。 レフト前ヒットの映像を見たのだが、柔らかいながらキレの あるスイング、時代劇で武士が日本刀を振り抜くような 切れ味......続きを読む»

高木勇人投手、先発起用の可能性高まるか? 今日、先発の大竹投手の投球内容に注目!

 今シーズン、新外国人投手も加わり、先発投手の 厚みが増したと思っていたジャイアンツ投手陣だが ここまでのところ、先発としての目途が立っている いるのは、ベテラン左腕の内海投手、杉内投手ぐらい だろうか。小山投手も沖縄キャンプではピリッとした ところがなかったが、前回登板では4回を被安打1、 無失点に抑え、右の先発候補として踏みとどまっている。  2年連続開幕投手の期待が高い菅野投手......続きを読む»

3・1東京ドーム、ヤクルト戦。ポレダ1次試験通過、マイコラスは追試? 

 先日のブログで新外国人の2人、マイコラス投手と ポレダ投手の東京ドームデビューでの注目ポイントに ついて取り上げた。    2人は、沖縄キャンプの実戦登板でそれぞれ課題 が明確になってきた。2人の課題はランナーを出して からの投球だ。 前回登板の楽天戦、マイコラス投手は毎回先頭打者を出し、 それが失点につながった。ポレダ投手もランナーを出して からのセットポジション、クイック、そし......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconekimaegogo

地方在住のため、ジャイアンツ戦は
主にテレビ観戦。
また、メジャーもヤンキースを中心に
チェックしています。

記事の閲覧がし易いように、カテゴリーを
トピック毎、選手毎に分類しています。
  • 昨日のページビュー:6060
  • 累計のページビュー:17512985

(11月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジャイアンツ移籍後、対照的な選手生活を歩んだ2人
  2. お前もか 10人に戦力外通告
  3. 大田泰示と重なる1989年ドラフト3位・吉岡雄二
  4. ジャイアンツ新人テスト、過去2年の結果と実際の指名
  5. 2軍降格後、小林誠司がマスクを被った4試合
  6. 12球団合同トライアウトでジャイアンツの補強ポイントに合う選手はいるか?
  7. 派手さはないが、ジャイアンツの指名意図を感じるドラフトだった
  8. 5冠達成の翌日にトレード第2弾発覚!
  9. ドラフトを考える1:各球団の本塁打数上位3名から見る高卒選手の期待度
  10. ジャイアンツ、1980年、1981年、1982年、ドラフト指名された選手の凄さ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss