頑張れ!ジャイアンツ 2017

月別アーカイブ :2014年03月

ジャイアンツ先発投手 VS DeNA強力打線

 阪神との3連戦を、2勝1敗と勝ち越したジャイアンツ。 2戦目は、16安打を放ちながら、3得点と打線のつながり、 走塁に課題を見せたものの、新戦力の片岡選手、アンダーソン選手 を含め、全体的に打撃は好調だ。 投手では、3戦目に先発した大竹投手も持ち味の粘り強い投球で 初勝利を掴み、開幕カードとしては十分なスタートとなった。  そして、明日からは横浜スタジアムでのD......続きを読む»

隠善智也選手、打撃好調!1軍昇格のチャンスが来るか

 16本のヒットを打ちながら、拙攻で3得点に終わった 今日のジャイアンツ。特に、4回の無死満塁の場面が今日の ゲームを象徴するようだった。無死満塁のチャンスで打席に 立ったのは、昨日のヒーローの一人橋本選手だったが、 チャンスに1塁ゴロに終わった。昨日の試合では、勝利につながる ヒットを放ったものの、全体的に力不足の感じがあった。  そして、今日の試合でもショートへの内野安打があったが、......続きを読む»

セドン投手2軍戦で好投、これでDeNA戦は一安心!

来週のDeNA戦に先発予定のセドン投手が、イースタンリーグ ・西武戦に登板。 セドン投手は、オープン戦終盤の登板で打ち込まれたことや ランナーを出してからの投球に不安な面があり、ローテーション入り を不安視する声もあった。 西武とジャイアンツの2軍は、共にインフルエンザにかかった選手が 多く、特に西武は最近になってインフルエンザを発症した選手が 多いことから、試合中止もあり得るのでと思......続きを読む»

明日、東京ドームで2014年の初戦を迎えるジャイアンツ

 開幕戦の先発は、菅野投手。そして、阪神先発はエースの 能見投手。スポーツ紙では、メンバーの揃ったジャイアンツの 優勝確率が高いと報道されているのだが、思った通り にいかないのがスポーツの世界。    まずは、対戦が一巡するまでは、勝敗云々より、主軸に故障がなく、 順調なスタートが切れるかに注目している。  と言っても、実績のある主軸に比べて、開幕後の一定期間で ......続きを読む»

ジャイアンツ支配下登録、有力は和田凌太選手、ダークホースは青山誠選手

 ジャイアンツの開幕1軍メンバー28人が発表となりました。 2カード目に先発予定の先発投手2人が登録されていないので、 投手11人、野手17人という内訳です。  2カード目にセドン投手、宮國投手が登録される予定なので、 それに合わせて投手1人、野手1人が2軍に降格となるでしょう。  1軍の情報はここまでにして、2軍の話題に移りたいと思います。 現在、ジャイアンツの支配下登録選手数は64人......続きを読む»

ジャイアンツ、今シーズンのテーマは勝利と育成のバランス

 28日に開幕するプロ野球。 ジャイアンツの今シーズンの目標は、セ・リーグのⅤ3と 日本一の奪還だ。そして、さらに、連覇を伸ばすためにも チーム力をアップさせる必要がある。  そのためには、勝利を掴み、なお且つ若手選手の育成を する必要がある。  ジャイアンツにとって最も大きなテーマとなっているのは 阿部選手に続く、次代捕手の育成だ。  昨年のドラフト......続きを読む»

28日開幕戦、2番・井端が現実味

 オープン戦も昨日で全日程が終了。28日の開幕に向け、 チームも最終調整に入っている。昨日の日本ハム戦では、 中継ぎエースの山口投手、先発ローテーションを予定している セドン投手が日本ハム打線につかまり、1番を期待する坂本選手の 当りがとまっているなど、一抹の不安もあるが、大きな故障の 選手がいないことは開幕に向け、好材料だ。  一つ気になる点は、セカンドのレギュラーを期待している 巨......続きを読む»

ドラ1小林、いけるぞ2番手捕手&右の代打

今日、東京ドームで行われた日本ハムとのオープン戦。 日本ハムの2年目大谷投手の圧巻のピッチングの前に5回無得点。 ジャイアンツ先発の菅野投手もピリッとせず、2回に西川選手に 走者一掃の3塁打を浴び、3失点。結局、3回を投げ、3失点という 内容だった。3イニングで与四球2と開幕に向け、若干の調整が 必要だろう。  ジャイアンツで光ったのは、小林選手だ。 菅野投手に対するリードには課題が残......続きを読む»

ジャイアンツ外野手スタメン争い、残り2戦へもつれ込む

 昨日のブログで書いたように、今日の試合を含めて開幕までに 残された試合は3試合。そして、今日のDeNA戦は7対3で ジャイアンツが勝利したのだが、選手によって明暗が分かれる 内容となった。  先発の杉内投手は、5回を投げ、無失点と1週間後の開幕に 向け、順調な仕上がりを見せた。それに対し、故障からの復活を 期す久保投手は、1イニングを投げ、ホームラン1本、2失点と 開幕1軍入りに向け......続きを読む»

ジャイアンツ、明日からの3試合で開幕メンバーを予想!

 今日のヤクルトとの練習試合が雨天中止となり、開幕までの 実戦機会は、明日からのオープン戦3試合。  1週間後には開幕となるのだが最初のカードは阪神との3連戦。  情報によると、阪神は初戦に能見投手、2戦目藤浪投手、 そして、3戦目に榎田投手を起用する可能性が高いようだ。  対するジャイアンツは、初戦が菅野投手、2戦目・杉内投手 そして、3戦目に大竹投手というのが......続きを読む»

須永投手、今シーズン1軍での活躍が見られるか!

2月27日のブログでも取り上げた須永英輝投手。 ジャイアンツ入りを熱望しながら、日本ハムに入団。 その後、憧れていたジャイアンツにトレードで移籍して きたのが2010年オフ。 2012年シーズン、1軍での活躍が期待されていたのだが、 開幕前に左ひじを故障。 結局、左ひじ内側側副靭帯再建手術を受けることとなった。  その須永投手が万全の状態でシーズンに臨んでいる。 春季教育リーグでは、......続きを読む»

開幕間近!西武戦で注目していたポイント

 今日の西武とのオープン戦では、両チームとも ほぼベストメンバーになり、開幕が近づいていることを感じた。 そんな中、今日の西武戦で個人的に注目していた ポイントがいくつかあった。  ここ2試合ヒットが出ていない坂本選手に代わり片岡選手が1番に。  今日の試合から1軍に昇格した松本選手を2番センターで起用。  当りがとまっているアンダーソン選手が7番・レフト。 ......続きを読む»

ジャイアンツの外野、開幕後暫くは対戦投手に合わせたオーダーとなりそうだ

 オープン戦も残り4試合。先発ローテーション、中継ぎ投手、 内野スタメンが固まってきたのだが、外野のスタメンは まだ固まってこない。  原監督の考えでは、センターを長野選手ではなく、走力のある 橋本選手、大田選手といった若手の起用を考えていたようだが、 大田選手がオープン戦で結果を残せず2軍に降格、橋本選手も レギュラーを奪取するほどのインパクトのある活躍を見せていない。  オープン戦......続きを読む»

今村、セドン 戦いの舞台はジャイアンツ球場?

 13日のロッテとのオープン戦で登板予定だったセドン投手だが、 雨天試合中止となったことから、1軍のオープン戦ではなく、 今日から開幕するイースタンリーグに登板する可能性が高まった。  今日の西武との2軍戦には、セドン投手と先発ローテーションを 争うであろう今村投手が登板する予定だ。 今村投手は、肩の違和感から調整が遅れていたが、12日の 春季教育リーグ・楽天戦で4番手で登板し、順調な回......続きを読む»

藤村選手を外野で起用、それなら立岡選手を試してみては

12日のロッテとのオープン戦で先発出場した橋本選手に 代わって4回からセンターを守ったのは何と、内野の藤村選手。 外野の守備練習を続けていたのだろうが、1軍の実戦では 初めて外野を守った藤村選手。 (2軍では、2008年に外野を守ったことがあるらしい)  3月8日のこのブログで1軍開幕メンバー(野手)の最後の ピースとして、立岡選手が相応しいのではないかと書いた。 亀井選手が骨折で離脱......続きを読む»

ジャイアンツ・開幕ローテ争い、1・2軍で同時進行!

10日の阪神戦に先発し、開幕ローテーションを争っている 宮國投手がインフルエンザに。  大竹投手も下半身に不安を抱えており、先発ローテーション の4番手以降がますます混沌としてきた。  そんな中、吉報が。肩の違和感から調整が遅れていた 今村投手が、昨日の2軍戦に登板。 1回を5球で抑え、順調な回復ぶりをアピール。 ストレートの球速も145キロをマークしており、長いイニングを 投げるこ......続きを読む»

ジャイアンツ・中継ぎ争い、抜け出すのはどの投手?

 開幕まで3週間を切り、先発ローテーション争いとともに、 中継ぎ争いも熾烈になっている。  3月3日のブログでも中継ぎ争いについて取りあげたのだが、 オープン戦も残り8試合となり、だんだんと投手が絞られてきた。 中継ぎを争っていた投手の内、土田投手、阿南投手の2人が オープン戦での結果から、中継ぎ争いから1歩後退したと見ている。 また、久保投手も、本来の投球が出来ていない状況を考えると、......続きを読む»

開幕ローテに影響、次回・セドン投手の登板

7日のオリックス戦に先発し、ランナーを出してからの 投球に課題を残したセドン投手。  次回の登板でその点を修正できるかが、注目ポイントだ。 前回登板では、ボークを取られたセットポジションや オリックスに盗塁を許す要因となった大きなモーション。 前回登板後、原監督がセドン投手に対し、 「ちょっと、課題が多いね。この課題を修正していかない 限りは先発ローテーションに入ることは非常に難しいで......続きを読む»

ジャイアンツ・外野のキーマンは、高橋由伸選手

4月3日の誕生日で39歳となる高橋由伸選手。 今年ジャイアンツに加わった井端選手と同い年で チーム最年長となるベテラン選手。  先日のブログでジャイアンツの前半戦のキーマンと して井端選手をあげたのだが、外野のキーマンと なるのは、高橋由伸選手だろう。  高橋由伸選手は、故障の影響で、年々出場試合数が 減っている。 2011年  95試合出場、256打数、63安打、打率 .246 ......続きを読む»

ジャイアンツ開幕1軍メンバー、最後のピースは誰に?

 昨日のオリックスとのオープン戦。先発のセドン投手が ランナーを出してからの投球に課題を残した。 前回の好投で先発投手の陣容がほぼ固まったと思った のだが、大竹投手の足の状態とともに、先発4番手以降 の陣容が固まるにはもう暫く時間がかかりそうだ。 左肩の違和感で調整が遅れていた今村投手が2軍で どんな投球を見せるか?先発ローテーション争いに影響を 与えそうだ。 先発投手とともに、今後......続きを読む»

ジャイアンツ、前半戦のキーマンは井端選手

このブログでも取り上げているように、寺内選手、亀井選手が 故障で離脱したことで、内野の控えが手薄になっている。 藤村選手、坂口選手という若手もいるのだが、内野の複数の ポジションを安心して任せることが出来るレベルではない。  寺内選手は、右肩の故障でスローイング出来るまでに、 約3週間という報道がされている。亀井選手の場合は、 右手指の骨折のため、復帰は交流戦明けになるのでは ないか。......続きを読む»

次世代正捕手争い、鬼屋敷選手の現在地

昨年のドラフト1位の小林選手が入団し、育成の芳川選手を含め、 8人体制となったジャイアンツの捕手陣。 オープン戦で1軍に帯同しているのは、阿部選手、実松選手、 小林選手、河野選手の4人。  シーズンが始まれば、3人体制となることから、現状メンバーから 最低でも1人は2軍へ降格となる。  ここまでの練習試合、オープン戦を見ると、ドラフト1位で入団した 小林選手の健闘が目を引く。  昨年......続きを読む»

ボーダーライン上の争い、ジャイアンツ1軍に生き残れる選手は誰だ?

 原監督は、来週のQVCマリンでのロッテ2連戦の後、 ソフトバンク2連戦から開幕を見据えて先発メンバーを固定して いくことを示唆した。  そうなると、現在1軍に帯同している1軍ボーダーライン上の 選手たちにとって、自分の存在感をアピールできるのは 今日の試合を含めても7試合だ。  現在、1軍に帯同しているメンバーの中で、ボーダーライン上 と思われる選手は、投手では宮國投手、香月投手、江......続きを読む»

育成・和田凌太選手、支配下登録のチャンス到来!

内野の複数ポジションをこなせる寺内選手が右肩の故障、 そして、内外野の守備をこなせる亀井選手が右手指を骨折。 安定した守備力の2人がいなくなったことで、内野の バックアップが手薄となっているジャイアンツ。  首脳陣としては、安定した守備力を誇る井端選手にショートの 他に、サードとセカンドのバックアップを期待しているようだ。  現在、1軍に帯同している坂口選手は、ファーストとサード、 藤......続きを読む»

ジャイアンツ中継ぎに残された3つの椅子

昨日のオープン戦では、先発ローテーション入りが 確実な菅野投手、内海投手がそれぞれヤクルトを3回無失点に 抑え、順調な仕上がりを見せた。 特に、前回登板で滅多打ちにあった内海投手がボールを 低めに集め、本来の打ち取る投球が出来たことは、開幕に 向け好材料だ。  また、内海投手の後に登板した香月投手もヒットを打たれながら、 得点を許さず、中継ぎとしての仕事を......続きを読む»

頑張れ!アンダーソン選手。残された時間は多くない

 ジャイアンツ、期待の新外国人選手・アンダーソン選手。 メジャーでもキューバ出身選手が大活躍しているが 日本球界でも日本ハムのアブレイユ選手が昨シーズン チームに加わり、いきなりホームラン王を獲得。 今シーズン、同じ日本ハムにキューバ出身のミランダ選手、 ソフトバンクにカニザレス選手、ジャイアンツにアンダーソン選手と キューバ出身の選手が増えている。  アンダーソン選手は、キューバ国内......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconekimaegogo

地方在住のため、ジャイアンツ戦は
主にテレビ観戦。
また、メジャーもヤンキースを中心に
チェックしています。

記事の閲覧がし易いように、カテゴリーを
トピック毎、選手毎に分類しています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:17519719

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジャイアンツ移籍後、対照的な選手生活を歩んだ2人
  2. お前もか 10人に戦力外通告
  3. 大田泰示と重なる1989年ドラフト3位・吉岡雄二
  4. ジャイアンツ新人テスト、過去2年の結果と実際の指名
  5. 2軍降格後、小林誠司がマスクを被った4試合
  6. 12球団合同トライアウトでジャイアンツの補強ポイントに合う選手はいるか?
  7. 派手さはないが、ジャイアンツの指名意図を感じるドラフトだった
  8. 5冠達成の翌日にトレード第2弾発覚!
  9. ドラフトを考える1:各球団の本塁打数上位3名から見る高卒選手の期待度
  10. ジャイアンツ、1980年、1981年、1982年、ドラフト指名された選手の凄さ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss