頑張れ!ジャイアンツ 2017

ヤンキース

明日の大事な一戦。田中将大投手とコンビを組むのは?

 ヤンキースの1勝2敗で迎えたア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦。 ヤンキース・グレイ投手、アストロズ・マッカラーズ投手の投げ合い で5回まで0対0。しかし、アストロズが6回に3点、7回に1点 を奪い、7回表を終わって4点差がついてしまった。だが、ここから ヤンキースの逆襲が始まった。7回に2点、8回に4点を奪い、劣勢だった 試合を一気にひっくり返すことに成功。9回をチャプマン投手が締め、 ......続きを読む»

田中将大、低めへの変化球が冴え、13勝目

 ヤンキースの田中将大投手がブルージェイズ戦に先発し、 7回を投げ、被安打3、奪三振15の見事な投球で13勝目を あげた。1週間前のブルージェイズ戦では被本塁打3、失点8 と打ち込まれてしまったが、今日の田中将大投手は変化球を 低めに制球し、危なげないピッチングを見せてくれた。  ヤンキースの正捕手はサンチェス捕手だが、田中将大投手が 低めへの変化球を武器にしていることを考えると、リード......続きを読む»

ヤンキース、9月の勝敗を左右する先発3本柱の投球

インディアンスのダブルヘッダーで2連敗し、首位レッドソックス との差が5.5ゲームと開いてしまったヤンキース。  明日からホームで行われるレッドソックスとの4連戦は最悪でも 3勝1敗で乗り切りたいところだ。今日の2敗で首位との差が5.5ゲームに 開いてしまったのだが、ワイルドカードを争うツインズ、エンゼルス、 オリオールズが今日の試合で勝利したことで、その差が詰まってきた。 ツインズとは......続きを読む»

ヤンキース、優勝を左右する8月・残り22試合の戦い

 ソニー・グレイ、ハイメ・ガルシアを新たにローテーションに 加えたヤンキース。先週のタイガース戦から新たなメンバーで 8月の戦いをスタート。タイガース、インディアンスとの7試合は、 ジョーダン・モンゴメリーを加えた6人でローテーションを回した。 ルイス・セベリーノが2勝をあげたものの、結局3勝4敗という結果に 終わってしまった。首位レッドソックスが8月に入って、6連勝と調子を あげており......続きを読む»

ヤンキース、中継ぎ補強に成功。次は先発投手か

 ホワイトソックスとのトレードでデービッド・ロバートソン、 トミー・カンリーという2人の投手、内野手のトッド・フレージャー を獲得したヤンキース。  先発投手に不安があるヤンキースだけに、ブルペンに厚みを持たせる ことができた今回のトレードは後半戦に向け、チームにとって大きな力と なりそうだ。  ウォーレン、ベタンセス、チャプマンに加え、ロバートソンとカンリー と強力なメンバーが揃った......続きを読む»

ヤンキース主力、続けてDL入りも。期待の若手が活躍

今日のホワイトソックス戦。先発の田中将大投手が久々の 勝利を挙げた。初回に3点先制してもらいながら、途中1点差に 詰め寄られる嫌な展開も、打線が効果的に追加点を挙げ 12対3と圧勝した。 ヤンキースは、アーロン・ヒックス、スターリン・カストロ がDL入りしているのだが、さらにDHのマット・ホリディもDL入り。 ここに来て、チーム全体の調子も下降気味なだけに、今日の ホワイトソックス戦は......続きを読む»

ヤンキースの快進撃を支えるカストロ、グレゴリアスの存在

 オリオールズとの3連戦で計38得点を奪い、3連勝した ヤンキース。今シーズンは、メジャー2年目で飛躍的に成績を 伸ばしているアーロン・ジャッジに注目が集まっている。  昨シーズンは、不振のチームに会って53試合の出場で 20本塁打を放ったゲーリー・サンチェスが脚光を浴びた。 昨シーズン、それまでチームを支えてきた多くのベテラン選手が チームを去り、チームの変革期を迎えたヤンキースだった......続きを読む»

ヤンキース、Wアーロンの勢いは本物か

 日本時間の今日、ブルージェイズ戦に田中将大投手が先発。 前回登板のレッドソックス戦は見事な投球で久々の完封勝利をあげた のだが、今日の試合は打線が4回までに7点を挙げて田中将大投手を援護。 田中将大投手は、5回と7回に失点したものの、打線の大量援護で 4勝目を手にした。昨シーズンは、好投しても打線とかみ合わないケースも 多かったのだが、今年のヤンキース打線は打線が活発だ。  特に、ガー......続きを読む»

ヤンキース、首位レッドソックスとの直接対決7試合の行方

7連勝の後、2連敗し、ズルズルと後退するのか?と 思われたヤンキースだが、ベテラン・サバシア投手の頑張りと 効果的な3発のホームランでドジャースに勝利した。  首位レッドソックスがオリオールズに敗れたことで、 ヤンキースとレッドソックスのゲーム差は4に縮まった。  残り試合が18試合となった中で、ゲーム差4は厳しい数字 ではあるが、ヤンキースの残り18試合の内、首位レッドソックス との......続きを読む»

ヤンキース。オリオールズ、ブルージェイズとの6連戦をどう戦う

7月末に主力4選手をトレードで放出し、チームの若返り を図っているヤンキースが、8月を終えてもワイルドカード争い に踏みとどまっている。現在、ワイルドカード争いをリードして いるのが、レッドソックス。そして、オリオールズとタイガースが 72勝61敗でワイルドカード争いの同率2位につけている。  そして、ヤンキースは、オリオールズ、タイガースと2.5ゲーム差 の69勝63敗。そして、明日か......続きを読む»

ヤンキース。チャド・グリーン、ルイス・セサ、2人の若手先発投手が台頭!

 7月末、ヤンキースは、チャプマン投手をカブスにトレード したのに続き、ミラー投手をインディアンス、ベルトラン選手を レンジャーズ、ノバ投手をパイレーツへ続けざまにトレード。 主力を放出し、チーム再建へと大きく舵を切った。 4選手とのトレードで、カブス、インディアンス、レンジャーズ、 パイレーツからそれぞれのチームの有望株と言われている選手 を獲得している。今後の成長に期待したいものだ。......続きを読む»

ヤンキース、対レイズ3連敗でチーム再編へ一気にシフト

 ここ2、3日のメジャーのトレード情報を見ていると、これぞメジャー といった感じがしている。シーズン序盤から苦戦が続いていたヤンキース だったが、7月後半になり、チーム状況も改善しつつあるのかな?と思って いた。しかし、アストロズ3連戦の3戦目を田中将大投手で落とし、続く レイズとの3連戦で3連敗を喫した。この3連敗でヤンキースが チーム再建に向け大きく動き出した。チャプマン投手をカブスに......続きを読む»

田中将大、7回被安打2で3勝目! ヤンキース先発陣に安定感

 田中将大投手がレイズ戦に先発。7回被安打2で3勝目をあげた。 前回登板のアスレチックス戦でも7回を1失点と好投しており、 開幕から中々勝ち星がつかなかった田中将大投手の調子も 上がってきたようだ。前回登板のアスレチックス戦ではファースト側 のプレートから投球していた田中将大投手だが、今日のレイズ戦 の映像をみたところ、今日の試合でもファースト側のプレートを 踏んで投球していた。日本では......続きを読む»

へぇ~、ヤンキースがアロルディス・チャップマン投手を獲得

メジャーからトレードのニュースが飛び込んできた。 レッズのアロルディス・チャップマン投手をヤンキースが獲得、 レッズに若手プロスペクトを含む4選手、カレブ・コーサム投手、 ヤンキースNo.10プロスペクト・ルーキー・デービス投手、 ヤンキースNo.6プロスペクト・エリック・ヤギエロ内野手、 トニー・レンダ内野手が移籍する、というニュースだ。  チャップマン投手と言えば、12月上旬、ドジャ......続きを読む»

今オフ、大きな動きを見せないヤンキース。前田健太投手の獲得に動くのか?

前田健太投手のポスティング申請が行われ、30球団への公示を経て 交渉が解禁となった。獲得が噂されていたダイヤモンドバックスは グリンキー投手、レッドソックスはプライス投手を大型契約で獲得。 グリンキー投手を失ったドジャースは、マリナーズからFAの 岩隈投手を獲得したが、前田健太投手の獲得にも動くのではないか との情報もある。  他球団が大型契約に動く中、ヤンキースが大きな動きを見せていな......続きを読む»

ア・リーグ東地区。優勝を左右するヤンキースVSブルージェイズ、直接対決7試合

 今日、ヤンキースが勝利し、ブルージェイズが敗れた ため、両チームのゲーム差は0.5ゲームに縮まった。  ヤンキースは、田中将大投手、サバシア投手が先発予定の オリオールズとの2戦が終了すると、ホームでブルージェイズ との4連戦が待っている。  ブルージェイズは、プライス投手、トロウィツキー内野手という 投打の柱を獲得した8月以降、圧倒的な強さで首位のヤンキース を抜き去った。8月の勢......続きを読む»

ヤンキースNo.1プロスペクト、ルイス・セベリーノ投手がメジャーデビュー

ここまで9勝とネーサン・エオバルディ投手と共に チームを引っぱってきたマイケル・ピネダ投手がDL入り、 そして、ヤンキース移籍後、長年、エースとしてチームに 貢献してきたC.C.サバシア投手が手術からの復帰後、かつて の輝きを失っている。 明るい話題は、トミージョン手術から復帰したイバン・ノバ投手 が順調に登板を重ねていることと今年からチームに加わった ネーサン・エオバルディ投手がチー......続きを読む»

好調ヤンキースを支えるベタンセス、ミラー、鉄壁の2人

メジャーのア・リーグ・東地区でヤンキースが好調を 維持している。田中将大投手、サバシア投手、ピネダ投手と 昨シーズン、故障で離脱した選手や手術を受けた先発投手が 主体というチーム状況から前評判は高くはなかったが、 それを覆す快進撃を見せている。薬物違反で1年間プレーして いなかったロドリゲス選手が3番に座り、効果的な場面 ホームランを放ってチームに勢いを与え、ベテランの テシェイラ選手......続きを読む»

ヤンキース、来シーズンの先発の軸となるのは20代の3投手

 ヤンキースは、先日、マイアミ・マーリンズとのトレードで 先発候補のネーサン・イオバルディ投手を獲得した。  これで、ヤンキースの先発はサバシア投手、田中投手、 ピネダ投手、イオバルディ投手、カプアーノ投手の5人と なりそうだ。ノバ投手は、トミージョン手術のため、復帰は 早くても夏場以降。肘の状態によっては、来シーズン中の 復帰が難しくなることもあり得る。  ヤンキースの公式サイトは......続きを読む»

ヤンキース、プラード内野手をトレードで放出。来季のセカンドは若手を起用か?

チェース・ヘドリー内野手の残留が決まったヤンキースが 動き出した。マーリンズとのトレードで若手の先発投手の ネーサン・イオバルディ投手とギャレット・ジョーンズ内野手 そして、若手有望株のドミンゴ・ヘルマン投手を獲得。 マーリンズへは今シーズンダイヤモンドバックスから 加わったマーティン・プラード内野手と先発、中継ぎに 活躍したデービッド・フェルプス投手を放出する。  イオバルディ投手......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconekimaegogo

地方在住のため、ジャイアンツ戦は
主にテレビ観戦。
また、メジャーもヤンキースを中心に
チェックしています。

記事の閲覧がし易いように、カテゴリーを
トピック毎、選手毎に分類しています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:17522080

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジャイアンツ移籍後、対照的な選手生活を歩んだ2人
  2. お前もか 10人に戦力外通告
  3. 大田泰示と重なる1989年ドラフト3位・吉岡雄二
  4. ジャイアンツ新人テスト、過去2年の結果と実際の指名
  5. 2軍降格後、小林誠司がマスクを被った4試合
  6. 12球団合同トライアウトでジャイアンツの補強ポイントに合う選手はいるか?
  7. 派手さはないが、ジャイアンツの指名意図を感じるドラフトだった
  8. 5冠達成の翌日にトレード第2弾発覚!
  9. ドラフトを考える1:各球団の本塁打数上位3名から見る高卒選手の期待度
  10. ジャイアンツ、1980年、1981年、1982年、ドラフト指名された選手の凄さ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss