頑張れ!ジャイアンツ 2017

青山誠

ジャイアンツ、支配下登録を勝ち取るのはどの選手?

L.クルーズ内野手の楽天への金銭トレードが決まった。 楽天の内野陣に故障者が出ていることとペゲーロ外野手の故障で 外国人枠が1枠空いたことで今回のトレードが実現したようだ  外国人枠の兼ね合いで出場機会がなかったL.クルーズ内野手には 新天地での活躍を期待したい。  今回のトレードにより、ジャイアンツの支配下登録選手数は1名減り 67名となった。先日のブログで育成選手の支配下登録の可能性......続きを読む»

ジャイアンツ育成・青山誠。支配下登録に向け、アピール

 今日のイースタン・リーグ、ロッテ戦。先発の内海哲也投手が 4回までに4点の援護をもらいながら、5回・6失点という結果に 終わった。試合も9回に3点を入れて、同点に追いついたものの 9回サヨナラ負け。投手陣は、ピリッとしなかったが、打撃陣は 12安打で8点をあげた。  この試合で勝負強いバッティングを見せたのが今日の試合から2軍に 昇格した青山誠外野手。5番・ライトでスタメン出場し、4打......続きを読む»

ジャイアンツ育成選手、青山誠・松原聖弥。そろそろ2軍でのプレーを見てみたい

 今日の阪神戦、スタメンレフトは中井大介。 シーズン当初は、セカンドの守備が良くないので、どうせ起用するなら、 レフトで起用してはどうか?とブログで書いたこともあったが、さすがに 現実にレフトを守るようになると、ジャイアンツの外野の選手層の薄さを 感じてしまう。かといって、2軍の外野陣も代わり映えがせず、藤村大介や 柿澤貴裕といった内野登録の選手がセンターを守ることがあるほどだ。  個人......続きを読む»

フェニックス・リーグで奮闘するジャイアンツ2人の育成外野手

ジャイアンツは、昨日のDeNA戦に敗れ、CSファーストステージ 敗退となってしまったが、来シーズンに向けての戦いは既に始まっている。  今月3日から始まったフェニックス・リーグには、支配下登録の 選手に交じって育成選手も参加している。  個人的に注目しているのは、青山誠選手、高橋洸選手の2人の育成外野手だ。 2人は、2日に球団から自由契約の通告を受けているが、これは育成選手制度 によるも......続きを読む»

ジャイアンツ。育成選手として3年目のシーズンを終える4人の外野手

 ジャイアンツには、3人の外国人投手を含め、23人の 育成選手が在籍している。 育成選手との契約期間は基本的に3年までとなっている。 以前は、3年の契約期間満了後、育成選手として再度契約できない という条件があったが、2008年に内容が変更され、4年目以降 (1シーズンごと)に育成選手として再契約が可能となっている。 ジャイアンツの育成選手の中で、3年目のシーズンを終えるのは、 20......続きを読む»

ジャイアンツ育成・青山誠。入団1年目に見せた輝きを再び

 2014年3月。育成選手の中に支配下登録が期待される 選手がいた。その選手は、外野の青山誠選手。2013年の育成ドラフト で1位指名されジャイアンツに入団した。 その青山誠選手について、2014年3月26日のブログで取り上げている。 ……………………………… 支配下登録候補に急浮上してきたのが、昨年の育成ドラフト1位 の青山誠選手。  春季キャンプで期待されていた大田選手が1軍で結果......続きを読む»

ジャイアンツ、2・3軍の外野手に期待も。育成外野手が伸び悩み

2015年ドラフト5位・山本泰寛 2014年ドラフト1位・岡本和真 2013年ドラフト2位・和田恋 2012年ドラフト3位・辻東倫 と、ここ4年間のドラフトで期待の若手内野手が入団した ジャイアンツ。4選手共、2軍ではレギュラークラスで 頑張っている。この4選手の中では、和田恋選手が2軍でも ファーストを主に守っていることから、1軍での出場機会を 考えると、将来的に外野へのコンバート......続きを読む»

育成選手として3年目のシーズンを迎えるジャイアンツ・3人の外野手

 ジャイアンツに育成選手として3年目のシーズンを迎える 3人の外野手がいる。その選手は、青山誠選手、長江翔太選手、 北之園隆生選手の3人だ。3選手は、2013年の育成ドラフトで 指名されている。育成選手との契約期間は現行の制度では3年間。 3年間の契約期間が終了後、再契約することも可能だが、多くの 育成選手が、3年という契約期間の中で将来、チームの戦力と なりえるかどうかを判断される。 ......続きを読む»

ジャイアンツ2013年育成ドラフト1位・青山誠、ケガからの完全復活に期待

 2013年の育成ドラフト1位で指名された青山誠選手。 このブログでも青山選手が、村田修一選手、長野久義選手と 同じ日本大学野球部出身の選手で、大学でレギュラーを掴んだ のが、大学4年の春のシーズン。そして、プロに注目される 成績を残したのが4年の秋、という遅咲きのプレーヤーだという ことを取り上げた。  そして、プロ入り後は、2軍で外野のレギュラーとして起用 されるようになったのだが......続きを読む»

ジャイアンツ、現在、支配下登録選手数66人。育成選手にチャンスはあるのか?

 ジャイアンツの支配下登録選手は、現在66人。 この数字は、新外国人選手のマイコラス投手、ポレダ投手 を含んだものだ。  ジャイアンツは、例年、65~69という支配下登録選手数で シーズンに臨んでいる。 シーズン途中に育成から支配下登録する場合や新外国人選手の 獲得などを想定し、ある程度の余裕を持たせている。  今年も現在66人と支配下登録には余裕がある。 2010年以降、毎年最低......続きを読む»

2015ジャイアンツ。若手外野手の成長が今秋ドラフトに影響

 今シーズンのジャイアンツは、阿部選手が捕手登録から 内野手登録へと変更になったのだが、それ以外にも投手、内野手 から外野手登録に変更された選手が複数いる。  2軍で外野を守ることが多くなった立岡選手、高橋洸選手、 が内野手から外野手登録へ。投手として1年目のシーズンに臨んだ 長江選手がシーズン後半、投手から外野手へ転向。そのため、今シーズン から外野手登録となる。また、高校時代には、......続きを読む»

ジャイアンツ背番号008・青山誠選手。同世代の橋本、大田に続け!

 昨シーズン、育成選手ながらイースタンリーグで 好スタートを切った青山誠選手。12試合に出場、打率.379 という高打率をマーク。一躍、支配下登録の候補に躍り出た。 しかし、独立リーグの群馬ダイヤモンドペガサス戦で故障し、 残りシーズンをリハビリに費やすこととなった。 故障するまでは、順調にステップアップし、一時期は大田選手 から2軍の外野レギュラーを奪う勢いを見せていた。  201......続きを読む»

来季こそ支配下登録へ。ジャイアンツ・育成2年目、青山誠選手に期待!

今年の1月に育成の青山誠選手をこのブログで取り上げた。 以下の文章は、その時に書いた内容の一部だ。 ………………………………………………………………… 青山選手は、兵庫県の名門・育英高校から日大に進学。 高校時代には、3年の夏の県大会決勝で敗れ、甲子園大会に 出場することは出来なかった。  そして、進学した日大でもレギュラーに定着することが出来ず、 ようやくレギュラーを掴んだのが、4......続きを読む»

来シーズンのジャイアンツ2軍は、期待の若手外野手を試す場となるだろう

9/8に『ジャイアンツ若手外野手の現状と可能性』という 内容でブログを書いた。ここ数年、2軍の外野メンバーが 固定され(大田選手、橋本選手、加治前選手、隠善選手など) 若手選手が育っていないという現状を取り上げた。 しかし、23歳以下の若手外野手(全員が育成選手)を見ると、 190cmの長江選手(23歳)、185cmの青山選手(23歳)、 184cmの高橋洸選手(21歳)、180cmの......続きを読む»

ジャイアンツ新人テスト、過去2年の結果と実際の指名

 ジャイアンツの新人テストが、21日、ジャイアンツ球場で 行われた。今年は73人(投手33人、捕手2人、内野手18人、 外野手20人)が受験した。例年、受験者の内、2次テストの 実技試験を通過できるのは、多くても1/10程度。  今回の新人テストで注目を集めたのは、2次テストの通過者 6人の中に、川相ヘッドコーチの次男、川相拓也選手が 含まれているとの報道があったからだ。報道によると、......続きを読む»

ジャイアンツ若手外野手の現状と可能性

 9/1、『ジャイアンツ2軍。来シーズンは内野に続いて外野も 新しい世代へ?』という内容を投稿した。  ここ2・3年のドラフトで若手選手が加わった内野に比べ、 メンバーが固定され、若手選手が育っていない外野手。  今シーズンは、橋本選手が1軍に定着し、レギュラーとして 頑張っているが、さらに若手外野手の台頭が望まれるところだ。  9/1のブログでも書いたように、ジャイアンツの外野は大学......続きを読む»

ジャイアンツ支配下登録、有力は和田凌太選手、ダークホースは青山誠選手

 ジャイアンツの開幕1軍メンバー28人が発表となりました。 2カード目に先発予定の先発投手2人が登録されていないので、 投手11人、野手17人という内訳です。  2カード目にセドン投手、宮國投手が登録される予定なので、 それに合わせて投手1人、野手1人が2軍に降格となるでしょう。  1軍の情報はここまでにして、2軍の話題に移りたいと思います。 現在、ジャイアンツの支配下登録選手数は64人......続きを読む»

ジャイアンツ育成1位・青山誠選手、大学の先輩2人に続くことが出来るか

 昨年のドラフトでジャイアンツの育成1位に指名されたのが 青山誠選手だ。青山選手は、ジャイアンツでレギュラーを務める 村田選手、長野選手と同じ日本大学野球部出身だ。  兵庫県の名門・育英高校から日大に進学。高校時代には、3年の夏 の県大会決勝で敗れ、甲子園大会に出場することは出来なかった。  そして、進学した日大でもレギュラーに定着することが出来ず、 ようやくレギュラーを掴んだのが、4年......続きを読む»

今年のドラフトは、今のジャイアンツだからこそ出来た指名だった

 プロ野球ファン注目のドラフトから1日が経ちました。 1位の石川投手を外し、外れ1位で小林選手を指名したことに ついては、人によっていろいろな見方があると思います。  外れ1位で即戦力の投手を指名するべきだったという人、 捕手を指名するなら高校や大学の将来性のある捕手を 指名したほうが良かったのではという意見もあるかもしれません。  我々ファンが外からチームを見るのと、チーム内の人たちが......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconekimaegogo

地方在住のため、ジャイアンツ戦は
主にテレビ観戦。
また、メジャーもヤンキースを中心に
チェックしています。

記事の閲覧がし易いように、カテゴリーを
トピック毎、選手毎に分類しています。
  • 昨日のページビュー:1070
  • 累計のページビュー:17519719

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジャイアンツ移籍後、対照的な選手生活を歩んだ2人
  2. お前もか 10人に戦力外通告
  3. 大田泰示と重なる1989年ドラフト3位・吉岡雄二
  4. ジャイアンツ新人テスト、過去2年の結果と実際の指名
  5. 2軍降格後、小林誠司がマスクを被った4試合
  6. 12球団合同トライアウトでジャイアンツの補強ポイントに合う選手はいるか?
  7. 派手さはないが、ジャイアンツの指名意図を感じるドラフトだった
  8. 5冠達成の翌日にトレード第2弾発覚!
  9. ドラフトを考える1:各球団の本塁打数上位3名から見る高卒選手の期待度
  10. ジャイアンツ、1980年、1981年、1982年、ドラフト指名された選手の凄さ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss