頑張れ!ジャイアンツ 2017

U-18野球W杯、日本代表が10対1でメキシコに勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-18野球W杯、日本代表が10対1でメキシコに勝利した。

今年のチームは、昨年、第11回 BFA U-18アジア選手権に

出場した高校日本代表に比べ、投手力は劣るかもしれないが、

ドラフト上位で指名される可能性のある野手が揃っている。

 メキシコとの試合でも、ファースト・清宮幸太郎(早稲田実業)、

キャッチャー・中村奨成(広陵)、サード・安田尚憲(履正社)

レフト・増田珠(横浜)とドラフト上位候補がスタメン出場した。

 ただ、初戦のメキシコ戦で目立っていたのは、ドラフト上位候補の

選手たちではなく、2年生のライト・藤原恭大(大阪桐蔭)とセカンドで

出場した井上大成(日大三)の2人。藤原恭大(大阪桐蔭)は

2回表・満塁の場面で走者一掃の2塁打を放った。今回のチームは

3年生主体なのだが、藤原恭大(大阪桐蔭)と小園海斗(報徳学園)

の2人だけが2年生だ。両選手とも、スピードのある選手なので

将来が楽しみだ。そして、メキシコ戦で打撃が光っていたのは

井上大成(日大三)だ。日大三ではサードを守っているようだが、

日本代表ではセカンドで起用されている。7回表にライトに3ランを

放ったのだが、体はそれほど大きくないが、振りがシャープで

将来が楽しみな選手だ。これからの試合でどんなパフォーマンスを

見せてくれるのか楽しみだ。ドラフト上位候補の選手が注目される中、

今後の活躍によっては、ドラフトで注目される選手の一人となる

かもしれない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ドラフト
プロ野球・アマチュア野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

植田(盛岡大付)はアルトゥーヴェと同じ165cm 勝利MLBを目指してはどうか!高め直球を引っ叩け!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

U-18野球ワールドカップ:米国はMLBドラフト全体1、3,4,7位候補含む鳥肌モノの超大物がズラリ!日米決勝再び!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

野球U-18・ワールドカップ。注目選手の守備力は?【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

ブロガープロフィール

profile-iconekimaegogo

地方在住のため、ジャイアンツ戦は
主にテレビ観戦。
また、メジャーもヤンキースを中心に
チェックしています。

記事の閲覧がし易いように、カテゴリーを
トピック毎、選手毎に分類しています。
  • 昨日のページビュー:6560
  • 累計のページビュー:17301186

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジャイアンツ移籍後、対照的な選手生活を歩んだ2人
  2. お前もか 10人に戦力外通告
  3. 大田泰示と重なる1989年ドラフト3位・吉岡雄二
  4. ジャイアンツ新人テスト、過去2年の結果と実際の指名
  5. 2軍降格後、小林誠司がマスクを被った4試合
  6. 12球団合同トライアウトでジャイアンツの補強ポイントに合う選手はいるか?
  7. 派手さはないが、ジャイアンツの指名意図を感じるドラフトだった
  8. 5冠達成の翌日にトレード第2弾発覚!
  9. ドラフトを考える1:各球団の本塁打数上位3名から見る高卒選手の期待度
  10. ジャイアンツ、1980年、1981年、1982年、ドラフト指名された選手の凄さ

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss