頑張れ!ジャイアンツ 2017

ジャイアンツ、3月に入り1軍昇格する内野手は誰だ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ジャイアンツ、セカンドスタメン争い。今後、どんな展開に?』

というタイトルで25日にブログを書いたのだが、今日のスポーツ紙で

ケイシー・マギー内野手のセカンド挑戦が記事になっている。

 井端弘和内野守備走塁コーチのコメントを見る限り、緊急時

の対応のためにセカンドの守備を練習させたようだ。

オープン戦で打線がつながらないとはいえ、マギー内野手の

セカンド起用はギャンブルすぎる。

 1軍帯同している山本泰寛内野手が、太ももを故障したことや

WBC代表として坂本勇人内野手、ルイス・クルーズ内野手が

不在ということを考えると、3月に入ってオープン戦が本格化

する時には、2軍から最低でも1名、内野手をあげるのでは

ないだろうか。ただ、現状、外野手の立岡宗一郎選手がセカンド

で起用されることも多いことから、外野の補充も考えられる

のだが。

 現在の2軍の選手起用を見ると、セカンドには寺内崇幸内野手、

脇谷亮太内野手、中井大介内野手、藤村大介内野手といった選手

が使われている。高橋由伸監督が1軍昇格させる場合、この4人の中

からどの選手を選ぶのか? 個人的には、育成の増田大輝内野手が

1軍でどの程度のプレーができるのか見てみたいのだが、現実的に

考えると少し無理があるだろうか。

今シーズンは、WBCの影響で開幕が3/31と通常のシーズン

より遅く設定されている。開幕が遅れることで、ドラフト1位

の吉川尚輝内野手や片岡治大内野手が開幕に間に合う可能性もある。

3/31の中日戦。セカンドを守るのはどの選手か?

現状では、全く予想がつかない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ジャイアンツ
2軍、3軍
春季キャンプ、オープン戦
片岡治大
寺内崇幸
藤村大介
吉川尚輝
中井大介
脇谷亮太
増田大輝
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

中日・好調な中での心配事【がんばれドラゴンズ!】

* あ!マギー選手がセカンド。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

髙山はフル出場できるのか。後はキャンベルについて少し。【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

「背番号21」2年連続ではく奪の危機。【辛口G党の巨人軍改革委員会】

田口も岡本も・・一歩目を踏み出さなければ二歩目も三歩目もないのだ【NO NAME】

[ジャイアンツ愛] 由伸監督のインタビューから見えてくるもの(感じるもの)【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

オープン戦開幕【プロ野球の底力】

ジャイアンツ、セカンドスタメン争い。今後、どんな展開に?【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

ブロガープロフィール

profile-iconekimaegogo

地方在住のため、ジャイアンツ戦は
主にテレビ観戦。
また、メジャーもヤンキースを中心に
チェックしています。

記事の閲覧がし易いように、カテゴリーを
トピック毎、選手毎に分類しています。
  • 昨日のページビュー:9106
  • 累計のページビュー:16977484

(06月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジャイアンツ移籍後、対照的な選手生活を歩んだ2人
  2. お前もか 10人に戦力外通告
  3. 大田泰示と重なる1989年ドラフト3位・吉岡雄二
  4. ジャイアンツ新人テスト、過去2年の結果と実際の指名
  5. 2軍降格後、小林誠司がマスクを被った4試合
  6. 12球団合同トライアウトでジャイアンツの補強ポイントに合う選手はいるか?
  7. 派手さはないが、ジャイアンツの指名意図を感じるドラフトだった
  8. 5冠達成の翌日にトレード第2弾発覚!
  9. ドラフトを考える1:各球団の本塁打数上位3名から見る高卒選手の期待度
  10. ジャイアンツ、1980年、1981年、1982年、ドラフト指名された選手の凄さ

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss