頑張れ!ジャイアンツ 2017

ジャイアンツ3軍で鍛える宇佐見真吾 。来シーズンは1軍での活躍を期待

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年のドラフト4位・宇佐見真吾選手。

大学時代には、2015年夏季ユニバーシアード野球日本代表

に選出されたジャイアンツ期待の捕手だ。

長打力のある打撃と強肩が評価されており、ジャイアンツ入団時は

阿部慎之助選手のように打てる捕手としての期待も高かった。

このブログでも1年目から小林誠司選手と正捕手争いをする

のではないか、と書いた記憶がある。

だが、プロの世界は甘くはなかった。

阿部慎之助選手は、1年目から1軍で正捕手として起用され、

その期待に応える活躍をしたが、宇佐見真吾選手に同じような

活躍を期待をするのは酷だったようだ。1年目のシーズンを2軍で

スタートした宇佐見真吾選手は、イースタン・リーグ公式戦開幕後は、

鬼屋敷正人選手、河野元貴選手、加藤健選手らと併用されては

いたものの、6月後半の段階では、若手選手の中で最も多くの

出場機会を得ていた。

それからも宇佐見真吾選手に対する首脳陣の期待の高さが伺える。

ただ、7月に入ると、小林誠司選手が2軍で調整していた時期も

重なったことから徐々に出場機会を減らしていった。

そして、7月後半、3軍で出場していた田中貴也選手と入れ替わる

形で3軍へとプレーの舞台を移すことになった。

結果的に2軍から3軍へと降格した形の宇佐見真吾選手だが、

出場機会を増やすという点では、プラスに働くのではないかと

考えている。

現在のジャイアンツ2軍は、鬼屋敷正人選手、河野元貴選手に

加え、ベテランの相川亮二選手、加藤健選手、それに3軍から

昇格した田中貴也選手がいることから、捕手の出場機会は

限られてしまう。宇佐見真吾選手が2軍に帯同していたと

しても、2軍での出場機会は滅多になかったと思う。

それに対し、3軍は、宇佐見真吾選手、小林大誠選手、松崎啄也選手

の3人を捕手として起用していることから、2軍よりも多くの

出場機会を得ることができる。

宇佐見真吾選手は、8月に入って、8/2のフューチャーズ戦を含め、

13試合に出場している。スタメン捕手で出場した試合が8試合。

試合途中から捕手として出場した試合が3試合。指名打者として

出場した試合が2試合だ。宇佐見真吾選手は、8月に行なわれた

3軍の試合全てに出場している。

2軍にいた約4カ月で出場した試合は34試合だったが、3軍に

来てからの約1か月で16試合に出場している。

2軍と3軍ではレベルの違いがあるが、捕手としての経験を

必要としている宇佐見真吾選手にとっては、3軍の環境のほうが

合っていると思う。今シーズンは、3軍でシーズンを終えること

になるかもしれないが、3軍で多くの実戦経験を積むことや

プロ入りを夢見て懸命なプレーを続ける独立リーグの選手との

試合経験は、今後のプロ人生で大いに役立つはずだ。   今シーズン、3年目の小林誠司選手が正捕手としての安定感を

見せ始めているが、小林選手と1軍の正捕手を争うレベルの

若手捕手がいないことがジャイアンツの課題だ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ジャイアンツ
2軍、3軍
小林誠司
宇佐見真吾
河野元貴
鬼屋敷正人
田中貴也
タグ:
宇佐見真吾

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

その1球をこれからの糧にして欲しい【燃えよ!ドラゴンズ ~リベンジ!!】

未来は僕等の手の中 大竹寛 編【プロ野球死亡遊戯】

天王山第二ラウンドは辛勝!!【南の島からホークスを応援する】

ジャイアンツ 阿部 4番の仕事。【YGマークを追いかけて・・・】

8月19日(金)対タイガース@東京ドーム【首都圏5球場巨人戦観戦記】

【巨人vs阪神 第17回戦】男・村田が攻守で活躍中!?ジャイアンツ、初回の攻めがジワジワ効いてメッセを攻略!!【孤独のプロ野球】

8/19 巨 6-3 阪→ 相性対決で勝利した形だけど、結局は阿部が打てば勝てるってことか【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

ジャイアンツ。1軍のセンターを巡り、2軍でも試行錯誤が続く【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

ブロガープロフィール

profile-iconekimaegogo

地方在住のため、ジャイアンツ戦は
主にテレビ観戦。
また、メジャーもヤンキースを中心に
チェックしています。

記事の閲覧がし易いように、カテゴリーを
トピック毎、選手毎に分類しています。
  • 昨日のページビュー:2143
  • 累計のページビュー:17361580

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジャイアンツ移籍後、対照的な選手生活を歩んだ2人
  2. お前もか 10人に戦力外通告
  3. 大田泰示と重なる1989年ドラフト3位・吉岡雄二
  4. ジャイアンツ新人テスト、過去2年の結果と実際の指名
  5. 2軍降格後、小林誠司がマスクを被った4試合
  6. 12球団合同トライアウトでジャイアンツの補強ポイントに合う選手はいるか?
  7. 派手さはないが、ジャイアンツの指名意図を感じるドラフトだった
  8. 5冠達成の翌日にトレード第2弾発覚!
  9. ドラフトを考える1:各球団の本塁打数上位3名から見る高卒選手の期待度
  10. ジャイアンツ、1980年、1981年、1982年、ドラフト指名された選手の凄さ

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss