el futbol ecuatoriano desde japon (エクアドルサッカーNEWS)

【W杯南米予選】エクアドル、チリに辛勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

'FIFAワールドカップ2010 南米予選第9節 エクアドル×チリ
[2008年10月12日17:00 エスタディオ・オリンピコ・アタワルパ(キト)]

 とりま、勝ち点3をとって総勝ち点を12とし、ウルグアイとタイの5位に並べて予選前半戦を折り返すことができた。前回予選ではこの時点で勝ち点13だったので、悪くはない流れといえる。

 試合は、相手が開始20分弱で10人となったこともあり、全体的にエクアドルペースであったが、なかなかゴールマウスを割ることが出来なかった。70分にコーナーキックからの混戦に乗じてベニテスがやっと決めることが出来たものの、結局得点はそれのみであった。

 いわゆる“決定力不足”状態だが、中盤・サイドから崩す場面も多く見られるし、ただFWの調子が良くなかったということにしておきたい。次戦は同月15日にアウェーでベネズエラと対戦する。ちなみに前回大会は同カードで1-3と敗退しているので、是非リベンジしてもらいたい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
W杯南米予選
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

コメントありがとうございます!

お久しぶりです!

そうですね。バレンシア、ベニテスの欠場は痛いですよね。特にベニテスの代わりがボルハになったら得点力の低下は否めません。
しかし、セバジョス、メンデス、ミナの出場停止からの復帰は心強いです。

しかし、開幕直後の低迷振りを振り返ればよくここまで巻き返してきたものだと思います。
17節、18節は本当に重要な試合になると思います。今後は堅実に勝ち点を積み重ねてもらいたいですね。

【W杯南米予選】エクアドル、チリに辛勝

観客席しか映さない(!!)テレビ中継で試合終了後に、ゴールシーンを見ましたが、技ありのコーナーキックでしたね。

早いものでワールドカップ南米予選も折り返し時点に来て、パラグアイが好調を維持し、ブラジル・アルゼンチンも地力を発揮し始めたようで。

一方コロンビアは開幕ダッシュに成功したが、このところ急ブレーキですね。

エクアドルとしては、できるだけ有利な立場で第十七節のウルグアイ戦、最終節のチリ戦を迎えたいところ。

ベネズエラ戦は、バレンシアとベニテスが出場停止。El Comercio紙は「彼らはベネズエ
ラ戦に出場したくなかったのだろうか」と皮肉っています。
」。カスティージョの怪我も気がかりです。

引き分けではなく、あくまで勝ちを狙うとすれば、2トップはカイセドとボルハになるでしょうか。

こんな記事も読みたい

なでしこリーグ結果【「なでしこっ!」 女子サッカーを応援します。 】

最終節を勝利で締める【慶應義塾大学「慶應スポーツ新聞会」】

解任のタイミング【ボールは友達】

ブロガープロフィール

profile-iconecuadorfutbol

エクアドルのサッカー大好きです
連絡先:jusuke.iあっとまーくgmail.com
※お手数おかけしますが、迷惑メール対策のため、平仮名を適切な記号に直してください
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:220807

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バレンシアがマンUの7番に/ゲロンが中国へ
  2. エクアドル人が欧州リーグへ続々と
  3. “チューチョ”の死
  4. 黄金世代が国会議員へ!?
  5. エクアドルのブラジルW杯について
  6. マンソ、驚きの移籍先
  7. 【南米予選第17節】エクアドル×ウルグアイ
  8. 【南米予選第8節】対ウルグアイ
  9. “チューチョ”ベニテスが死去・・・
  10. 【南米予選第9節】エクアドル×チリの結果

月別アーカイブ

2015
11
10
2014
07
06
2013
12
10
07
03
2012
11
10
09
07
06
2011
12
10
05
2010
12
11
10
08
07
06
05
04
03
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss