el futbol ecuatoriano desde japon (エクアドルサッカーNEWS)

エクアドルのブラジルW杯について

このエントリーをはてなブックマークに追加

更新が遅れましたが、エクアドルは2大会ぶりにW杯出場を決めました。グループリーグではE組に入り、フランス、スイス、ホンジュラスと同組になりました。

この3チームについてはよく知りませんので私自身何とも言えません。ただ、この組み合わせを見た時、一種の既視感を覚えました。2006年のドイツW杯ではグループリーグで欧州の強国ドイツ、欧州の中堅ポーランド、北中米の中堅コスタリカと対戦しましたが、今回もまさに、欧州の強豪、欧州の中堅、北中米の中堅だからです。ちなみにドイツ大会グループリーグの結果を改めておさらいすると、以下となっています。
 1試合目:対ポーランド 2-0で勝利
 2試合目:対コスタリカ 3-0で勝利 →グループ2位以上を確定
 3試合目:対ドイツ 0-3で敗戦
これが初戦もしくは2戦目でドイツと戦っていたら結果はまた違ったものになっていたかもしれません。今回も初戦はスイス、次戦はホンジュラス相手であり、フランスとの試合を最後にできるという点では日程にも恵まれたかもしれません。

ただ、だからといってグループリーグ突破が簡単だというつもりは毛頭ありません。2006年と比べて今回は以下の点で違いがあります。

・選手の国際経験の薄さ
前回は74年生まれの黄金世代であるデルガド、ウルタド、デ・ラ・クルスがちょうどキャリアハイを迎えるタイミングでありました。他にもエスピノサやカビエデス、カルロス・テノリオ、レアスコなど国際経験豊かな選手が揃っていました。今回のチームは、世代交代が進んだ結果なので仕方ない面もありますが、国際経験の薄さが気になります。

・FWの層の薄さ
不動のエースだったベニテスが亡くなって以降、カイセドの相棒ストライカーがなかなか固定できずにいます。候補としてはハイメ・アジョビやエンネル・バレンシア、ホアオ・ロハスなのでしょうが、ベニテスと比較すると正直劣ります。この点、本大会までにルエダ監督がどのように調整するか期待しましょう。

・戦術のパターンの脆弱さ
前回出場時は、曲がりなりにもデ・ラ・クルスを中心とした右サイドからの攻撃が柱となっており、ドイツ大会の5得点中4得点が右サイドの攻撃から生まれています。今回もバレンシアという世界最高クラスのウインガーがいるものの、戦術に活きているかといえば疑問符が付きます。

とはいえ、カイセドをはじめ、モンテーロ、バレンシアを要する攻撃陣には可能性を感じますので、ぜひ今回も最低でもグループリーグ突破を目標に戦ってもらいたいものです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
代表関連
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ヤヤ・トゥーレのキック【イビツ・オツムの独り言】

特別企画第2弾!ブラジル代表!!【暇人の暇つぶし。】

2012年~ 新戦力と守備の安定【日本平に歓喜を】

ブロガープロフィール

profile-iconecuadorfutbol

エクアドルのサッカー大好きです
連絡先:jusuke.iあっとまーくgmail.com
※お手数おかけしますが、迷惑メール対策のため、平仮名を適切な記号に直してください
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:220760

(09月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バレンシアがマンUの7番に/ゲロンが中国へ
  2. エクアドル人が欧州リーグへ続々と
  3. “チューチョ”の死
  4. 黄金世代が国会議員へ!?
  5. エクアドルのブラジルW杯について
  6. マンソ、驚きの移籍先
  7. 【南米予選第17節】エクアドル×ウルグアイ
  8. 【南米予選第8節】対ウルグアイ
  9. “チューチョ”ベニテスが死去・・・
  10. 【南米予選第9節】エクアドル×チリの結果

月別アーカイブ

2015
11
10
2014
07
06
2013
12
10
07
03
2012
11
10
09
07
06
2011
12
10
05
2010
12
11
10
08
07
06
05
04
03
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss