el futbol ecuatoriano desde japon (エクアドルサッカーNEWS)

【南米予選第5節】「負ける勇気」…アルゼンチン戦の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加

 お久しぶりです。なかなか更新できなくて申し訳ありません。でも、先ほど終了したW杯南米予選アルゼンチン戦はばっちり見ましたよ。結果は私の口から言うまでもありませんので思ったことを述べます。

とりあえずはフォーメーションです。

             ベニテス
                         (84'R・イバラ)
   スアレス              バレンシア
 (46'モンテーロ)
      キニョネス      サリタマ
                                  (39'J・アジョビ)
              ノボア

  W・アジョビ                アチリエル
        カンポス     グアグア

             ドミンゲス


ベニテスが実質1トップの3ボランチです。

「守備的」は正しいのか
 失点はアグエロ、メッシ、イグアイン、ディマリアのゴールに依るものです。この面子、今現在世界で最高クラスです。ただでさえ強力な攻撃陣でも今回のタレント力は異常ともいえます。

 そんな中、ルエダ監督は守備的戦術を採用しました。結果として唯一の攻撃のキーマンであるバレンシアがマークされ、ベニテスが孤立し、ほぼ攻撃らしい攻撃をさせてもらえませんでした。確かに0点で抑えて引き分けにできたら御の字です。でも1点取られたら終わりです。得点できる気配が全くといいほどなかったのですから。

 「負けたくないから失点を抑えるために守りを重視する」という意識はもちろん大事です。でも、「負けるリスクは高まるが勝つために攻める」という意識がもっと上位に来てもいいシチュエーションはあると思います。今日はその典型でした。ブラジルのいない今大会、アウェーでのアルゼンチン戦は勝つのも引き分けるのも全カード中、最も困難な試合です。普通にやって勝てないなら何らかのリスクを負うべきです。

 今日は「負ける勇気」を持てなかったルエダ監督の戦術的ミスでしょう。負けても仕方ない試合なら、攻めて散った方がいい。散っても攻め続けたらいつかは勝てます。でも守り続けたらいつまでも勝てません。

メンバー固定のツケ
 今日の試合、ディフェンスにおける世代交代の失敗が露呈しました。CBのグアグア、カンポスは決して能力が低い選手ではありません。特にカンポスはリガ・デ・キト時代、2008年のリベルタドーレス杯制覇の功労者のひとりです。でもかつての鉄板だった、ウルタド、エスピノサのコンビと比べると見劣りするのは明らかです。キーパーのセバジョスも含め、この3人が90-00年代のエクアドルサッカー黄金期の勃興を守備面で支えたのは疑いの余地はありません。が、あまりにも頼りすぎました。昨今のエクアドルには守備においてかつてあった安心感が全くありません。改革が急務です。

前線を活かして
 しかし、改革と一口に言ってもタレントがいなければなかなか困難です。正直、守備面での目ぼしいタレントは見当たりませんが、攻撃陣は違います。バレンシア、モンテーロ、ベニテス、レナト・イバラ、ハイメ・アジョビ、ノボア、ルエダ監督との確執で召集されないカイセド等、粒揃いです。攻撃は最大の防御とよく言いますが、守備が弱いなら、アドバンテージを有する攻撃陣に「防御」を頼むこともひとつの手です。 

良かった選手・悪かった選手
 アチリエルは右サイドからの猛攻をよく防いでいたと思います。攻撃力はイマイチですが守備は信頼できそうです。バレンシアはユナイテッドでは黒子として大活躍してますが、代表では黒子では駄目です。国を代表する大スターなわけですからもっとグイグイとチームを引っ張らないと。ターゲットがいないなら「俺に任せろ」と言わんばかりの強引なシュートを打つような場面が見たいです。




長々と書きましたが、気を取り直して来週のコロンビア戦は是非勝ち点3をお願いします!よろしく、ルエダ監督!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
W杯南米予選
タグ:
アルゼンチン
エクアドル
南米予選

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【南米予選第5節】「負ける勇気」…アルゼンチン戦の感想

>南米のヒロさん

こんにちは、はじめまして。コメント有難うございます。

今回の南米予選は本当にどこも力をつけてきており、手が抜けません。
まだまだ長いですが、このブログもエクアドルのことも応援してやってください!

【南米予選第5節】「負ける勇気」…アルゼンチン戦の感想

初めまして! 南米のヒロです。
ずっと前からあなたのブログを拝見していたのですが、コメントさせて頂きます。

今回、エクアドルが大敗してしまったことは仕方のないことだと思います。なぜならメッシが凄すぎるからです。とはいえ、今回の南米予選はかつてない厳しさ。エクアドルが出場してもおかしくないと思います。

こんな記事も読みたい

決戦前夜の期待と。【Football Beautiful】【物書き屋のサッカーを笑うな】

最終予選なわけだが【蹴球梵天】

快適すぎる夜の一抹の不安、オマーン戦。【サッカー鍋【石に立つ矢】】

ブロガープロフィール

profile-iconecuadorfutbol

エクアドルのサッカー大好きです
連絡先:jusuke.iあっとまーくgmail.com
※お手数おかけしますが、迷惑メール対策のため、平仮名を適切な記号に直してください
  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:220783

(10月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バレンシアがマンUの7番に/ゲロンが中国へ
  2. エクアドル人が欧州リーグへ続々と
  3. “チューチョ”の死
  4. 黄金世代が国会議員へ!?
  5. エクアドルのブラジルW杯について
  6. マンソ、驚きの移籍先
  7. 【南米予選第17節】エクアドル×ウルグアイ
  8. 【南米予選第8節】対ウルグアイ
  9. “チューチョ”ベニテスが死去・・・
  10. 【南米予選第9節】エクアドル×チリの結果

月別アーカイブ

2015
11
10
2014
07
06
2013
12
10
07
03
2012
11
10
09
07
06
2011
12
10
05
2010
12
11
10
08
07
06
05
04
03
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss