ドラゴンベースボール

今年はどうなるセリーグ順位予想!今年は難しいがとにかく決めました

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年は全くわかりません その理由はどのチームも問題が有ると言う事で、問題が有るのは当然なんですが、それによって順位が大きく変わって来る様な問題だという事 結局問題とプラス要素の差し引きで考えてみるのですが、読めない事が多すぎるという事ですね

個人的な見るポイントとしては、 ①先発投手(数、どうやって143試合を回すか、評価) ②中継ぎ、セットアッパー、抑え ③捕手、野手、控え ④打線(全体と個人) ⑤チームの戦い方、投打のバランスなど

まぁ当たり前といえば当たり前だと思いますが、主な主力選手だけでシーズンを乗り切る事はまず無理で、怪我や不調も有るのは当然だと思いますので、チーム全体を見て予想して行きたいと思っています それでも予想外の事が起こるのが、ペナントの面白い所 最後はどうなるのかわからない、今年は特にそんなシーズンになりそうです 故に今年は難しいですし、自信も無い(笑) 優勝チームや最下位チーム、CS争いすら自信が無い・・・言い訳っぽいですが、多分皆さんそう思ってるんじゃないでしょうか

先ずは毎年恒例では有りますが、中日は優勝という事で始めましょう 皆さんそうですが、贔屓チーム以外を予想するのが決まりでお約束という事でお許し下さい と思いましたが、今年はちょっと変えていこうと思いました 今年は最下位からの出発にしてみました 勿論気持ちは優勝だと思っていますが、この方がリアルですしね(笑) 毎年予想してみてるんですが、優勝予想から下がっていくより最下位から上がっていく方が嬉しいのではと思っていましたから 今年はドラゴンズファンには申し訳ありませんが、ここからのスタートとさせてもらいます

1:阪神タイガース 2:DeNAベイスターズ 3:広島カープ 4:ヤクルトスワローズ 5:読売ジャイアンツ 6:中日ドラゴンズ

としておきます これも書きながらヤクルトの順位が下がったり、DeNAと広島を入れ替えたりと色々変わってしまう位微妙でほんとわかりません

先ずは阪神タイガース 鳥谷が移籍しなかったことが何より大きい ショートで3番でキャプテンも勤める男の代わりなんて居るわけがありません 誰かがショートを守って主軸を打てばいという問題では無いということで、これはどの補強よりも良かったと思います そしてエース、ストッパー、主軸を打つ二人が助っ人というこれぞ助っ人というチーム構成で皆が2年以上の経験者で計算できる事 先発もしっかり揃っていて抑えもしっかりしている事、捕手も問題無く、守備の不安も特に無い事など気になる所がありません ドラフトでもしっかり補強出来でおり、若干不安のあった中継ぎ陣も大きな問題が無く、先発投手の完投能力も高い上に左右のバランスも悪くない、これで補強、補強と言っていた球団は、どんだけ不安なんだと今となれば思えるくらいです キーマンとしては、やはり鳥谷、抑えの呉、ゴメスですかね この選手の代わりは居ないという選手ですが、彼らが怪我不振だと状況が変わるかもしれません にしても大きく変わるというほどではなく、バックアップも心配ない程度は居ると思います 機動力があまり無いのと大きいのが打てるのがゴメス頼りでは有りますが、それも問題というほどでは有りませんしね とにかく先発の能力が良い メッセンジャーは最多勝候補、能見、藤浪も二桁でローテは守りそう、岩田、岩崎、岩本の三枚岩に岩貞、榎田、今年の新人の石崎、横山と候補はずらりとおりますので、1年間を戦い抜く投手陣は揃っていると思います 後は監督の迷采配とファンの暴動さえなければ優勝に一番近いんじゃないかと思います

2位はDeNAベイスターズ ブランコが抜けましたが、ロペスが入りあまり戦力ダウンにはなりませんでした バルディリス、グリエル、ロペスと先発のモスコーソ、抑え候補のエレラと一人落とさなきゃいけないですが、それでも誰かが怪我や不調でもバックアップできる体制でもありこれも長いシーズンを戦うには大切なことだと思います そして先発投手ですが、久保、井納、山口、モスコーソ、三浦、三嶋、高崎・・・と名前がどんどん出てきます 個人的には三嶋がチェンジアップを覚え、今年は去年以上というかしっかり戦力となる気がしますし、それが非常に大きいと思います 三浦が高齢でフルに働け無いとしても充分1年間は戦えますし、先発だけ見れば、阪神にも劣らない優秀な先発陣だと思います 問題は中継ぎと抑えでしょう 国吉、エレラがどうなのかという不安が有るのが、この順位にした理由でも有りますが、中継ぎ以降も磐石なら優勝も夢ではないと思います もともと打線は非常に攻撃力もあり機動力もあるバランスの良い打線でしたが、筒香が安定感を増した事でより恐い打線になりました 関根や倉本などの若い選手も出てきておりますし、打線は阪神以上かもしれませんので、そちらで打ち勝つ試合も多いでしょうし投手も思い切って投げられる事でしょう あとは捕手が怪我や不調の時に薄い事、自由契約になりロッテに移籍したチェンを見て、あの投手を自由契約にした首脳陣と育てられなかったコーチへの不安が有り、投手陣野手陣が本来の力を発揮できない時にしっかりコーチングし早めに戻すことが出来るのかという若干の不安も有ります しかし中畑監督も経験を積み、監督としての貫禄も出てきましたのでチームとしても良い状態で戦えるんじゃないかと思っています 去年はヤクルト戦で大きく勝ち越し、阪神、広島、中日に負け越しと得意と苦手が分かれました この苦手を投手力が良くなったことで克服できれば順位も上がってくるでしょう

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

今年はどうなるセリーグ順位予想!今年は難しいがとにかく決めました

中日ファンの方ですかね?
大丈夫です!余裕が有っての最下位予想ですよ(笑)
優勝も狙えると思っています

今年はどうなるセリーグ順位予想!今年は難しいがとにかく決めました

コメントありがとうございます
阪神は隙が無いですよね・・・
ナゴヤドームで勝てないと大きく負け越す可能性がありますから
今年もナゴヤドームマジックで苦手意識を植え付けられればと思っております
正直、難くせをつける所が見つかりませんが、無理やり探すなら来年は補強補強と騒がず、どっしり構えたオフを過ごしていただきたい(笑)
まぁどこまで行っても不安なのはどのチームも同じなんでしょうが(笑)
高橋順平君は渡しませんよ!

今年はどうなるセリーグ順位予想!今年は難しいがとにかく決めました

コメント有難うございます
おしゃる通り、モスコーソが前半使えない投手だったのが、後半急に良くなったのには驚きました
山口の変化もびっくりしましたし、そう見るとコーチ陣の指導は大丈夫なのかもしれませんね
チェンをみて外国人枠とかの問題があったとしても、貴重な左腕でしかもまだ若い、2.3年後に目処が立てば充分という意見にならなかったのかと疑問になりましたし、少数精鋭の中に入れてもいい位なんじゃないかと疑問になった次第であります
まぁチェンにとっては活躍の場が与えられた事で良かったですし、ベイスターズも問題ない位の駒が揃っていますので良かったんでしょう
中日に欲しかった・・・というのが本音ですが

今年はCS狙いではなく、優勝を狙えるチームだと思っていますので中日も去年のようには行かないのではと不安に思っています
それには三浦への苦手意識を払拭しなきゃですね

今年はどうなるセリーグ順位予想!今年は難しいがとにかく決めました

それでは、這い上がっていく姿に
期待しますか(^^

こんな記事も読みたい

ゴメスに焦りが…【虎番日記】

ジャイアンツ、開幕スタメンマスクは相川、それとも小林か【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

フレセペ!@3/21【三ヵ国の至宝集結】【オレンジの帆風】

ブロガープロフィール

profile-icondyingbleed

選手の敬称は年齢等に関わらず、一律無しで書かせていただきます
首脳陣に関しましては役職を、OB、解説者等に関しましては一応付けさせていただきます

ツイッター
やったこと有りませんが何故か登録

https://twitter.com/gifubenn
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:6743688

(01月16日現在)

関連サイト:gifubenn

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ドラフト予想 No.2 各球団の1位も予想してみましょう
  2. 井端の契約についてはこんな事だと推測します 
  3. 解説の達川氏が言い放った中日暗黒時代の幕開けとは
  4. 先ずは12球団ドラフト予想!今年は不作?人気集中?いやいや気になる選手がテンコ盛りです 各球団3位まで完全妄想シミュレーションしてみました 
  5. 今年はどうなるセリーグ順位予想!今年は難しいがとにかく決めました
  6. 大島と平田は特別な選手である。球団もいい加減に自分達がずれている事に気づいた方がいいと思う
  7. やっぱりでたか・・・第二次戦力外は、背番号3を背負った男 思わず出た「何やってんだ!」という言葉
  8. 2017 ドラフト会議 最終指名予想
  9. 2017年ドラフト会議 指名予想
  10. ソフトバンク→中日 亀沢を獲得!?えっ亀沢って誰?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
2015
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss