SOCCER NEWS

レッズに漂う停滞感

このエントリーをはてなブックマークに追加

'
「私はプロのチームの監督で、相手もプロ。子どものサッカーではない」

試合後、語気を強めてそう話したペトロビッチ監督の言葉がこの一戦を端的に言い表している。ペトロビッチ監督は仙台のことをよく研究し、手倉森監督もまた浦和のことをよく理解していた。結果としてこう着状態の目立つ試合となったが、自分たちの長所を生かそうと試みながら相手の特徴を封じる、両チームともそういう戦い方をしようとしていたのがよく分かった。

エンターテイメントという意味では、あるいは少し物足りない内容だったのかもしれないが、動かない展開のなかでもそれぞれの思惑がぶつかる静かで緊迫感のある戦いがあった。両監督は勝利を目指しながらも、同時に絶対に負けてはいけない試合だということを念頭に置きながら戦った。チャレンジとリスクを天秤にかけ、現在置かれている状況を考え、互いに相手をリスペクトした上で戦った。それはまさに“大人のサッカー”だった。'




6.23ベガルタ戦

何か月かぶりにホーム参戦。当日まで予定の調整がつかなくて、当日券買っちゃった。基本的にアッパーで一人で観るのが好きな私は、気候も良くサッカー観戦日和でした。ボーイズの試合なんて観ちゃったり。

で。

題名の通り、レッズのチーム内にはある種の停滞感が蔓延していると思います。それは決してネガティブな部分ばかりではないです。選手が比較的固定されるきらいはあるものの、ミシャ監督の目指すサッカーにチーム全体が向かっていることは試合を観て十分に感じることが出来ます。それが現在『3位』という結果に残っていることからも伺い知れるでしょう。

こういう停滞感というのは、子供の勉強に似ています。

英語を習い始めた。
なんのこっちゃわからないけど、アルファベット覚えた。英語の歌を聴いてなんとなく意味も分かってきた。
でも、ちょっと難しい長文問題だ。この文法は修飾の言葉がどうなってるか分かんな。。。まだ教えてもらってないな。とりあえず習ったことを重点的にやってみよう。


そんな状況が今のレッズ。
でもこれって、英語のなんたるかもわかっていない段階から1歩も2歩も階段を上ったんだってこと。ただ途中で階段が少し急になって上りにくくなってきた段階なんだって。

そう思います。

あとはどうやってこの壁に上るか。今まで一人で高く飛んでみたら登れた壁も、今はチームの助けがないと登れなくなってきた。
何年も前からサッカー界全体が組織という大枠の中に、個人を活かしていくという方向性に大きく舵を切っている。レッズはその船に乗ろうとして乗れていなかった。
今回こそはこの船に乗らなくてはいけないと思う。
観る方が退屈な試合で耐えられないようではいけない。
この試合の先には船に乗って、大きな輝く宝物をきっと見つけるだろう。

ベガルタ戦後はそんなことを思いました。




でも、会場にいたら勝ちたかった!!っていう気持ちでモヤモヤ(笑)
達也のオフサイドは副審の上にいて、旗が上がるのが見えちゃって喜べなかった。
個人的にはまた行きたいなって思わせてくれた試合でしたので、水曜日のナビスコも参戦しようかしらと思っています。

EUROもとうとう佳境に。
イングランドvsイタリアはしびれましたね!
PKのハイライトですが、動画を紹介しています!
↓↓↓

Youtubeサッカー動画Selection

その他Jリーグや選手のプレー集などもありますので、遊びに来てください。





1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レッズNEWS
タグ:
浦和レッズ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【2012年Jリーグ・選手・監督・海外日本人選手移籍情報ウワサほんと・その65】 【GO'S Heaven's Door*soccer*】

惜しいだけでは、裏を狙わせるだけでは-浦和レッズ×ベガルタ仙台【Football Beautiful】【Football Beautiful】

ついにブービー  ~カターレ富山vsロアッソ熊本~【素人のざれごと ~思いつくまま~】

短い90分【仙台vs浦和】【太平洋を越えて】

一歩上に行くために。 ~浦和レッズ対ベガルタ仙台~ 【赤のプライド】【赤のプライド】

【J特】浦和 0-0 仙台【(元)地方サポは何を思う】

レッズ、もうちょっとチャレンジを【地球は青い!】

【J特】G大阪 1-2 浦和 備忘録【(元)地方サポは何を思う】

ブロガープロフィール

profile-icondsyrt773

開幕からレッズから目が離せなかった。Jリーグのお荷物でラモスとビスマルクに遊ばれても、ゴールして喜んでいる間に、得点入れられてもJ2落ちてもどうしようないフロント抱えてても、レッズが好き!

東京生まれ埼玉住み

31歳
小2からサッカーを始める
レフティ
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:760292

(01月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ザッケローニの保守的考え<その1>
  2. オージーとは〝サッカー〟が観たかった
  3. ザッケローニの保守的考え<その2>
  4. レッズに漂う停滞感
  5. 五輪戦士の決定と選考
  6. 香川とファーガソンの並びに恍惚の境地となる
  7. ザッケローニの保守的考え<まとめと御礼>
  8. 清武はセンター起用で!
  9. ハイプレスに活路【日本vsスペイン】
  10. U23サッカーの目指す所

月別アーカイブ

2012
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss