ドリームレーシングプロジェクト【DRP】レースレポート

F4西日本シリーズ第2戦岡山レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月15日(日)岡山国際サーキット 晴れ

☆参戦ドライバー ゼッケン:92 ドライバー:坪井翔 マシン:美人&LTVフィールドDRP FC106 エントラント:FTRS クラス:F4東西シリーズ FCクラス

 日曜日は前日同様好天に恵まれる。第2戦の予選は、前日の失敗を教訓にクリアラップのとれるスペースを探しながらタイヤウォームアップ周回を重ねる。常にクラストップ、2番手タイムを記録しながら8周目に1’33.780のタイムで、根本選手に次ぐクラス2番手となった。

 第2戦決勝スタートもあまりよくなかったが、クラストップ根本選手に並び1コーナーへ進入。2コーナーではアウトサイドになってしまう為に2番手をキープ。後ろにはクラス違いのマシンが1台は入り、クラス3位の石川選手を突き放す。根本選手よりもペースがよくパッシングを試みるが、背後に付くとダウンフォースが抜けてしまい抜くに至らない。結局最後までミスの無い根本選手にチャンスをもらえずに、クラス2位に甘んじた。

☆坪井選手コメント 「決勝はペースがよく勝ちを意識しましたが、どうしても抜けませんでした。やはり予選でポールをとれなかった事が敗因です。ここ数戦スタートもよくないので、次戦はポールポジションをとりスタートを決めてぶっちぎりで勝ちたいと思います」

F4西日本シリーズ第2戦

☆リザルト 92 坪井翔 美人&LTVフィールドDRP 予選8位(クラス2位) 決勝5位(クラス2位)

岡山国際サーキットリザルト

ドリームレーシングプロジェクトオフィシャルサイト



0円でスポンサー!DRPサポーター募集中!!

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レースレポート
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

F4西日本シリーズ開幕戦岡山レポート【ドリームレーシングプロジェクト【DRP】レースレポート】

ウィル・パワーはその速さによって自分自身を救った:2014インディカー・シリーズ第8戦 テキサス・ファイアストン600【under green flag 2】

F1 カナダGP【頑張れミハエルシューマッハ】

ブロガープロフィール

profile-icondreamracingproject

プロレーサーを目指す若者を応援するプロジェクトチームDRP。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:231078

(01月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年版日本人トッププロレーサーは誰だ?
  2. 【2015年国内モータースポーツ】日本人トッププロレーサーは誰だ?
  3. モータースポーツは車の競争?選手の競争?
  4. モータースポーツの人気低迷は若者のクルマ・バイク離れ?
  5. F4日本一決定戦レポート
  6. 開幕直前FIA−F4考察
  7. F4西日本シリーズ最終戦鈴鹿レポート
  8. 来シーズンFIA-F4選手権に参戦を検討している選手にチャンス!
  9. F4東日本シリーズ第4戦もてぎレポート
  10. F4東日本シリーズ第5戦筑波レポート

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
09
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
05
04
03
2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss