ドリームレーシングプロジェクト【DRP】レースレポート

2016インタープロートシリーズ開幕戦DRPレースレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

富士スピードウェイ(静岡県)

4月3日(日)雨のち曇り

坪井翔:#7 J-Gear7&とおる君 予選no time 第1戦決勝4位 第2戦決勝2位

IPS

今シーズンからフル参戦となったインタープロトシリーズプロフェッショナルクラスには、坪井選手の他に日本のトップレーサーが集結。

その中で今年からF3にステップアップした坪井選手には、トップレーサー達にどのくらい挑めるかパフォーマンスに期待がかかる。

前日の予選ではマシントラブルのため出走できずノータイム。

第1戦決勝レースは最後尾の9番手スタートとなってしまった。

予選を走れなかったばかりか、練習走行ではドライだったが路面はウェット。

トップレーサー達は、初のウェット路面で慎重に行かざるおえないとトークショウで発言していたが、坪井選手は「最後尾スタートなので最初っから攻めまくって第1レースでなるべく順位を上げて第2レースにつなげたいと思います」とチャレンジャーらしい意気込み。

IPS

【第1戦決勝レース】

スタート方式はローリングスタートなので、1コーナーまでは大きな順位変動なくスタートが切られた。

しかし坪井選手はここから意気込み通りの走りで前車を100Rで大外から並びかけると、ヘアピンでインからパス。

Bコーナー、プリウスコーナー、最終コーナーと立て続けに前車をパスし1周目を5位で通過。

そして1コーナでも、スリップ争いからの攻防を大外から勢いよく飛び込むが、左回転で豪快にスピン。

運よくどこにも接触せずにコースアウトしたが、すぐに態勢を立て直し最後尾から再度追い上げる。

3周目、4周目、5周目と再度1台づつ交わし6位まで浮上し、場内アナウンスを沸かせる。

この時点のトップは平手選手、松田選手、ロニー選手、中山選手、佐々木選手、坪井選手の順。

6周目にはヘアピンで佐々木選手を捉え5位に。

その周にロニー選手がマシントラブルでピットインしたため、4位までジャンプアップした。

3位の中山選手にも迫るが、8周の第1戦は4位フィニッシュとなった。

IPS

【第2戦決勝レース】

第1戦の順位でそのままスターティンググリッドに着き、ローリングスタートで再開。

坪井選手は勢いそのままに、1周目のヘアピンで3位中山選手を交わす。

完全に坪井選手の仕掛けどころとなった100R大外刈りからのヘアピンでのツッコミは、F1日本グランプリで可夢偉選手が見せたオーバーテイクを彷彿させてた。

そして次なるはGT5002年連続チャンピオンの松田選手に挑む。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レースレポート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

シモン・パジェノーと佐藤琢磨のターン1、あるいはウィル・パワーは開幕の不在によって2016年の主役となる:2016インディカー・シリーズ開幕戦 セント・ピーターズバーグGP【under green flag 2】

まずはアロンソの生還を喜びたい【スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!】

【2015年国内モータースポーツ】日本人トッププロレーサーは誰だ?【ドリームレーシングプロジェクト【DRP】レースレポート】

ブロガープロフィール

profile-icondreamracingproject

プロレーサーを目指す若者を応援するプロジェクトチームDRP。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:207385

(02月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【2015年国内モータースポーツ】日本人トッププロレーサーは誰だ?
  2. モータースポーツは車の競争?選手の競争?
  3. 2016年版日本人トッププロレーサーは誰だ?
  4. F4日本一決定戦レポート
  5. モータースポーツの人気低迷は若者のクルマ・バイク離れ?
  6. 開幕直前FIA−F4考察
  7. F4西日本シリーズ最終戦鈴鹿レポート
  8. 来シーズンFIA-F4選手権に参戦を検討している選手にチャンス!
  9. F4東日本シリーズ第4戦もてぎレポート
  10. F4東日本シリーズ第5戦筑波レポート

月別アーカイブ

2017
01
2016
09
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
05
04
03
2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss