ドリームレーシングプロジェクト【DRP】レースレポート

FIA-F4選手権最終戦DRPレースレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月15日(日)ツインリンクもてぎ(栃木県)くもり 入場者数50,000人(2日間合計)

坪井 翔:#36 FTRSスカラシップF4 予選9位 決勝2位

三笠雄一:#51 B-MAX RACING F110 予選14位 決勝17位

FIA-F4最終戦

☆11月15日(日)10:05〜 第14戦決勝レース

 坪井選手がチャンピオンを獲るには、ポールスタートの牧野選手が優勝したとして3位以内に入らなければならない。 前日はスタート後すぐにセーフティーカーランとなってしまいチャンスが無くなってしまったが、9番手スタートからは、1・2周で大きく順位を上げなければならない。 大きなプレッシャーの中スタートが切られると、ここ4戦連続のロケットスタートで一気に2台交わす。 しかし、大外刈りで攻めた1コーナーは若干行き過ぎてしまうものの、うまくリカバリーし5位の選手の背後につける。 5コーナー立ち上がりでクロスラインをとり5位浮上。ヘアピンカーブでもアウトサイドから仕掛けて4位に。1周目に5台抜きで場内を沸かせる。 そして2周目のV字コーナー立ち上がりで、早くも3位にポジションアップし自力でチャンピオンの権利を得る順位まで挽回した。 この間にトップ牧野選手は5秒差、2位根本選手には2.5秒差あった。 その後も異次元の走りで追撃の手を休めず、なんと5周目には2位根本選手の背後まで迫る。 防戦一方の根本選手だが、接触だけは絶対に避けなければならない坪井選手は、8周目のV字コーナーでやっと攻略し2位浮上。 トップ牧野選手とは4秒弱の差、残り4周。 誰もがこのままの順位でチャンピオン獲得と思われたが、そこからさらにギヤが入りファステスト連発で追いかける。 毎周1秒以上速いペースでトップを追いかけ、最終ラップにはテールトゥーノーズにまで持ち込んで見せた。 観客騒然の手に汗握るトップ争いチャンピオン争いは、ヘアピンコーナーで坪井選手がインから仕掛けて一瞬トップに出るも、牧野選手もアウトサイドで粘る。 立ち上がりは牧野選手のスペースを空けた坪井選手の加速が若干にぶりダウンヒルストレートで再び牧野選手が前に。 坪井選手もブレーキングでアウトサイドから仕掛けるも、スピン車両があり黄旗が振られチャンスを逃す。 FIA-F4選手権1年間の闘いは、最後の最後まで激しい争いでチェッカーフラッグとなった。

FIA-F4最終戦

 最終戦優勝の牧野選手の悔し涙と2位坪井選手の嬉し涙は、見ている者のに感動を与えてくれました。 この2選手だけではなく、それぞれの選手にそれぞれのドラマがあり感動を与えられたと思います。 三笠選手も前年度F4グランドチャンピオンのタイトルから優勝候補だったにもかかわらず、最後まで悔しい思いをしながらも真摯に取り組んだ姿は、応援してくれている方々に感動を与えられたと思います。 来年以降もこのシリーズがレースの甲子園として定着してモータースポーツ文化を築いていくことを切に願います。

FIA-F4最終戦

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レースレポート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

瀬戸山関連【アスターカップ(仮)】

FIA-F4選手権第13戦DRPレースレポート【ドリームレーシングプロジェクト【DRP】レースレポート】

FIA-F4選手権第12戦レースレポート【ドリームレーシングプロジェクト【DRP】レースレポート】

ブロガープロフィール

profile-icondreamracingproject

プロレーサーを目指す若者を応援するプロジェクトチームDRP。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:226265

(04月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年版日本人トッププロレーサーは誰だ?
  2. 【2015年国内モータースポーツ】日本人トッププロレーサーは誰だ?
  3. モータースポーツは車の競争?選手の競争?
  4. モータースポーツの人気低迷は若者のクルマ・バイク離れ?
  5. F4日本一決定戦レポート
  6. 開幕直前FIA−F4考察
  7. F4西日本シリーズ最終戦鈴鹿レポート
  8. 来シーズンFIA-F4選手権に参戦を検討している選手にチャンス!
  9. F4東日本シリーズ第4戦もてぎレポート
  10. F4東日本シリーズ第5戦筑波レポート

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
09
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
05
04
03
2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss