ドラゴンズ 時々 グランパス

投手が育たない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

      来季に向けてのロード7戦…… 5試合を終了して1勝のみとは悲惨。消化試合だから勝敗は関係ない?まぁ勝敗は不問にしても、野手陣の不甲斐なさを見ていると来季に向けても暗くなる。打線がショボいと若い投手陣は育ちません。

  ロード5試合を簡単に振り返り……

まずは昨日・今日の横浜戦から。 昨日は笠原が好投した。初回の立ち上がりだけが残念だったが、その後しっかりと粘って8回完投は立派の一言。相変わらず四死球の多さは気になるが、先発する度に長いイニングに適応出来る様になった所に将来性を感じる。 今後の成長次第だが、来季は年間ローテに定着出来る様になるかも知れない。小笠原と共に期待の若手先発左腕候補。

今日は初先発の阿知羅が好投。 2被弾で敗戦投手は残念だったが、初先発で7回まで投げ切れたのは良かった。流石は2軍で好成績という感じはある。そもそも何故に2軍で好成績だった阿知羅にチャンスが与えられなかったのだろう?という疑問。7月若松や小熊ではなく阿知羅にチャンスを与えていたら?と思ってしまう。とりあえず今後の序列は若松や小熊より上だろうし、来季は先発ローテに入れる様に頑張って欲しい。

2人共に好投したのに敗戦投手は切ない。 責任は全て不甲斐ない打線のせい。2試合での得点がHR2発の2点のみとかショボ過ぎ。 若い投手達が好投しても勝ちが付かないどころか負けが付く。これでは中々投手は育たない 若手投手を育てるのは打線であり野手陣。

  先の神宮からゲレーロも消えほぼ2軍打線 1軍メンバーは京田と福田のみ。色々と経験を積ませる為のオーダーではあるが……。 ただ神宮での2試合は高卒ルーキー、昨日も2年目の初登板と2軍投手が相手。そんな相手に工夫もなく好投させたり、初勝利を献上したりというのは情けないの一言に尽きる。

この2試合で良かったのは…… 昨日の石川の初安打からの猛打賞くらいか? 大卒社会人3年目で……と考えると空しい限りだが、1本目がないと何も始まらない。元々は打撃が期待されてた選手。ここからの巻き返しで来季のセカンド争いに期待したい。

そして今日は高卒ルーキー石垣が初スタメン 前の3試合では一切出番ナシだったが、待望のプロ初スタメン。結果は残念ながら3打席連続三振。ただこの経験を今後に生かしてくれたらOKでしょう。とりあえず今回はお試しの1軍だが、今後はフェニックスLや秋季キャンプで技術を磨いて欲しい。

  先週土日のヤクルト戦は…… 大野・伊藤の中堅所の投球が非常に残念。 大野は4点のリードを守れないグダグダな投球と相変わらず。良い投球を続けられないし毎回やられ方が残念で進歩が見えない。来季辺りは冗談抜きに小笠原との序列が入れ替わるかも知れない。自覚して成長しないと来季も同じ失敗を繰り返しそう。大野に未来はあるか?

伊藤も相変わらず四球から一気に複数失点。 正直試合を作る投球が出来ていないし、今後も先発ローテは厳しそう。チーム的には本格派の右腕は必要だが、今のままでは難しい。 今後、伊藤準規が先発として覚醒する事はあるのだろうか?

巨人戦は小笠原がよく投げたが…… 打線はマイコラスを打てず。まぁ相手の状態やドラ打線が万全とか関係なく、ほぼ打ててない投手だけにこの試合はスルーするしかないか… それにしても小笠原は1カ月、5試合連続で6回以上を2失点以内で試合を作り続けた。この1カ月の成長した姿や結果は来季に繋がる筈 今季ラスト登板にも期待。勝って締めよう!

  現状の打線の不甲斐なさに直結しているのが… 京田と福田の不調。特に福田が急ブレーキ

神宮での1戦目1打席目で18号HR。そこからアレアレ?という状態。この2戦は4番が完全にブレーキ状態で20HRは夢物語に終わりそうで残念。とりあえずHRより打点を!

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「投手が育たない理由」へのコメント

消化試合では先発がそこそこ良さそうですね 大野もエースとしては?ですが後半戦の投球を続けれるならひとまず十分では?(まあ最低限?)
笠原小笠原に続いて阿智羅が結果出したことにひとまず安心しました。球速はなくても四死球の少なさが武器で上がってきてその通りの仕事したのは素晴らしいかと 球速はでないのに中継ぎでの状態見て判断してたのが尚更馬鹿らしいと思ってしまいます

問題の打線はやはり長打力でしょう ゲレーロが下がった後の試合は福田、松外、藤井以外に正直長打が出る気配がありません 2軍スタメン陣もヒットは出るのに単打が多くチャンス止まりになってしまってますし、周平はバット寝かせたからか打球が上がらない これを見てると春先の外人外せない、平田が抜けた後は藤井は外せない、一本で帰らせるためにエンドランはかけざるを得ない そういうのがよくわかった気がします
打線がカバーすれば近年落ちてる完投数も伸びると思うので少しでもいいから改善してもらいたいです というか改善するしかないです。

失礼しました

投手が育たない理由

ひところは、中日の春季キャンプを視察に来た他球団関係者が「中日の投手は、皆、球が速い」と警戒していたようですが、昨今、そんなコメントは、ついぞ見かけませんね!

速球派として期待されて入って来た大野投手も、故障から完全復帰した2年目辺りは150km辺りのボールを投げていたようですが、今や140km後半がやっと。

よくぞ、軟投型の投手ばかり集めたものです。

その中で、笠原投手は豪速球タイプではありませんが、切れが良くて三振が取れるところは魅力的です。DeNa初戦の高卒ルーキーからの3ラン被弾は残念でしたが、この失敗を糧に来季は、もっと上を目指して欲しいものです。

それこそ、苗字の頭に「小」の付く笠原投手と差別化しつつ、ダブル笠原コンビ造りを目指して欲しいものです。

「投手が育たない理由」へのコメント

投手全般に言えるのは、コントロールが悪い人、球が遅い人が多いですね。素人なんで原因はわかりませんが、今年は特に気になりました。スピードについては天性のものがあると思いますので、球が遅いのに、何に魅力を感じ、ドラフトしたのかなと思います

あとピンチの時に普通マウンドへ野手が言って投手を激励、中には発破をかけますが、野手自体がしょぼかったり、新人京田ですので、あと外人、これでは行くタイミングもわからないでしょうし、とても激励出来る余裕もなかったように見えます

エース不在も原因の一つだと思います。1番は大野をエースと本人もベンチも勘違いしていることでしょう。未だに精神的に甘えがありますし、1人相撲多く、投手コーチと喧嘩したり、二軍へ行きたくないとか、信じられません。彼が1番手のうちは永遠にAクラスは望めないと思います。

なんか愚痴っぽくなりましたが、スカウトの見る目が無いのか、育てるのが下手なのか、本人の考え方に問題があるのか、全てが悪いのか、オーナーが悪いのか、このままでこの球団立て直せるのかがっかりなシーズンが続きます

こんな記事も読みたい

梵の自由契約と永川の去就【青木寝具店のブログ。】

80勝に届く事【アナグラム的分析ラボラトリ】

2位完全終了とこの試合の意味【見せましょう鷲の底力を!!】

ゲレーロと契約どうする?【燃えドラ】

#178 福田の成長とデータ分析(超適当)。【D党の小部屋】

強化ポイント。【中京地区を応援】

星になった竜と怪物くん【Viva! Doragons!!】

6選手に戦力外通告【I like Dragons】

ブロガープロフィール

profile-icondragons10

野球とサッカーを愛する30代。
やるのはサッカー、でも語りたいのは野球という……感じです。
  • 昨日のページビュー:8638
  • 累計のページビュー:5201027

(10月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大島と平田について…
  2. ドラフトの結果 ~強烈なメッセージ~
  3. どうなる?捕手事情
  4. 開幕直前 戦力分析 ~投手編~
  5. ぶち壊し…
  6. ストーブリーグに突入…
  7. 醜態  そして今後…
  8. FAねぇ……
  9. つまらん投手
  10. 若手投手陣

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss