SPORTS TIMES

【SPORTS TIMES No.29】打倒・堀口恭司!元UFCファイターも参戦!RIZINバンタム級トーナメント準々決勝の組み合わせ決定!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月16日(月)都内にて「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017バンタム級トーナメント」準々決勝の組み合わせ抽選会が行われた。「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017バンタム級トーナメント」は、総勢14名出場で開催されて、7月の1st ROUND-夏の陣-と10月の1st ROUND-秋の陣-で勝ち上がった6選手とワイルドカード2選手が加わり、計8選手によって隼々決勝が12月29日(金)が行われる。12月31日(日)に準決勝・決勝が行われる。ワイルドカード選手は、元UFCファイターであるイアン・マッコールの出場が発表された。イアン・マッコールは、現UFCフライ級王者デメトリアス・ジョンソンと2度対戦し、好勝負を演じている選手だ。榊原実行委員長からも「デメトリアス・ジョンソンをもっとも苦しめた男」という紹介もされた。ワイルドカードのもう1選手は後日発表となった。準々決勝の組み合わせは、選手参加型の抽選により書いてある1~7の番号順でA~Hの枠を選び対戦カードが決定した。各選手はトーナメントに向けて意気込みを語った。

準々決勝 (1)イアン・マッコールVSマネル・ケイプ (2)堀口恭司VSワイルドカード選手 (3)カリッド・タハVS大塚隆史 (4)ケビン・ペッシVS石渡伸太郎

準決勝 (1)準々決勝(1)の勝者VS準々決勝(2)の勝者 (2)準々決勝(3)の勝者VS準々決勝(4)の勝者

決勝 準決勝(1)の勝者VS準決勝(2)の勝者

準々決勝第1試合 イアン・マッコールVSマネル・ケイプ イアン・マッコール 「今回は怪我や病気で試合が出来てなかった中で、心身共に健康で試合が出来るのは嬉しく思います。相手のバカみたいな奴は、どの国の選手かよくわからないけどとにかく黙れ。(A~Hの枠の中で選んだ理由)1番最初で、全ての枠が空いていたので1番有利であるこの枠を選んだ。」

マネル・ケイプ 「対戦相手はビビッて、凄く震えているのを感じている。だから楽勝だと思っている。1回戦の山本(・アーセン)は1分で終わらせると言って、俺は1分で(山本を)倒した。コイツは1Rの3分で終わらせてやる。こんな簡単な金儲けはない。(A~Hの枠の中で選んだ理由)自分はAを選びたかったが、埋まっていたから自分はBの枠を選んだ。」

準々決勝第2試合 堀口恭司VSワイルドカード選手 堀口恭司 「まだ相手の選手がわからないので、どんな対策をするかわからないんですけど、いつも通りしっかり練習して優勝できるように頑張ります。応援よろしくお願いします。(A~Hの枠の中で選んだ理由)特に理由はないんですけど決勝で日本人対決をしたいと思って、この枠を選びました」

準々決勝第3試合 カリッド・タハVS大塚隆史 カリッド・タハ 「大塚選手で良い相手だと思っているし、満足している。私はベルト持って帰ると言ったので、有言実行をします。(A~Hの枠の中で選んだ理由)1回戦は別の枠を選びたいと思ったので、ここを選びました」 大塚隆史 「12月29日に試合をするのかが決まっていたんですけど、相手がわからなかったんですけど、相手が今日決まりました。相手が決まるとモチベーションも上がるので、気持ちが高ぶっています。12月29日は、万全なコンディションで盛り上がる試合をしたいと思います(A~Hの枠の中で選んだ理由)自分はイアン・マッコールかカリッド・タハで選択肢がありました。マッコール選手も戦いたいと思いますけど、控室で話していて、親近感が沸いてしまったので、カリッド・タハとの対戦を選びました」

準々決勝第4試合 ケビン・ペッシVS石渡伸太郎 ケビン・ペッシ 「トーナメントで次の試合が出来ることを凄く嬉しく思います。29日に向けてこれから毎日しっかり準備していきたいと思います。(A~Hの枠の中で選んだ理由)31日の決勝で単純に堀口(恭司)選手と戦いたいと思って、素晴らしい試合をしたいと思っています」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
格闘技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

この階級に日本人が覇権を打ち立てる可能性があるなんて、なんたる幸せ!(6)〝2017.10.22 両国から始まる日本ミドル級の新しい歴史〟③【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

観戦記1382 WBCスーパーフライ級王座戦 シーサケット・ソールンビサイvsローマン・ゴンサレス【人生マイペンライ】

アッサン・エンダムー村田諒太戦が来週に迫り【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-icondragonkingkid

  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:94252

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【SPORTS TIMES No.25】ハイレベル世代の頂点はどの馬に
  2. 【SPORTS TIMES No.18】怪物復活
  3. 【SPORTS TIMES No.20】世界最高峰のスピードバトルが今年も開幕
  4. 【SPORTS TIMES No.08】前半戦の天王山“クラシコ”
  5. 【2013.03.30】日本最強牝馬が世界の舞台へ
  6. 【SPORTS TIMES No.01】史上初の3連覇に死角がなし
  7. 【SPORTS TIMES No.29】打倒・堀口恭司!元UFCファイターも参戦!RIZINバンタム級トーナメント準々決勝の組み合わせ決定!!
  8. 【SPORTS TIMES No.03】本戦に残る10枠争った熱い戦い
  9. 【SPORTS TIMES No.07】 最後の‟男”天龍源一郎の姿
  10. 【SPORTS TIMES No.10】世界最強クラブ決定戦はどのチームに

月別アーカイブ

2017
10
2016
09
08
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss