ドラフトさん

【ポジション別】千葉ロッテマリーンズの補強ポイント(野手編)【2016年プロ野球ドラフト会議】

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、1位指名を予想した千葉ロッテマリーンズの補強ポイントをポジションごとに見ていきたい。

ランキングは同ポジションでの出場試合が多い順、年齢は2017年の満年齢とする。




◆捕手(守備位置別成績 .238/2本/41打点/OPS.610)

1軍 1.田村 龍弘(23) 130試合/OPS.656 2.吉田 裕太(26) 24試合/OPS.032(2軍:54試合/OPS.745) 3.江村 直也(25) 22試合/OPS.341(2軍:13試合/OPS.733)

2軍 1.柿沼 友哉(24)  58試合/OPS.682 2.寺嶋 寛大(25) 64試合/OPS.491 ※外野手兼任(21試合) 3.金澤 岳(33) 39試合/OPS.547(1軍:17試合/OPS.527)

総評:最年少の田村が正捕手。総勢6名と絶対数が少ないため、ドラフト指名の可能性がある。 その場合、「2番手捕手(即戦力)」を望むか、田村よりも年下の「育成」を望むか。 質ではなく数の問題であり、上位指名を使うほどの状況ではない。
◆一塁手(守備位置別成績 .240/10本/63打点/OPS.659)

1軍 1.細谷 圭(29) 116試合/OPS.696 ※三塁手・外野手兼任(49試合・12試合) 2.井口 資仁(43) 79試合/OPS.749 3.根元 俊一(34) 48試合/OPS.613(2軍:51試合/.781)

2軍 1.青松 慶侑(31) 115試合/OPS.801 2.井上 晴哉(28) 69試合/OPS1.029(1軍:35試合/OPS.633) 3.福浦 和也(42) 46試合/OPS.699(1軍:36試合/OPS.579)

総評:リーグ最低の攻撃力。井口・福浦も全盛でなく、外国人選手の補強を考えなければならない。 2軍で出場機会の多かった青松が退団するため、「育成枠」として利用可能となるポジション。 高卒であれば高橋 優斗(愛工大名電)今井 順之助(中京)、独立リーグなら小林 義弘(徳島インディゴソックス)が下位に残っていれば積極的に狙って欲しい。

◆二塁手(守備位置別成績 .210/13本/63打点/OPS.627)

1軍 1.ナバーロ(30) 82試合/OPS.679 2.三木 亮(26) 75試合/OPS.441 ※三塁手兼任(28試合) 3.大嶺 翔太(26) 38試合/OPS.576(2軍:74試合/.658)

2軍 1.大木 貴将(26) 106試合/OPS.573

総評:ポジション別打率はリーグ最下位。伊東勤監督でなくとも「層が薄い」と言いたくなる状況。 外国人枠を使ったが、攻守で雑なプレーが目立ち、退団も噂されている。 育成枠で獲得した大木貴将が2軍でレギュラーを掴んでいるが、高卒・大卒でもう1枚獲得したい。

◆三塁手(守備位置別成績 .257/6本/48打点/OPS.675)

1軍 1.中村 奨吾(25) 108試合/OPS.592 ※二塁手兼任(37試合) 2.髙濱 卓也(28) 53試合/OPS.576 ※一塁手兼任(19試合)

2軍 1.香月 一也(21)  112試合/OPS.695(1軍:1試合/.334)

総評:本職不在ながらもポジションのOPSで見れば、今江敏晃の穴を感じることはさほどなかった。 三塁を守るのは「外国人」か「鈴木大地」か、このまま中村奨吾で固定するのかでチーム構成が変わってくる。 私個人の意見としては、マギーでも来ない限りは遊撃の守備評価点が低い「鈴木大地のコンバート」を推奨したい。
◆遊撃手(守備位置別成績 .268/6本/57打点/OPS.713)

1軍 1.鈴木 大地(28) 143試合/OPS.745

2軍 1.平沢 大河(19) 81試合/OPS.652(1軍:23試合/OPS.450)

総評:ほぼ2人で回していたポジション、支配下枠を余らせるくらいなら1枚は確保すべき。 三木や大嶺、高濱や大木も守れるが、できれば「大地コンバート」も視野に即戦力が欲しい。 京田 陽太(日大)、松田 進(中大)、狩野 行寿(平成国際大)、源田 壮亮(トヨタ自動車)、福田 周平(NTT東日本)のいずれかはぜひ獲得したい。
◆左翼手(守備位置別成績 .336/5本/60打点/OPS.851)

1軍 1.角中 勝也(30) 143試合/OPS.878

2軍 1.脇本 直人(21) 84試合/OPS.655 2.伊志嶺 翔大(29) 57試合/OPS.674 3.大松 尚逸(35) 44試合/OPS.863

総評:数少ないストロングポイント。下で脇本も育っている。 レフトは捕手の寺嶋や内野手の根元が守るなど、明らかに人が足りていない。 大松 尚逸の後継者に長打力のある森山 恵佑(専修大)の指名があれば面白い。
◆中堅手(守備位置別成績 .257/1本/38打点/OPS.618)

1軍 1.岡田 幸文(33) 121試合/OPS.638 2.加藤 翔平(26) 80試合/OPS.601(2軍:53試合/OPS.806)

総評:「1番打者」の打率・出塁率がリーグ最下位。チーム盗塁数もチーム5位。 2軍にこれといった育成対象もいないことから、リードオフマンになれるセンターの獲得を望みたい。 上位候補だが鈴木 将平(静岡)佐藤 拓也(立大)、社会人なら中村 優作(三菱自動車岡崎)手銭 竜汰(日本通運)が候補に挙がる。
◆右翼手(守備位置別成績 .245/11本/58打点/OPS.681)

1軍 1.清田 育宏(31) 106試合/OPS.642 2.荻野 貴司(32) 71試合/OPS.679

2軍 1.肘井 竜蔵(22) 93試合/OPS.792 2.サブロー(41) 57試合/OPS.719

総評:右翼手の打率・出塁率がリーグ最下位。「清田復活が最大の補強」になるだろう。 右のスラッガーが不在で、育成中の肘井と脇本が左打者。 細川 成也(明秀学園日立)水野 一世(トヨタ自動車)はピンズドの指名になる。
◆指名打者(守備位置別成績 .262/24本/90打点/OPS.805)

1軍 1.デスパイネ(31) 134試合/OPS.841

総評:「キューバの至宝」が不在の間、やはりチームは貧打に。 デスパイネの残留はもちろん、彼の後ろを打つ打者を確立しない限りは2強には届かないだろう。 名将が去り貧打戦が残るのか、名将に大型補強を与えるのか、球団のビジョンが試される
◆補強ポイントまとめ

・リードオフマン:レギュラー候補。中堅手か遊撃手ならベスト ・二遊間(即戦力):特に守備力の高い選手が好ましい ・一塁手 or 外野手(素材型):理想は右の長距離打者
◆推薦選手


最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。


プロ野球 ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球ドラフト会議2016
各球団の補強ポイント
千葉ロッテマリーンズ
タグ:
ドラフト会議
2016ドラフト
プロ野球
ドラフト有望選手
ドラフト候補
ポジション別ランキング
千葉ロッテマリーンズ
パ・リーグ
千葉ロッテ
マリーンズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

クライマックス終戦。そして、これから。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

梶谷選手のホームラン。一生忘れません。【心の底から好きさベイスターズ☆】

あと一歩が及ばない試合 CSセ・リーグファイナル【あるプロ野球兼任(巨人&横浜)ファンの呟き 】

2016【仮想ドラフト会議】千葉ロッテ【プロ野球戦力補強委員会】

ドラフト会議を間近に控えて【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

千葉ロッテマリーンズの1位指名を予想する ~即ローテと左腕エース候補の選択~【ドラフトさん】

ファンも作った補強費用。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

恐るべき復刻版ユニフォームの魔力【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

ブロガープロフィール

profile-icondraft

当ブログはリンクフリーです。ただし、本文の引用・転載はURLを含んだ出典の記載をお願いします

ただの野球ファンが現地観戦や映像確認、各種報道や関連雑誌、最後は勘でプロ野球ドラフト会議の指名予想をします(文中敬称略)

目的はドラフト会議を楽しむことであり、正解数を競ったり特定の球団・リーグを叩く狙いはありません。

あくまでも素人の空想であり、参考程度に読んでいただければ幸いです。

コメント欄では皆さまの予想も随時募集しております。

著者:@jef_marcos2008
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:8234846

(10月23日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016ドラフト有望選手ランキング トップ30【2016年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 2015年12球団仮想ドラフト会議【1位~3位指名シミュレーション】
  3. 2016年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト1位を予想する~セリーグ編~【2016年 プロ野球ドラフト会議】
  5. 2017年のドラフト1位指名を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  6. 2015年ドラフト会議 有望候補選手ランキング トップ60【最終版】
  7. 2015年12球団仮想ドラフト会議【全順位 指名シミュレーション】
  8. 今江 敏晃(千葉ロッテ)のFA補償を予想する【2015年FA宣言】
  9. ドラフト1位を予想する~パリーグ編~【2016年 プロ野球ドラフト会議】
  10. 2016ドラフト指名予想~阪神タイガース編~【プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2017
10
09
2016
11
10
02
2015
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss