がんばれドラゴンズ!

中日・好調な中での心配事

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは打線。

好調ゲレーロは、誰が見ても「本物」でしょう。 ケガさえせずにシーズンを終えれば、3割・30本・100打点はいくと思われます。 周りがそれに乗っかってくれれば、さらに数字は上がると見込んでいます。

しかし・・そうでなければ? 肝心なのは、彼の後ろを打つふたりがどうか、です。

今現在では、3番構想のようですね。 したがって、4番のビシエド、5番平田というところがどうかで、チームの浮沈もゲレーロの調子も変わってくると見ます。

はっきり言うと、ゲレーロは歩かされることが多いでしょう。 一塁が空いていれば、歩かせて埋める。敵は「ビシエドか平田の併殺打」に期待・・なのです。

如実な敬遠ではなくても、ボール気味のきわどいボールしか投げてこないでしょう。 あるいは露骨なブラッシュオフ(体に近い球)も頻度を増すことでしょう。それで調子を崩される危険も。

自分が歩いて塁に出ても、後ろが返してくれなければ「自分でなんとかしよう」と悪球に手を出し始める。すると、これもまた調子を崩す要因に。

おそらくなら、投手次第では満塁でも歩かせてくることが考えられますね。 外野は深いからヒットで2点、長打なら3~4点・・。だったらボールで誘って犠牲フライなら御の字。最悪、押し出しで1点なら、まあいいかと。 それほどまでに後続が見切られてしまうような状況にだけは、してはいけない。「彼を打つ後ろふたり」の打撃が命運を握っているのです。

平田は、そこそこ打ってくれるとは見込んでいますが、心配なのはビシエド。今の彼はタイミングがサッパリです。 外のボールを待ちきれずに引っ掛けてショートゴロ。ならば右打ちと待っていると内側の直球を詰まってセンターフライ。逆です。 今のままでは、初回にいくら良いチャンスを作っても、ビシエドの併殺打で終わる・・なんて構図が浮かびます。

チャンスは、モノにしなければ、即・ピンチなんです。 投手心理からすれば、味方に点が入らなければ「1点も取られちゃいけない」とプレッシャーになる。 点をどんどん取ってくれる雰囲気だと、「多少打たれても取ってくれるから、どんどん攻めよう」となり、これが好循環になる。

なので、オープン戦の終盤までにはビシエドも仕上げてくれると思うし、そうでなければ浮上はありません。 平田も、WBC帰りではあるけれど、なんとかチャンスで打つ心構えをしっかり持って欲しい。彼らふたりに大きいのはいらないんです。

まずは序盤でどちらかがタイムリーヒット!それがチームを乗せるキーワードです。

若手が期待されていますが、まだまだプロの一軍レベルでの確実性という面では疑問符が付きます。 石岡はヒットにできるストライクゾーンが狭い。甘いボールもなかなか一発で仕留めきれない。そして振り出したら(悪球でも)止まらない。 遠藤も似た部分がある。ふたりに共通なのは大きいのを狙いすぎ。そして外のボールに苦しんでいる。まずは外を打てなければ、内にストライクを投げてくれることはない。「内側のボール球で起こしておいて外を振らせる」というパターンで料理しやすいイメージがある。

公式戦での一軍レベルの投手は、総じてコントロールが良い。 きわどいボールはカットするなり選ぶなりして粘らなければ、おいそれと甘いボールは投げてはくれないもの。しかも甘い第一ストライクを見逃したり仕留め損なえば、チャンスはなくなる。

溝脇や京田にしても、対左投手の時にひ弱さが出ている。彼には、ヒット狙いで粘り強い打撃を期待する。それには、カット技術も必須だろう。 1・2番打者として、相手投手にボールを多く放らせる役目を担えるよう頑張ってほしい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

コメントありがとうございます。

ビシエドの調子が上がらなければ、引っ込めてゲレーロを4番に。
一塁は森野や石岡、ケガが治って調子が上がれば福田なんかもいます。

ゲレーロが一塁を守れれば、高橋を三塁にする布陣も可能になりますね。
私的には、このほうが理想ではあります。

ただし、左投手が出てきた場合の得点力ダウンは否めません。

ゲレーロの打撃に関しては、シーズン中にケガや疲労が重度なものにならなければ、やってくれると思います。
チームの沈滞に巻き込まれずに自分の打撃をすれば、結果はついてくるでしょう。

そういう(調子に左右されない)打撃をしていますから、僕は心配していません。
3割5分、40本、140打点も現実味ありますし、4番を打ってそうなれば、チームのAクラスは確実でしょう。

中日・好調な中での心配事

1989年のオープン戦スター大賞をとったジョージ・ヒンショーと2000年のオープン戦で打ちまくった福留の悪夢がよぎります。

中日・好調な中での心配事

森繁監督は柔軟な発想の持主と思いますので、昨季のような、調子が良かろうが、悪かろうが、4番ビシエド選手というオーダーは組まないと思いますが、昨季と同じ調子で4番ビシエド選手に固執するようだとAクラス入りは遠のくでしょうね?

こんな記事も読みたい

* あ!マギー選手がセカンド。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

髙山はフル出場できるのか。後はキャンベルについて少し。【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

大事なオープン戦!!【竜の咆哮はきこえるか?】

開幕オーダー【春夏秋冬ドラ応援】

キャンプ打ち上げ 脱落者無しでどうなる開幕ベンチ【ドラゴンベースボール】

下世話にドラゴンズ-54 沖縄、初上陸!(その3):今シーズン初・ オープン戦勝利、「負けない野球にも宿題。次のステージへ駆け上がって欲しい」【素人目線ですいません】

オープン戦初戦に快勝【I like Dragons】

オープン戦スタート【春夏秋冬ドラ応援】

ブロガープロフィール

profile-icondorakichikun2

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:338455

(03月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. まもなく全仏オープン
  2. 中日・好調な中での心配事
  3. 今年のドラゴンズ
  4. 極めて厳しい状況
  5. 好調・中日の心配事 投手編
  6. 古木を獲ろう
  7. 落合氏が求めた勝つ野球とは?
  8. 「マエケンの乱」勃発?
  9. 浅尾よ、意固地になるな・・・
  10. 中日首脳陣はハラをくくって欲しい。

月別アーカイブ

2017
03
02
2014
05
2012
05
2011
11
10
2009
08
05
04
03
2008
11
10
06
05
04
03
2007
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss