ViVaDra!!

Shinsuke Nakamura ブームは小休止?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっといつものテイストとは違うが、何を隠そう自分は熱烈なWWEユニバース(アメリカのプロレス団体WWEのファンのこと)である。

初めてテレビで見たのは中学校1年くらいの時だったかな?実家がケーブルテレビと契約していて、当時夏休みが暇で暇で番組をいじっていたらRAWの録画放送(日本語字幕付き)に行き着いた。初めて見たシーンはまだ鮮明に覚えている。Mr.Kennedy のプロモだ。”ミィスタァァァァァァァァァァァ……. ケネディィィィィィ!!!!”と恒例の自己紹介をしているところ。あれからもうすでに10年近く。今ではアメリカに住んでいるので情報がいち早くゲットできる。

さて、今年起きたWWEのニュースとして”Shinsuke Nakamura (中邑真輔)のSmackDown Liveへの昇格”があった。”

NXT王座をBobbie Roode相手に失ってから”いつ昇格するのやら…“と思っていたが、The Mizのプロモの後にド派手に入場してきた。

さて、あれから少し経つが、彼のブームというか、”推し”は少しおさまりつつあるかもしれない。

彼が昇格してきた当初は”待望の昇格”ということもあり、NXTでも続いていた”カルト的人気”のようなものはあった。

最近で言えばSurvivor Series PPVのTeam SD Liveのメンバーにもなった。

しかしこれ以降は少し王座戦やメインからは離れる可能性が高いと思う。

昇格当初はまだShinsuke Nakmuraというレスラーを知らない層にもそれなりにウケた。 あの長〜い入場も。ストロングスタイルのレスリングも。そしてフィニッシャーのキンシャサも。

しかしどうだろうか?最近は少し”飽きられ始めてね?”って感じに見える。 長くミステリアスな入場も見慣れたもの。フィニッシャーのキンシャサも最近は他のレスラーによるアシストで決めることが多い。

WWEで長くやっていく秘訣は正直”フィニッシャーが派手な事”、”決めゼリフ(会場にいるユニバースが一緒に叫べるもの)”、そして”Singnature Moveの習得”だと思う。

中邑に必要だと思うのは後ろの二つ。

まず彼は決め台詞として”イャアオ!!”って奴日本のマットで使ってたはず。 これをあまりWWEでは使用していない。なぜならば彼はまだマイクでのプロモ(パフォーマンス)満足にができないからだ。

もちろんやってはいるのだが、すごい英語をゆっくり、わかりやすくしゃべるので、ものすごく”ねっとりして長い”プロモになる時がある。

日本にいるときみたいに”これが俺の答えだ!イャアオ!!”くらいの短いセリフでいいと思う。

もちろんマイクはWWEではひとつのスキルとしてものすごく重視されている。 だからこそ中邑のようなベビーフェイスには特に”決め台詞”が必要なのだ。

例えば同じく日本のマットからWWEに参戦したAJ Stylesはもともと英語はしゃべれたが、WWEにきてから1年くらいして新しく”This is the HOUSE, A!J!STYLES!BUILT!”という決め台詞を使うようになった。これは”この家(ショー)はこのAJ Styelesが作り上げたものだ!”という意味になるが。最後の大文字にしているところはユニバースが一体となって決めるのが恒例になっている。

他に言えばJohn Cinaもそう。”The Champ is HERE!!!”とかRoman Rainsの”I am THE Guy”とかね。客が一緒にならなくても”これは誰々のセリフだな”って文面でもわかるようなセリフが欲しい。それこそ”イャアオ!!”なんてわかりやす過ぎるくらいだ。もっと使っていいと思う。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アザだらけの貴ノ岩の写真は、日馬富士が原因ではない。過熱するマスコミの報道姿勢を問う。【幕下相撲の知られざる世界】

白鵬、時間前に立つのはいいがダメ押しはいらないでしょ?【独断と偏見の相撲ランキング】

観戦記1365 NABFフェザー級王座戦 ジョセフ・ディアスvsアンドリュー・カンシオ【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-icondoragra2

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1122829

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. CS廃止!廃止!廃止!
  2. ゲレーロの行方と引き留めの是非
  3. ”落合博満”という”監督”
  4. 頼むから”逃げ”のドラフトはするな~ドラフト前指名最終予想~
  5. 完全に出遅れたドラフト戦線 ~1位指名はどうなる?~
  6. ファンとか応援について自分の考えを一度書いておきますね
  7. ”今の高橋周平がダメなドラゴンズを象徴している”(by森野将彦)
  8. 競争を考える ~投手編~
  9. ベストオーダーとは?ここまでの振り返り
  10. 個人的には60点のドラフトを振り返る Part.1

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss