Go! Jays! Go!

月別アーカイブ :2011年12月

オリバー、ラフィーを獲得

☆ジェイズがダレン・オリバーと1年+オプションで契約 今期は61試合に登板してIP51 ERA2.29 SO44 BB11 HR3 FIP2.77 FIPx3.24の成績。 今年で41歳となる大ベテランだが、リリーバー転向してからはむしろここ3年の成績のほうが優れている。 3年連続で防御率は2点台、怪我知らずと年齢を考慮しなければとてもいい選手。 ブルペンは若手も多いので指南役としての役割も......続きを読む»

BAのランキング、未来構想

BAの有望株ランキングが発表されました。 1. Travis d'Arnaud, c 2. Anthony Gose, of 3. Jake Marisnick, of 4. Daniel Norris, lhp 5. Justin Nicolino, lhp 6. Aaron Sanchez, rhp 7. Noah Syndergaard, rhp 8. Deck McGui......続きを読む»

ジオはWASへ、ベルトランはSTLへ

☆WASがピースコック、A.J.コール、ノリス、マローンを放出してジオ・ゴンザレスとギリアムを獲得 やはり若いスターターを獲るならこれくらい奮発しなければいけないのだろう。 ピースコック、コール、ノリスはWASでもトップ10に入る有望株。 WASはストラスバーグ、ジマーマンが順調にいけば先発陣もかなり見栄えがよくなる。 OAKはジオでこれだけもらえるのならケーヒル獲得の際にもっと見返りが要求......続きを読む»

セイバーから見る来季構想

ダル獲得失敗で今季のオフシーズンのプランは全て狂ってしまいました。 情報によれば、ジェイズが50Mもポスティングに使ったなどという噂はデマのようで、実際はTEXがあっさりと落札してしまったようです。単にダルにそこまで魅力を感じなかったのか、それとも金がないので大金をポスティングにつぎ込むことは選択肢になかったのかは知りませんが、パンダGMにとってはダルがTEX移籍はさほど想定外のことではなかったか......続きを読む»

200万ヒット達成

ダル獲得失敗の直後のため深いネガティブ状態の中での200万ヒット達成。 とはいえそれとこれは別で、たくさんの閲覧をありがとうございます。 三日坊主に定評のある私がここまで続けられたのもたくさんの閲覧やコメントがあってこそのものです。 これからもよろしくお願いします。 それにしても昔のエントリーを見ると無駄に真面目で不器用そう記事ばかりで見ていられなくなりますなあ・・・(笑) そ......続きを読む»

ダル獲得失敗でオフシーズンの敗者は確定的に

☆レンジャーズがダルビッシュとの交渉権を獲得 51.3Mで落札したそうです。これでフィルダーの獲得はほぼなくなったといえるでしょう。 ダルの獲得失敗はとても痛いというかすでにオフシーズンの敗者という宣告をされたも当然でしょう。 結局先発に獲得に失敗して、ローテの強化はこれで白紙に。 CINはジオやシールズを狙ったものの、特にジオは見返りが厳しいということでレイトスとのトレードに切......続きを読む»

レイトスのトレードなど

☆SDとCINの間で大型トレード成立 レイトス⇔ボルケス、アロンゾ、グランダル、ボックスバーガー 巷ではCINが有望株を出しすぎたとの声が強いが、個人的には割と妥当なトレードであると感じる。 現在24歳で、あと4年は安価でキープできるレイトスを獲るのであればTop100に入る有望株を2人くらいはださないとまず成立しない。 昨年成立したヒメネスのトレードなどと比べてもそこまで出血しすぎというわ......続きを読む»

ダル入札情報、その他

ダルの入札情報は錯綜していていまだに入札球団は確定していない模様。ただジェイズが獲得球団の最有力球団のひとつであるのは確か。 ジェイズ以外ではTEX,NYY,WAS,SEA,CHCが入札したらしい。BOSは結局しなかったようです。 数日後には日ハム側はポスティングを受諾、もっとも金額の高い球団が独占交渉権を得られます。 是非獲得してほしいところ。 ☆ジェイズがベルトランに興味 ......続きを読む»

プロスペクト総括:④外野手編

すっかり中断されていたこの企画ですが、中途半端に終わるのも勿体ないので最後まで続けます。今回は外野手編を。 1.アンソニー・ゴーズ Anthony Gose 21歳 ウォラスのトレードで昨季加入して、今期は全体的に成長。2Aに昇格するもHRは16本と増加し、出塁率、盗塁数、盗塁成功率が向上。 相変わらず三振が多くあまり打率が伸びないのが課題。しかし21歳で2Aと昇格のペースは速め......続きを読む»

ベン・フランシスコを獲得

☆ジェイズがPHIからベン・フランシスコをフランク・ガイレイとのトレードで獲得 PHIとしてはニックス兄の獲得により外野の4番手として起用されていたフランシスコは構想外となっていた。ガイレイは今年で26歳、今年は2Aに昇格するも不振で1A+降格と有望株とは程遠い選手でメジャー昇格すら怪しいが、何も獲れないよりはとりあえず獲っておけ、といった感じのトレードか。 ジェイズとしてはバックアップ及び......続きを読む»

ブラウンが薬物検査陽性、ケーヒルのトレードなど

☆ライアン・ブラウンが薬物検査で陽性反応 罰則規定が適応されれば50試合の出場停止となる。とてもショッキングなニュースです。 いままでは先日MLB機構から復活を承諾されたマニー・ラミレスやボルケスなどラテン系の選手ばかりで、アメリカ出身の選手で初めて陽性反応がでたという点でも非常に驚きです。 MILとしてはフィルダーの移籍の可能性が依然高く、Kロッドが調停受諾などもあり苦しい状況が続いています......続きを読む»

LAAが大型補強・・・一方ジェイズは

☆LAAがプホルスと10年250M、CJウィルソンと5年75Mで契約 まさかの両獲りにはMLBファンは度肝を抜かれたことでしょう。 流石ウェルズを獲得を引き取ってくれる球団だけあって財政力が半端ないです(苦笑) またホーキンスとも1年300万ドルで契約。リリーフも補強と抜かりのない動きを見せています。 新球場で好スタートを切りたいMIAはベル、レイエス、バーリーを獲得。 覇権奪......続きを読む»

ダルビッシュを獲得せよ!

ウィンターミーティングに突入しても、パンダGMはフィルダーを獲るようなつもりはないだの、ペイロール引き上げは誇張されている、など歯切れも悪くファンからすれば覇気のない発言に終始してテンションが下がるばかりでありましたが、ついにそんなことを吹き飛ばしてしまうような事象が生起。 言わずもがな、ダルビッシュのポスティングシステムを使ってのメジャー移籍が決定となりました。 ダルビッシュの獲得......続きを読む»

ラウチ、フランシスコはMYMへ その他情報

まずは他球団情報を ☆スローウィ⇔後日発表選手 ノーテンダーが有力だったMINとしては見返りだけでも獲れたのはよかったかと。ちなみに今年の春にジェイズはスローウィに興味を持っていた。 ☆パガン⇔トーレス、R・ラミレス 互いに今期苦しんだパガン、トーレスがトレードとなった。リリーフがボロボロのMYMもラミレス、ラウチ、フランシスコと獲れば少しはましになるはず。 ☆SDがストリート......続きを読む»

セルジオ・サントスを獲得

さあ寝ようかな、と思ったときにまさかのトレード成立。 セルジオ・サントス⇔ネスター・モリーナ セルジオ・サントス 28歳 RHP 今期成績 G63 IP63.1 ERA3.55 4W 5L 30S SO92 BB29 HR6 FIP2.87 xFIP2.69 CWSの抑えとして活躍。今期は奪三振率が13.07と非常に高い。平均95マイルの直球を武器にグイグイ押していくピッチ......続きを読む»

ウィンターミーティング1日目:特に動きは無し

ウィンターミーティングの1日目が終了。 しかし全体としてもジェイズとしても大きな動きはありませんでした。 ☆MINがキャップスと再契約 4.5Mの2年目がオプション6Mのようです。今期は被弾数が2桁になるなどかなり苦しいシーズンとなった。ネーサンが移籍したので現状ではクローザーか。 ☆LADがジェリー・ヘアーストンと2年契約 合計で6Mになる模様。便利屋タイプでSS,2BにOFのど......続きを読む»

マシス獲得、レイエスはMIAへ

☆マシス⇔ミルズのトレードが成立 マシスはMLB屈指の打てない打者として知られる。守備も大してうまくないので何で獲ったんだといったところ。LAAファンだけが得するトレードといっても過言ではないでしょう。 単にメジャーでろくに通用しないミルズの枠を開けるために何がなんでもいいから見返りがほしかったからトレードしたものだと思いたいです。 恐らくノーテンダーFAになるかと。彼をテンダーすれば200万......続きを読む»

重い足取り

他のチームが続々と契約を結んでいる中、ジェイズはほとんど動けていません。 ☆MIAがベルと3年2700万ドルで契約 ジェイズも興味を示していた。安定して成績を残しており今年にかけて奪三振率が落ちたのが唯一の気がかり。割と適正価格でとったかなという印象。この金額ならジェイズもとってもよかった気がする。 ☆LADがカプアーノと2年1000万ドル+オプションで契約成立 今年は復......続きを読む»

有望株ランキング by Minor League Ball

Minor league ballの有望株ランキングが公開されたのでそれのまとめでも。 1) Travis D'Arnaud, C, Grade B+: Borderline A- もう少し高い評価がでるのではないかと予想したがB+止まり。 同時期のアレンシビアと比べ攻守で一回り上で大いに期待できる。アレンシビアを脅かす存在となってほしい。 2) Nestor Molina, R......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondoc51

ブルージェイズ応援ブログ
最近はやや不定期投稿になっていますが、まめに更新していきたいです。
  • 昨日のページビュー:193
  • 累計のページビュー:3673293

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 失望のドラフト
  2. ブロックバスター!
  3. フラッグディール動向まとめ
  4. ドナルドソン獲得
  5. ディッキー獲得という賭け
  6. 来季構想―All or Nothing
  7. 有望株ランキング
  8. カナダ野球の現状・展望
  9. メルキー・カブレラと契約
  10. 主砲の契約延長の行方

月別アーカイブ

2018
01
2017
09
08
07
06
05
04
01
2016
11
10
09
08
07
06
02
01
2015
06
05
03
02
01
2014
12
11
09
07
05
04
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss