Go! Jays! Go!

月別アーカイブ :2011年09月

超白熱のワイルドカード争い・・・ジェイズは蚊帳の外

アリーグ東地区は今日の試合TB対NYY,BAL対BOSの熱いワイルドカード争いが行われました。 一時はBOSリード、TBは大量ビハインドでしたがTBは8回に6点を入れさらに9回2死からジョンソンの同点ホームラン!一方のBOSは9回までリードするも9回から登板のパペルボンが2死ランナー無しからまさかの3連打でサヨナラ負け。そしてTBはロンゴリアのサヨナラ弾で勝利し、プレーオフ進出はTBとなりまし......続きを読む»

Northwest League最優秀プロスペクトにジャスティン・ニコリーノ選出

Baseball Americaではこの時期にリーグごとのTop 20 propectsを発表していますが、その中でジェイズ傘下のジャスティン・ニコリーノ(Justin Nicolino)がNorthwest Leagueにおいてナンバー1の評価を受けました。 ニコリーノは昨年ドラフト2順目指名。今期はこのリーグでIP52.1 ERA1.03 SO64 BB11 HR0 GO/AO1.44と圧倒的......続きを読む»

この後に及んで存在感を発揮

昨日はLAA,今日はTBとワイルドカードを狙うやる気満々のチームですが、こういう場面で何故か無駄に元気になりだすのがジェイズ。 このひねくれ物!頑張るなら春先にもっと頑張れ!といいたくなります。 昨日のLAA戦では延長12回の末にサヨナラ勝ち。 エンカーナシオンがまさかの逆方向への本塁打で勝つことに。 先発アルバレスは7回を投げて3失点。 今日は無四球ということで、7回まで投げきり......続きを読む»

マゴワン好投も・・・

3年ぶりという気が遠くなるほどのリハビリ期間を経てメジャー復帰。その4度の登板となったダスティン・マゴワンですが、ようやくその才能の片鱗を見せつつあります。 今日のLAA戦では5回を投げて奪三振8つ、無四球と素晴らしい内容でLAA打線を抑えました。 流石に怪我前のように90マイル後半をバンバン投げるような投球できていませんが、変化球、直球ともにコマンドが冴えていました。 直球は以前にも増し......続きを読む»

熱い帳尻

もうどうでもいい若手のお試し時期となってしまったものの、今頃になってからア東優勝の堅いNYYにいい試合ができています。 1試合目5-4○ 先発マゴワンは5回3失点。 とりあえず5回まで投げ、2四球と大崩れしなかったので及第点の出来と言えるでしょう。 ただし来期の先発ローテ入りを、となるとまだそこに至るほどの結果は残していないので、今後もよい投球を見せる必要がでてくるかと。 ......続きを読む»

大型契約はなし?

今期オフにフィルダー、プホルスら大物FA選手を狙うとも言われていたジェイズですが、ここにきて球団社長のポール・ビーストンが6,7年の長期契約には賛成しないだろうとの見解。 やはりウェルズ、BJライアンといった暗黒長期契約があっただけに、大物選手の獲得にはあまり乗り気ではないようです。 流石にフィルダー、プホルスが5年程度の契約で収まるとは思えず、このままいけばこの両者の獲得はまずありえないこ......続きを読む»

Inboxまとめ

公式サイトの質問コーナーのまとめと最後に自分の考察を。 質疑応答はかなり端折っていますがそこはご愛嬌で。 Q.先日昇格したローウェンは好成績を残しているが、ジェイズはロスターに多くの選手がいる。彼は2012年にジェイズでプレーするのか? A.ローウェンはすでにオプション切れで、アクティブロスターに入れなければウェーバーにかけらなければならず流失するリスクがある。ローウェンがどうなる......続きを読む»

マイナー総括

マイナーのレギュラーシーズンが終了したのでマイナーのまとめを行います。 すでにメジャー昇格している選手は除きます。 単に成績を出すだけでは選手の良し悪しがわかりにくいので、大雑把にA~Cのランク付けをついでにしておきます。(Aがトッププロスペクト、Bが並みの有望株、Cはやや期待値の低い有望株) 3A アディニー・エチェバリア 22歳 SS ランクC+ 今期成績 AB464 ......続きを読む»

収穫たっぷりの3連戦

今期最後のBALとの連戦ですが、いい試合ができました。 1試合目 0-2● セシルが今期最多の9奪三振、1四球と安定した投球で8回途中2失点(自責点1)の好投。 残念ながら打線が繋がらず負け星。 本人も今期最高のピッチングと分析しており、今期最後の投球になるかもしれないとのことですがいい結果が残せてよかったです。 2試合目 5-4○ 先発アルバレスは7回を投げて4奪三振、......続きを読む»

レッドソックスに謎の勝ち越し

NYYにスウィープしてチーム状態の勢いが完全になくなっている中でのBOSとの4連戦。 まあ1勝できればいいかな、といったところだったのですか何故か3勝もしてしまいました。 2試合目 0-14● 先発ペレスがフルボッコ。打線も繋がらず完敗。 この試合での収穫はマゴワンの復帰登板以外にはないでしょう。 マゴワンは4回を投げて被安打5、奪三振5、四球3で3失点。球速は90~96マイ......続きを読む»

ロウリーのサヨナラ弾で連敗ストップ

NYYとの3連戦は結局スウィープされてしまったジェイズ。 そして次はBOSとの連戦と、苦しい試合展開が予想されました。 しかしながら、新人の活躍により連敗を止めることができました。 まずは先発のアルバレス。 強力BOS打線を相手に6回無失点と十分すぎる結果を残しました。 アルバレスはメジャーで36IPを投げ6四球と四球が少なく、勝手に四球で自滅しない点がいいですね。 厳し......続きを読む»

ダルビッシュ獲得へ?

前からダルビッシュの獲得に関心があるのではないかとされていたジェイズですがいよいよ本格調査に乗り出したようです。ダルビッシュの視察にパンダGMとラカバGM補佐が2泊4日で直々に来日しダルビッシュを視察しているとスポーツ紙の報道で明らかとなりました。 ダルビッシュに関して、日本での実績に関してはいまさらあれこれ言う必要もないでしょう。 ここ数年での傑出度は非常に高く、さらに今期は四球率が改善さ......続きを読む»

久々の快勝

貫禄のBSを連発するなど冴えないジェイズですが、今日の試合は久々に文句なしの試合運びが出来ました。 まずはロウリーのタイムリーで先制すると、ジョンソン、モリーナ、バティスタ、エンカーナシオンの本塁打が飛び出すなどして合計13点。 テームズはキャリア初の4安打と此方も大暴れ。エンカーナシオンも4安打。 ジョンソンとってはジェイズ移籍後初本塁打など、20安打の猛攻で昨日の鬱憤を晴らすかのよ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondoc51

ブルージェイズ応援ブログ
最近はやや不定期投稿になっていますが、まめに更新していきたいです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3668736

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 失望のドラフト
  2. ブロックバスター!
  3. フラッグディール動向まとめ
  4. ドナルドソン獲得
  5. ディッキー獲得という賭け
  6. 来季構想―All or Nothing
  7. 有望株ランキング
  8. カナダ野球の現状・展望
  9. メルキー・カブレラと契約
  10. 主砲の契約延長の行方

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
01
2016
11
10
09
08
07
06
02
01
2015
06
05
03
02
01
2014
12
11
09
07
05
04
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss