Go! Jays! Go!

月別アーカイブ :2011年05月

レイエス完投勝利で4連勝

ついに28試合連続勝ち星のなかったレイエスが11点を援護を受け3年ぶりの勝利。 それも完投での勝利ということで本人も嬉しいことでしょう。 投球内容は3四球、3奪三振とさほどいいものではありませんでしたがゴロで打ち取る投球で球数を節約。 いままで負けた分、これからは勝ち星量産といってほしいところですね。 打線も11点をとる猛攻で好調CLEを圧倒。 ニックスの2発で先制し、その後も立て......続きを読む»

4連戦を3勝で乗り切る

NYYに嫌な連敗で始まったCWS連戦。 1試合目 1-3● モローが6回1失点と好投するも相手投手も抑え投手戦に。 9回にマクドナルドのエラー絡みで敗戦。 嫌な敗戦。またマクドナルドはDL入り。 2試合目 4-2○ ドレイベックが制球難ながらも7回途中を2失点でまとめ、2-2から7,8回に1点ずつ加え勝利。 ジャンセン、キャンプ、ラウチとこの試合は継投が上手くい......続きを読む»

中継ぎ炎上

4-1とリードしながら8,9回に2点づつ入れられサヨナラ負けという最悪の流れで敗北。 9回1点リードでフランシスコ、ジェイズファンならば嫌な予感しかいなかったでしょうがその通りに負けてくれました。 今年のフランシスコは思ったほど三振もとれず、とにかく被弾が多くこれでは僅差の場面を任されません。 球速自体はでているので暫くは楽な場面で起用したほうがいいように思えます。 セットアップ......続きを読む»

中継ぎが不安

5つのエラーを犯すなど連勝中とは思えない雑なプレーで5-6と敗れ連勝がストップしたジェイズ。 次のTB戦ではアレンシビアの一発、ロメロの好投で3-2で勝利。 昨日からのHOU戦では初戦を2-5で落とし、今日の試合は7-5で勝利。 連勝したもののやはり波に乗り切れていないな、と感じてしまいます。 負けた試合はいずれも本来ならば勝っておかなければならない試合で、こういう試合を落として......続きを読む»

マイナーは絶好調②

続いて投手を 3A ブラッド・ミルズ 25歳 IP53.2 SO44 BB12 HR2 ERA2.68 WHIP1.08 今期は好調のミルズ。投球内容もまずまずで、投手地獄のこのリーグでこの成績は申し分なし。 先発がDL入りなどがあれば恐らくセシルよりもミルズが昇格しそうな予感。 ただメジャーではろくに通用していないのでそこが気になる。 来年からはout of optionの選......続きを読む»

マイナーは絶好調

ジェイズはここにきてようやく調子がでてきているといったところですが、マイナーは謎の好調ぶり。 傘下の4チームは全て勝ち越しており、文句なしのスタートを切れています。 挙げたい選手が多いのでまずは野手から 3A ブレッド・ラウリー 21歳 3B AB169 .337/.395/.615 HR9 RBI31 BB13 SO32 SB9 トレード要因のマーカムは移籍先で好調なもの......続きを読む»

6連勝

6連勝でついに貯金生活に突入。 初回にカブレラの犠牲フライで先制されるも、7回にエスコバーの犠牲フライで同点。 8回にはヒルのタイムリー、リベラ、アレンシビアの犠牲フライで3点を奪い勝ち越しに成功。 9回にフランシスコがペラレタに一発を浴びるも4-2で勝利。 ドレイベックは7回1失点。 これだけ見ると素晴らしい投球ですが、投球内容は酷い。 2奪三振6四球と制球難で、ストライク率も......続きを読む»

バティスタ3発!5連勝で勝率5割へ

今日勝てば勝率5割という大事な試合。 その試合でバティスタが3打席連続のホームランを放ち11-3で圧勝。 バティスタもなんか神がかっているといった状態で、2本目のホームランはインサイドのやや厳しい球でしたが、それを上手く捌いてスタンドへ。 打たれたスローウィの「なんやこいつ・・・」みたいな表情が印象的です。 本塁打数はこれで16本となりアリーグの本塁打王争いではひとつ抜きんでた存在に。 1......続きを読む»

今期初の4連勝

今日も延長戦を制して勝利。 これで4連勝となり、借金もついにあとひとつ。 今日の試合は中継ぎがしっかりゲームをつくってくれたのが大きかったです。 ドーテル、ラウチはやや不安定でしたが無失点リレーで反撃を待ち、同点、逆転に成功。 フレイザーはあまり重要な場面ではでてきていませんが内容からすればいま一番安定感がありますね。 球速はそこまででていませんが、制球が安定しており安心できます。......続きを読む»

バティスタだけ

バティスタのツーランだけが見所でそれ以外は特に何もなく2-5で敗戦。 とにかく打線が重症で、バティスタが孤軍奮闘している感が否めない。 今日も四球0とフリースインガー打線は健在で、出塁が少ないのだから機動力も使えず、相手投手を楽にしています。 攻撃もちぐはぐで、バティスタのツーランもパターソンの併殺打がなければスリーランになっていた。 フリースインガーぶりが酷すぎるというのはここで何......続きを読む»

バーランダー、ノーヒッター

題名通り今日のジェイズ戦でバーランダーがノーヒッターを達成。 おめでとうございます。 ロジャースセンターということでなんともいえないような雰囲気の中で達成となりましたが。 バーランダーは8回をこえても球速が101マイルを計測するなど、素晴らしいものですが、フリースインガー打線のジェイズ打線がバーランダーを助けてしまった感は否めません。 特に序盤は早打ち凡退の山で、もう少し粘っていれば......続きを読む»

リンドに復活の兆し

結局前回のTB戦は1勝2敗で負け越し、そして今日からのDET戦の初戦を勝ち取ったジェイズ。 バティスタを欠く中で2勝2敗でこれたのはいいという見方もできますし、厳しい見方をすればまたTBに負け越して淡々と白星を献上しているということも言えそうです。 打線は相変わらずのフリースインガー打線、とりわけバティスタがいない現在はその傾向が顕著ですが、リンドの復調によりある程度カバーできているところで......続きを読む»

クーパー、メジャー初安打も道は険し?

初戦をとったもののその後2試合は連敗のジェイズ。 いつの間にか地区最下位に。 これだけ同地区に負け越していては仕方ないでしょう。 打線は08年ドラ1のデビット・クーパーが嬉しいメジャー初安打。マルチヒットも放ちました。 10打席で1四球、1三振と球はそこそこ見えているようで、全くメジャーに通用しないというわけではなさそうです。 しかしながらクーパーにとってはこれからが正念場になるの......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondoc51

ブルージェイズ応援ブログ
最近はやや不定期投稿になっていますが、まめに更新していきたいです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3673471

(01月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 失望のドラフト
  2. ブロックバスター!
  3. フラッグディール動向まとめ
  4. ドナルドソン獲得
  5. ディッキー獲得という賭け
  6. 来季構想―All or Nothing
  7. 有望株ランキング
  8. カナダ野球の現状・展望
  9. メルキー・カブレラと契約
  10. 主砲の契約延長の行方

月別アーカイブ

2018
01
2017
09
08
07
06
05
04
01
2016
11
10
09
08
07
06
02
01
2015
06
05
03
02
01
2014
12
11
09
07
05
04
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss