Go! Jays! Go!

月別アーカイブ :2011年02月

2試合連続完封負け

昨日からついにオープン戦が開幕。 しかしながら、ジェイズは2試合連続の完封負けと出だしの悪いスタートとなりました。 1試合目0-4で敗北。 詳細はこちら 2イニング投げたセシル、レイの2人は1失点ずつすることとなってしまったが、四球をださず三振を奪えているので 内容的には問題ない。 問題なのはカールソンで、1イニングを投げて2四球をだすなど制球難も手伝って2失点。 この結果ではロス......続きを読む»

明日からオープン戦開幕

ここ2週間はキャンプで調整を続けていたジェイズの選手たちですが、いよいよ明日からはグレープフルーツリーグが開幕し、他球団との試合となります。 ジェイズの初戦の相手はDETです。 先発はセシルが2イニング、続いてリッチモンドが2イニング、その後はパーシー、レデズマ、カールソン、ヒンクレイ、ペレスと投げるそうです。 場合によってはファリナ、アルバレスら有望株の出番もあるかもしれないとのこと。 ......続きを読む»

リッチは好調

前回のエントリーでは怪我の選手が多くネガティブな要素が多かったですが、腰の手術からの復活を目指すリッチは順調な調整が進んでいるようです。 本人は「昨年と比べてもスピードがでているし、厳しいところを突ける。よいスナップをかけて自在にボールを操れる。」「ここ最近にはなかったよい手ごたえがある」と復活へ向けていいスタートを切れているようです。 今週には初めて打者を相手に投球をしましたが、対峙したヒ......続きを読む»

マイナー有望株ランキング20~11位

引き続き前回の続きとなります。 20位 アドニス・カルドナ 16歳 193cm 82kg 10年ドラフト外指名 契約金2.8M RHP 球種B 奪三振率? 制球? 完成度E 将来性A パンダGMから大金を叩いて獲得したベネズエラの有望株。ちなみに契約金2.8Mはキューバの例外を除けば中南米系の選手の入団の中では史上4番目の高額な契約だそうだ。 直球は91~93マイルで、16歳にして......続きを読む»

やや気になる怪我人の多さ

一昨年は先発の相次ぐ故障により苦しめられたジェイズ。 昨年もSTはリッチモンドが肩を痛め60日DL入り。セシルが料理の際に指を切って故障、モローがわき腹の違和感で登板回避、ゼプチンスキーがSTの試合で打球を受け骨折となり開幕絶望とSTでは何かとよからぬことが多かった印象があります。 約一名野球と全く関係ないところで怪我をしている選手がいますが、今年はそういったことはなくしてほしいものです。 ......続きを読む»

マイナー有望株ランキング30~21位

再び前回の続きを。 30位 モイゼス・シエラ 22歳 185cm 102kg 05年ドラフト外指名 OF 巧打D 長打D 守備C 走塁B 選球眼D 完成度D 将来性C 40人ロスター入りを果たし、首脳陣からの期待が高い選手。 しかし昨年は怪我で苦しみ、思うような結果を残すことができなかった。 盗塁ができ走力はあるが、将来的には両翼を守るタイプか。 今期は巻き返しが期待される。 ......続きを読む»

スナイダー、胸郭の肋間筋を負傷

スプリングトレーニング序盤から良くないニュースが飛んできました。 スナイダーがゴルフをしている間に胸郭の肋間筋を負傷したとのことです。 本来は開幕までには万全の状態で間に合うように取り組む、としているスナイダーですが、痛めた箇所がどの程度深刻なものであるのかわからないので心配であります。 スナイダーに関して言えば、素質は間違えなくあり、昨年は守備走塁面でも向上していることがわかります。 ......続きを読む»

マゴワン、カムバックなるか

2年間故障続きで登板機会のなかったマゴワンがブルペン入り。 ここ2週間で3度ブルペンに入り、それぞれ球数を25球に制限して投げました。 球種は直球とチェンジアップしか投げておらず、まだ80%程度の力でしか投げていないそうですが。 ファレル監督はマゴワンに関しては楽観的で、スプリングトレーニング中に登板できることを示唆。 ここ2年間はマイナーですら登板機会のなかったマゴワンですが、いよ......続きを読む»

マイナー有望株ランキング40~31位

前回の有望株ランキングの続きとなります。 今回は40~31位です。 40位 ガブリエル・セナス 17歳 185cm 79kg 10年ドラフト外指名 契約金700K 3B 巧打? 長打? 守備? 走塁? 選球眼? 完成度E 将来性B カルドナとともに昨季ジェイズ入りしたベネズエラ出身の選手。守備は3B。 将来的には中軸を打つ3Bとして期待される。 現状ではまだ未知数か。 ......続きを読む»

バティスタと5年64Mで契約延長

ついにバティスタとの契約延長が決まりました。 契約では5年64M(1年目8M、それ以降毎年14M、15年にもオプション行使の場合は14M)となりました。 この契約規模の大きさはウェルズの7年1億2600万ドル、リオスの7年7000万ドル、デルガドの4年6800万ドルに次ぐ大型契約となります。 バティスタの成績についてはいまさら多くの説明を必要とはしないでしょう。 昨年のシーズンが始ま......続きを読む»

ポドセドニクとマイナー契約

ジェイズがポドセドニクとマイナー契約を結んだことを発表。 スコット・ポドセドニク 34歳 左投げ左打ち OF  今期成績 G134 AB539 .297/.342/.382 SO83 BB40 HR6 RBI51 SB35 BABIP.338 対左.289/.329/.349 対右.300/.349/.406 ホーム.259/.294/.333 アウェイ.331/.383/.426 通......続きを読む»

マイナー有望株ランキング41~50位

今回はマイナー有望株のことでも。 ジェイズジャーナルでチーム内有望株ランキングができあがっているのでそれの要約と個人的感想を合わせてまとまめてみました。 それではどうぞ。 50位 ライアン・テペラ23歳 185cm 82kg 09年ドラフト19順目指名 RHP 球種 D 奪三振率 D 制球D 完成度D 将来性D 一昨年ではリリーバーとしてルーキーリーグで好成績を残した。 昨年は先......続きを読む»

バティスタの契約成立は期間延長へ

いまだに年俸が決まらず、先日STでのキャンプ入りとなる14日までに契約延長が成立しなければシーズンオフまで契約延長の話は受け付けないとしていたバティスタ。 その14日になりましたが、いまだに契約がまとまらず、契約延長の期間を金曜日(19日)まで延長すると発表。 やはりジェイズ側は1年契約ではなく複数年契約を狙っている模様です。 よく言えばお互いに歩み寄る姿勢を見せている、悪く言えば契約延長......続きを読む»

バティスタの契約交渉は難航中

プホルスがSTのキャンプまでに契約延長がまとまらなければFAとなると宣言してしますが、バティスタも同様にSTのキャンプまでに契約延長がまとまらなければFAとなるとしてします。 本人はジェイズに残留したいとの意思を示してはいるものの、シーズン中はプレーに集中したいとのことで契約延長はFAとなってからということになります。 ウェルズのトレードが成立した現在となってはバティスタの契約延長をどう......続きを読む»

セイバー的観点からは来期のジェイズは期待できる!

明るい話題でも。 来期もなかなかプレーオフ進出は簡単ではないとされているジェイズですが、セイバー的観点からすれば今期は意外と期待がもてます。 ジェイズのチームERAは4.23で、これはアリーグ14球団中10番目と平均未満です。 ところが、BB,K,HRから計測されるFIPではジェイズは4.03の数値を残しアリーグ3位と高い数値を残しています。 つまるところ、ジェイズは防御率以上に実力......続きを読む»

リベラもトレードへ?

ウェルズのトレードにより獲得したナポリはすでにフランシスコとトレードされましたが、どうやらもう1人の獲得選手であるリベラのトレードにも興味があるそうです。 リベラは33歳で今期オフにFAとなるので、チームも元々長期にわたって在籍させるつもりはないそうです。 ジェイズは元々リベラが特別欲しかったわけではなく、ウェルズのトレードをした際に、LAA側が今期年俸5.25Mとやや高額で昨季不振だったリ......続きを読む»

ペイロールは140~150Mへ?

ポール・ビーストン球団代表がジェイズのペイロールを最終的には140~150Mにしたいと宣言。 150MとなればPHIとほぼ同等のペイロールで、NYY,BOSには劣るもののこれだけのペイロールがあれば資金面でも上位球団と張り合えます。 しかしながら、現在の閑古鳥の鳴くロジャースセンターの動員数では当然ながらそんなペイロールに見合っただけの収益はなく、観客動員の増加が条件となりますが。 成績だけで......続きを読む»

得点効率の悪さは改善されるのか?

昨年は257本というチーム本塁打数をマークしたジェイズ打線。 爆発的な本塁打数によって長打率は両リーグ1位、チームOPSも.766と両リーグ4位と破壊力ある打線でしたがその一方でチーム得点数になると両リーグ9位と平凡な数字となってしまいます。 特にTBとは対照的で、TBはチームOPSは両リーグ14位とDHのあるアリーグではむしろ平均以下の数値でしたがチーム得点数は両リーグ3位。 ジェイズよ......続きを読む»

今期注目のプロスペクト

今期は開幕からドライベック、アレンシビアという有望株がメジャーで起用されるのは決定してします。 今回はそれ以外の有望株についても見ていきます。 主に昇格しそうな選手を中心に取り上げます。 ブレット・ラウリー 2B/3B MLBの有望株ランキングでも28番という高評価。20歳の若さで2AでOPS.797と適応している。 昨季は30盗塁、3塁打は16本とスピードもある攻撃型野手。 ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondoc51

ブルージェイズ応援ブログ
最近はやや不定期投稿になっていますが、まめに更新していきたいです。
  • 昨日のページビュー:63
  • 累計のページビュー:3673627

(01月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 失望のドラフト
  2. ブロックバスター!
  3. フラッグディール動向まとめ
  4. ドナルドソン獲得
  5. ディッキー獲得という賭け
  6. 来季構想―All or Nothing
  7. 有望株ランキング
  8. カナダ野球の現状・展望
  9. メルキー・カブレラと契約
  10. 主砲の契約延長の行方

月別アーカイブ

2018
01
2017
09
08
07
06
05
04
01
2016
11
10
09
08
07
06
02
01
2015
06
05
03
02
01
2014
12
11
09
07
05
04
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss