Go! Jays! Go!

月別アーカイブ :2010年10月

来期戦力構想:投手編

それでは来期の戦力予想をしていきます。 まずは投手から 先発 1.マーカム 2.ロメロ 3.セシル 4.モロー 5.ドライベック その他候補 ゼプチンスキー リッチ リッチモンド (マゴワン) マイナー有望株 スチュワート 先発はマーカム、ロメロ、セシル、モロー4番手までは確定。これは揺るがないだろう。 今年は先発5番手に泣いた。 4人以外の先発の数字......続きを読む»

モリーナ、来期もジェイズでプレー

タイトル通り、モリーナのオプション行使が決定しました。 来期の年俸は120万ドルとなる見通し。 打撃成績だけならば、.246/.304/.377と平凡な数字でありますが、実際にはそれ以上の働きを見せてくれたのが今期のモリーナ。 盗塁阻止率は40%超え、リード面でもモローら調子のあがらない投手を牽引し、バックアップ捕手としては十二分の数字。 来期の正捕手が誰になるかはまだ不透明といった......続きを読む»

新監督はファレル氏に決定

ジェイズの新監督はBOSの投手コーチであるファレル氏に決定しました。 投手出身の監督というと現在ではSDの監督であるブラック監督くらいで、異色の監督と言えそうです。 これと同時に、ウォルトン投手コーチ、バターフィールド3塁ベースコーチの留任も決まりました。 マーフィー打撃コーチにも残留要請をだしているとのことですが、まだ留任が確定したところまではいっていない模様。 確かに先発陣を......続きを読む»

ヒル、リンドは復活するのか

昨季はシルバースラッガー賞を受賞したヒルとリンドの2人。 今期も主力をとしてチームを牽引していってくれる存在であると期待していたファンが大半だったはず。 しかしチームを牽引するどころか逆に足を引っ張ってしまったという印象が強い。 ガストンも使い続けていれば復調するだろうと思っていたでしょうし今期の最大の誤算と言えそうです。 来期はこの2人がどのくらいの成績を残せるかというのはかなり気......続きを読む»

オーバーベイ、エンカーナシオンの去就は?

今回は去就が注目されるオーバーベイとエンカーナシオンの去就について書いていきます。 オーバーベイは今期FA。タイプなしで流出してもしなくても損得はなし。 今期年俸は700万ドルだが、恐らく大幅な減額となるだろう。 1B、DHのFA選手は今期FA市場でかなりいるので、オーバーベイを残留させる必要はあまりない。 オーバーベイを残すかどうかはチームの編成如何といったところだろう。 守......続きを読む»

今期総括:外野手編

4度にわたって書いた今期総括も今日で最後となります。 それではどうぞ。 バーノン・ウェルズ 今期成績 AB646 .273/.331/.515 HR31 RBI88 BB50 SO84 ご存知MLB最大の不良債権。 今期は春先から好調。オールスターにも選ばれた。 ようやくまともに見れる数字まで復調してきたのは救い。 4番センターでほぼフル出場し、チームを引っ張ってきた。 守備......続きを読む»

新監督はサンディ・アロマー・ジュニア?

ガストンの退任により、新監督探しに奔走しているであろうジェイズのフロントですが、ここにきてサンディ・アロマー・ジュニアと3度目の会談を行っていることが明らかとなった。 サンディ・アロマー・ジュニアというと、捕手の名産地プエルトリコ出身で、90年代のCLEを支えた捕手として知られます。 ただ、弟のロベルト・アロマーのほうがさらに有名なはず。 ロベルトはジェイズの永久欠番となっており、前回は残......続きを読む»

今期総括:内野手編

今回から野手の総括に入ります。 それではどうぞ。 ジョン・バック 今期成績 AB409 .281/.314/.489 HR20 RBI66 BB16 SO111 ロイヤルズをN-FAとなり、今期ジェイズに加入。 パワーはあるが低打率、守備の評価も低かったが、予想以上の数字を残した。 長打を量産し、オールスターにも初出場。 守備面でも盗塁阻止率が27%と課題の守備面でも若干では......続きを読む»

今期総括:リリーフ編

前回に続き、今回はリリーフ編を。 それではどうぞ。 スコット・ダウンズ 今期成績 5勝5敗 ERA2.64 IP61.1 SO48 BB14 HR3 WHIP0.99 DIPS3.05 BABIP.256 昨年は怪我などもあり満足のいく成績を残すことができなかった。 今期も序盤はイマイチであったが、中盤から後半にかけて復調。 四球も比較的少なく安定感があった。5敗しているのがやや......続きを読む»

秋期&冬季リーグ開始

ブルージェイズとしての今シーズンは終了してしまいましたが、ジェイズの選手全員がオフシーズンかというとそうではない。 今日からアリゾナ秋期リーグ、ウィンターリーグが開始。 アリゾナ秋期リーグでは、エリク・テームズ、マイケル・マクデイド、アラン・フェリナ、ダニー・ファークファー、マット・ダリーがロスター入り。 ウィンターリーグではダリン・マストロアイニーがベネズエラのアギラス・デル・ジ......続きを読む»

今期総括:先発編

今度は個々の選手の成績について総括を行っていきます。 それではどうぞ。 ショーン・マーカム 今期成績 13勝8敗 ERA3.64 IP195.1 SO165 BB43 HR24 WHIP1.15 DIPS3.75 BABIP.280 今年の開幕投手。TJ明けの今期、見事復活し、キャリアハイの勝利数を挙げた。 AS頃に肘の痛みが心配されたが、終わってみれば登板回避は1回だけで、投球......続きを読む»

今期全体総括

ハラデー、リオス、ローレン、スクータロと主力が一斉にいなくなり、再建イヤーとなった今季。 100敗は覚悟の状態ではあったが、その割には健闘したといったところではないだろうか。 今年も昨年同様春先ダッシュに成功。 ウェルズら打線の爆発でア東首位に躍り出た。 しかしやはり地力が上位3球団には及ばなかったか、ずるずると後退してしまった。 特にインターリーグは苦しい試合が続いた。 インターリーグ......続きを読む»

ハラデーのノーヒッターと今期オフの契約について

ハラデーがノーヒッターを達成しました。 ポストシーズンでのノーヒッターはドン・ラーセン以来53年ぶり?だそうで、名実共に偉大な記録ですね。 ハラデーの場合凄いのはノーヒッターを達成してもそこまで凄いと感じさせないところが凄いです。 ジェイズ時代から毎年のようにNYYやBOSに対して完封勝利をしていたので、いずれはノーヒッターをするとは思っていましたが、移籍1年目で完全試合&POでノーヒッタ......続きを読む»

シーズン終了

さて、ジェイズの2010年は終了しました。 いつの間にかブログのカウント数も50万ヒットを超えました。多くの方々に読んでもらい、またコメントをもらうことはとても励みになりありがたいです。 シーズンは終了し、選手はようやく溜まった疲れをリフレッシュできるでしょうが、GMにとってはこれからがシーズンの始まりといったところでしょう。 ここでいくつかの情報を 公式サイトの情報によれば ......続きを読む»

最終戦勝利でシーズン終了 

ゼプチンスキーとブラックバーンの先発で始まった今日の試合。 4回にブラウフのタイムリーで先制されるも、5回にエンカーナシオンがソロホームランで同点に。 7回にはリンドの勝ち越しソロホームラン。 ゼプチンスキーは7回まで投げ、カールソン、キャンプの無失点リレーでゲームセット。 2-1で勝利。 ゼプチンスキーは7回を投げ被安打4奪三振6与四球2で1失点(自責点0) 昇格当初は......続きを読む»

グレッグ炎上

マーカムとダンシングの先発で始まった今日の試合。 初回にウェルズのタイムリーで先制するも、その裏にヤングのゴロの間に得点され同点に。 しかしすぐ2回にエンカーナシオンのツーランで勝ち越し、4回はモリーナの併殺打の間に得点。 5回にカシーヤの2点タイムリーで1点差にされ、9回に登板したグレッグが大乱調。カシーヤにサヨナラ2点タイムリーを打たれゲームセット。 4-5で敗戦。 マーカ......続きを読む»

絶好調

ロメロとパバーノの先発で始まった今日の試合。 2回にヤングのソロホームランで先制されるも5回にエンカーナシオンのタイムリーで同点に。 6回にマウアーのタイムリーで再び勝ち越されるも、7回にエスコバーの併殺打の間に得点し追いつく。 そして8回にバックのタイムリーで勝ち越し、エンカーナシオンのとどめのスリーランが飛び出した。 9回はフレイザーが乱調でブラウフにHRを許し、さらにランナ......続きを読む»

消化試合だけどチームは絶好調

ヒルとリリアーノの先発で始まった今日の試合。 2回にエンカーナシオンのツーランで先制すると5回にもエンカーナシオン、モリーナのソロホームランで2点追加。 その裏にブテラのタイムリーで1点を失うも、6回にバックのタイムリーでリリアーノをノックアウトに。 6回裏にはカダイアーのタイムリーが飛び出すも、ジェイズ打線の爆発はとまらない。 7回にはバティスタのグランドスラム、8回にはスナイダー......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondoc51

ブルージェイズ応援ブログ
最近はやや不定期投稿になっていますが、まめに更新していきたいです。
  • 昨日のページビュー:33
  • 累計のページビュー:3671236

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 失望のドラフト
  2. ブロックバスター!
  3. フラッグディール動向まとめ
  4. ドナルドソン獲得
  5. ディッキー獲得という賭け
  6. 来季構想―All or Nothing
  7. 有望株ランキング
  8. カナダ野球の現状・展望
  9. メルキー・カブレラと契約
  10. 主砲の契約延長の行方

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
01
2016
11
10
09
08
07
06
02
01
2015
06
05
03
02
01
2014
12
11
09
07
05
04
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss