Go! Jays! Go!

月別アーカイブ :2010年06月

打線沈黙...

ロメロとウェストブルックの先発で始まった今日の試合。 ジェイズは初回にバティスタのタイムリーツーベースで先制するも、その裏カーンズのタイムリーであっさり同点に。 それからは均衡したゲームが続くも、6回にニックスのゴロの間に1点を失う。 その後はインディアンスの中継ぎを打てずそのままゲームセット。 1-2で敗戦。 ロメロは7回2失点は十分好投した。 しかし前回同様勝ち投......続きを読む»

先発が全て

土日は家を空けていて更新できなかったので一気に3試合まとめてみます。 1試合目 0-9  W ハラデー L リッチ 2試合目 5-1  W マーカム L ハメルズ 3試合目 2-11 W モイヤー L セシル 先発が試合がつくれないチームが試合を落とす、という典型のような試合が続き、白熱した試合とは言えないような試合が多かった。 リッチは自慢の制球力も乱れ4回、4四球、6失......続きを読む»

連敗を止める

モローとウェインライトの先発で始まった今日の試合。 初回にジェイズはウェルズのツーランで先制! さらにリンドもソロホームラン! 2回にはF.ルイスの犠牲フライ、3回にはウェルズのソロホームランで追加点! 序盤で5点をとりウェインライトとノックアウトすることに成功します。 一方の先発モローは8回無失点でまとめる好投。 9回はキャンプが締めてゲームセット。 5-0で勝利......続きを読む»

ドラフト1巡目対決

先発はロメロとカーペンター 意外と知られていないことかもしれませんが、カーペンターはジェイズのドラ1(93年)です。 かつては開幕投手を務めたこともありました。成績は目を張るほどのものではありませんでしたが。 怪我で解雇され、1年のブランクを経てカーディナルスと契約。 その後の活躍はいまさら言う必要もないでしょう。 一方のジェイズはロメロが登板。 此方も05年のドラ1で、投手とし......続きを読む»

マイナー情報など

ここ最近の動きや、マイナー情報をまとめてみます。 エンカーナシオンDFA まさかのDFA。 今季もOPS.762と致命的なレベルではなく、3A落ちの時点でおかしい気がしましたが、DFAとなりました。 トレードでも狙うつもりなのでしょうか。 この成績なら恐らく引き取り手もあるでしょうね。GMは3A落ちを望むと言っていますが。 もう少し見ておきたい選手だっただけに残念です。 せめ......続きを読む»

詰めが甘い

セシルとガルシアが先発した今日の試合。 セシルは2回にモリーナに被弾して1点を失う。 しかしその裏にバティスタが逆転となるツーラン! 逆転したものの3回にはホリデーに同点HRを打たれる。 5回にセシルはホリデー、ラドウィック、フリースからタイムリーを浴びこの回だけで4失点。 ジェイズも6回にリンドのゴロの間に1点、7回にはバティスタのソロホームランで食い下がるも 8回にフ......続きを読む»

スウィープとはいかず

マーカムとサンチェスの先発で始まった今日の試合。 2回にジェイズは失策、連続四球で無死満塁のチャンスをつくると、バックがとめたバットに当たってラッキーなタイムリーヒットで2点を先制。 3回にはハフの1発で1点差に詰め寄られるも、その裏に再びバックのタイムリーで追加点。 4回は失策、ヒットで無死1,3塁のピンチ、ここをローワンドの併殺間の1点で抑える。 5回には満塁のピンチでポ......続きを読む»

今日も1発で仕留める

リッチとケインで始まった今日の試合。 前回炎上し不安要素満載のリッチであったが、今日は初回から凡打の山を築いていく。 一方ジェイズもケインからなかなか打てず、ヒットがでても散発に終わり連打とはいかず、得点ならず。 そのままゼロ行進で進み、リッチは7回で降板。 8回からキャンプが登板。 レンテリアに2塁打を打たれピンチとなるもバティスタのナイスプレーもあり無失点。 その裏2死な......続きを読む»

エンカーナシオン!

モローとジトの先発で始まった今日の試合。 初回にモローは2本のヒットと打たれ、さらに連続四球で押し出しで1点を許す暗雲漂う出だし。 いきなりの乱調に熱いブーイングも飛び交っていた。 しかしゴンザレスの好守もあり後続をゴロアウトで仕留る。 モローは2回以降はまずまずの投球内容を見せるものの、ジェイズはジトに翻弄され得点どころがヒットすらでない状況に。 5回に先頭打者のゴンザレスが......続きを読む»

久々の快勝

ロメロとコレイアの先発で始まった今日の試合。 初回にジェイズはF.ルイスの先頭打者スリーベースを足がかりに、リンドの内野ゴロの間に得点。 しかし2回にロメロはランナーを2人だすと内安打の打球をファーストに悪送球して同点とされます。 この後は両者共に好投が続いたのですが、5回にオーバーベイがヒットで出塁すると、バックが勝ち越しのツーラン!! 3-1とリードし、さらにF.ルイスがヒット&......続きを読む»

いろいろと残念なことが・・・

セシルとレイトスで始まった今日の試合。 2回にセシルはカニンガムに満塁弾を打たれ4点をとられ、3回にも1点を失います。 ジェイズも4回にゴンザレス、オーバーベイの連続タイムリーで2点を返すもこれ以上続かない。 このまま0行進が続き、9回にジャンセンが炎上して3点を失い万事休す。 2-8で敗北。 今日のセシルは直球が走っていたのでいけるのではないかと思いましたが打たれてし......続きを読む»

連敗ストップ

マーカムとガーランドの先発で始まった今日の試合。 2回にジェイズはゴンザレスが四球で出塁すると、バックが先制ツーラン! 3回にはマーカムの四球、ワイズのツーベースで2死2,3塁のチャンスをつくると、ヒルが2点タイムリーツーベースで追加点! その裏にマーカムはヘアーストンからソロホームラン、5回にはゴンザレスからソロホームランを浴び2点を失います。 しかし6回にヒルのタイムリー......続きを読む»

まるで打てない

モローとハメルの先発で始まった今日の試合。 防御率5点台の両投手が投げるということで打撃戦になるかと思いきや、投手戦となります。 ゼロ行進でしたが、6回にモローがこの回初めての四球を許すと、ヒットで1,3塁のピンチとなり、C・ゴンザレスの犠牲フライで先制されます。 7回にモローは降板し、パーシーが登板し、火消しに成功します。 8回にはダウンズが登板。しかし四球とヒットでピンチをつくります......続きを読む»

不完全燃焼

ヒメネスとロメロの先発で始まった今日の試合。 ジェイズは2回にオーバーベイのタイムリーで得点もその裏にスポルボーグスのHR、バームズのタイムリーであっさり逆転。 しかしジェイズはヒルにツーランHRが飛び出して逆転に成功! それもつかの間、4回にはオリーボのタイムリー、5回にはC・ゴンザレスのHRで逆転されます。 6回にはフレイザーが登板しますが、満塁のピンチをつくるとタレット......続きを読む»

意地を見せる

セシルとデービスの先発で始まった今日の試合。 ジェイズは2回にゴンザレスのHRで先制! しかしすぐにその裏ペーニャのHRで同点とされ、1-1となります。 しかし3回にジェイズはバック、ヒルと繋いでリンドがタイムリーヒットで勝ち越しに成功します。 そのままゼロ行進で進んだ8回に、ヒル、ウェルズの連打、敬遠でチャンスをつくるとゴンザレスの犠牲フライで追加点となります。 一方セシ......続きを読む»

リッチ昇格へ

前日の大炎上が原因となり、ロミー・ルイスは3A落ち。 やや四球が多く、競った場面ではよく打たれたのが印象悪かった。 また3Aからやり直しだが、ジェイズの中継ぎはぼろぼろなので下で頑張ればチャンスがまた巡ってくるだろう。 そしてリッチが昇格し、タレットは中継ぎへ。 タレットと入れ替わる形となるので最初の登板はCOLとの3連戦の3カード目となる。 リッチは1A+では防御率1点台と安定してい......続きを読む»

何もなし

タレットとニーマンで始まった今日の試合であったが、タレットは3回までは何とか持ちこたえていたものの、4回にペーニャに被弾 5回は満塁からロンゴリアにタイムリーを打たれ降板、2番手のロミー・ルイスもペーニャに満塁弾を打たれこの回7失点。 打線も打線でニーマンから2安打完封負け。 0-9で敗北。 今日はジェイズに関するハイライト動画が1つもなく、本当に何もない試合だった。 タレットはやっぱ......続きを読む»

ついにドラフト開始!

ついにドラフト指名が始まりました。 ジェイズは1順目と1順目補充で合計4人の指名権がありました。 それではそれぞれの選手の紹介をします。 デック・マグワイヤー 全体11順目指名 年齢:20歳(89年6月23日生まれ) 身長:6フィート6インチ(約198cm) 体重:218ポンド(99kg) 右投げ右打ち スカウティングレポートまとめ 直球が91-93マイル程度でスライダ......続きを読む»

ドラフト考察~ここ数年のジェイズのドラフト事情~

ドラフトがそろそろということで、ジェイズのドラフトを見ていきます。 まずは03年からの指名を眺めてしましょう。 ソースはbaseball america から ドラフトのリストは冗長なので全部見ると疲れてしまいますね(笑) 03年 Rnd Pk Overall Player Position School State Bonus 1 13 13 Aaron Hill ss Loui......続きを読む»

やっぱり中継ぎが・・・。

モローとバスケスの先発で始まった今日の試合。 防御率が共に6点台と馬鹿試合になるのではないかと思われましたが投手戦となります。 両投手ともに奪三振ショーを見せ、5回まで両者得点なし。 バスケスに至っては6回途中までノーヒッター。 その6回にジェイズは2死ながらリンドが四球で出塁。 ウェルズが初ヒットとなるツーランホームランで先制!! モローも7回ヒットと四球でやや苦戦しますが......続きを読む»

ヤンキースに連勝!

NYY3連戦の初戦、セシルとバーネットの先発で始まりました。 ジェイズは2回にバティスタのHRで先制。 4回にセシルは無死1,2塁、バッターはAロッドというピンチを迎えます。 しかしここをゴンザレスとヒルのナイスプレーもありゲッツーで仕留め、続くカノーを三振にとり得点させません。 するとその裏、バティスタが2本目となるツーランを放ちます。 さらに5回にはエンカーナシオンのソロホ......続きを読む»

課題は明白な物に

多忙でアーカイブすら見れそうにもないので、試合の内容はかなり端折ります。 マーカムとプライスの投げ合いが続き8回まで2-1でリードするも9回、マーカムの続投が裏目にでて 同点、フレイザー、ダウンズを投入するも抑えられずこの回6失点で逆転され逆転負け。 3-7で敗れました。 今日の敗因は9回に被安打7、奪三振2と絶対的な安定もなく、球数もそこまで楽な球数でもないのにも関わらずマーカ......続きを読む»

5連勝とはいかず

タレットとニーマンの先発で始まった今日の試合。 初回にジェイズはF.ルイスの先頭打者HRで先制します。 2回にタレットは連続四球でピンチを迎えるも何とか抑えます。 3回には先頭打者のBJアップトンに打たれましたがここも無失点で終え、同点とはさせません。 なかなかニーマンをとえら切れないジェイズ打線でしたが 5回にバックがソロホームラン! さらにF.ルイス、ヒルの連打でチャンス......続きを読む»

モローの謎の好投で4連勝!

モローとガーザの投げ合いで始まった今日の試合。 初回にジェイズはヒルがセンター返しのヒットを放つとリンドが外角低めの球をレフトに飛ばして ツーランホームラン! 2点を先制します。 その後好機をつくるもなかなか得点に結びつけることができませんでしたが 5回に先頭打者のF.ルイスがツーベースで出塁すると、ワイルドピッチで3塁に進塁。 ヒルのタイムリーヒットで追加点。 このまま楽......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondoc51

ブルージェイズ応援ブログ
最近はやや不定期投稿になっていますが、まめに更新していきたいです。
  • 昨日のページビュー:47
  • 累計のページビュー:3671060

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 失望のドラフト
  2. ブロックバスター!
  3. フラッグディール動向まとめ
  4. ドナルドソン獲得
  5. ディッキー獲得という賭け
  6. 来季構想―All or Nothing
  7. 有望株ランキング
  8. カナダ野球の現状・展望
  9. メルキー・カブレラと契約
  10. 主砲の契約延長の行方

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
01
2016
11
10
09
08
07
06
02
01
2015
06
05
03
02
01
2014
12
11
09
07
05
04
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss