Go! Jays! Go!

月別アーカイブ :2010年05月

ロメロの完投勝利でスウィープ!

ロメロとガスリーの先発で始まった今日の試合。 初回ロメロはパターソンにヒットを打たれ、その後まさかのボークで無死2塁のピンチに。 ルーゴにバントで送られ、マーケイキスのタイムリーであっさり得点されます。 ジェイズはその裏すかざず反撃。 F.ルイスがツーベースで出塁すると、その後2アウトとなるも4番のウェルズが同点となるタイムリーツーベース。 さらにバティスタの四球の後、ゴンザレスが......続きを読む»

ハラデー完全試合 その他情報など

ハラデーがFLA相手に完全試合を達成しました。 正直なところ、そのことに対する感想は「ふーん」程度です。 何せ毎年のようにNYYやBOS相手に完封勝利を挙げる変態ですからね! ハラデーが完全試合を達成する可能性は、モローが無四球完投勝利を挙げることよりもよっぽど高いでしょう。 ハラデーに関してやや不安なのは相変わらず酷使され続けていることですね。 PIT戦で135球で完投し、中4日......続きを読む»

怒濤の1発攻勢で連勝!

セシルとティルマンの先発で始まった今日の試合。 初回ジェイズはF.ルイスの2塁打でチャンスメイクするも後続が3連続三振で得点できず。 しかし2回にオーバーベイのソロホームランで先制! セシルは3回までパーフェクトピッチング。 4回にマーケイキスにこの試合初のヒットを打たれます。 しかしウィギントンをゲッツーに仕留めこの回も3人で終えます。 6回、ここまでよかったセシルがイ......続きを読む»

エースの力投で完封勝利

マーカムとミルウッドの先発で始まった今日の試合。 初回にジェイズはF.ルイスがぼてぼてのあたりもそれが幸いして内安打に。 さらに盗塁を成功させ、無死2塁のチャンスをつくります。 そしてヒルが先制のタイムリーツーベース。 さらに今日の試合から5番にあがったバティスタがタイムリースリーベース。 2塁手のムーアの悪送球もあってバティスタは一気に生還。 初回から3点をとります。 2回に......続きを読む»

踏ん張りきれず

モローとピネイロの先発で始まった今日の試合。 ジェイズは2回、2つの四球とバックのヒットで満塁の好機をつくると、エンカーナシオンが押し出しの四球、リードの2点タイムリーで先制! しかしモローも不安定な内容で、3回には連続四球からケンドリックにタイムリーツーベース、ハンターの犠牲フライで2点を返され、さらに4回にはライアンにタイムリーツーベースを打たれ同点に。 6回からはモローに代わってロミー・......続きを読む»

昨日の勢いは何処へ?

ロメロとサンタナの先発で始まった今日の試合。 初回にロメロはアブレイユにタイムリーツーベースを打たれ、いきなり失点します。 2回はさらに酷く、6本のヒットを打たれ4失点。 その後は持ち直しますが6回にナポリにソロホームランを打たれ、さらに四球をだして降板。 2番手のローニキーもエラー絡みで失点。 投手陣は8点をとられる乱調となってしまいました。 一方の打線も、サン......続きを読む»

理想的な戦い方で見事完封勝利!

セシルとソーンダースの先発で始まった今日の試合。 ソーンダースには前回完封を許してしまったので何とかリベンジを果たしたい試合でした。 初回にジェイズは先頭打者のF.ルイスがスリーベースでいきなりチャンスをつくると リンドがきっちり犠牲フライを打って幸先よく先制します。 一方、先発のセシルは3回までヒットを許さず好投を見せます。 4回にジェイズはバティスタが粘って四球で出塁すると......続きを読む»

イヴランドDFA

タイトル通り、イヴランドのDFAが決まりました。 ここ3試合は不調でERAも6.45まで膨れ上がりました。 制球がとにかく安定せず、44回2/3を27四球ではこのような結果になるのは仕方ないでしょう。 STでは絶好調、4月も5番手としてはいい働きをしていて期待していたのですが、5月にはいると苦しみました。 イヴランドはウェイバーにかけられ、10日たっても獲得する球団が現れなければ3A......続きを読む»

打線爆発で連敗脱出!

マーカムとバックナーの先発で始まった今日の試合。 1回裏、マーカムは2塁打を打たれ、アップトンにタイムリーヒットを打たれ先制されます。 2回にジェイズは2死満塁の好機をつくりますが打者は投手のマーカム。 案の定打てず得点になりません。 それでも3回にF.ルイスがヒットで出塁。 ヒルがゲッツーになりそうな打球を放つも、2塁手のアブレイユがエラー。 無死1,2塁のチャンスとなりま......続きを読む»

3連敗。ここが踏ん張りどころ

イヴランドとジャクソンの先発で始まった試合。 イヴランドは初回にいきなり4点をとられます。 ジェイズは2回にウェルズのツーベースで出塁するとオーバーベイのゴロの間に1点で反撃します。 しかしイヴランドが大炎上。 2点をとられ満塁の状態で降板。 2番手のロミー・ルイスもタイムリーを打たれこの回4点。 2回で1-8となり絶望的な点差に。 8回にエンカーナシオンのスリーラ......続きを読む»

~怪我人情報~先発ローテの考察

右手首を捻ってDL入りしたスナイダーはDLから戻れる最速の5月30日に戻れるかもしれないとのこと。 少なくとも怪我は深刻なものではないようで、これは朗報です。 またリッチは6月の頭から復帰する見込みとのこと。 ここ2試合は1Aで2試合に先発し17回で2失点だったが、3Aでは6回途中で大炎上してやや調整不足の感も。 マゴワンはリハビリを続けているとのこと。 しかし全く実践試合で登......続きを読む»

6本のホームランが飛び出し打線大爆発!! なお試合は(ry

モローとハレンの先発で始まった今日の試合。 ジェイズは初回、F.ルイスの先頭打者本塁打で幸先良く先制! しかし2回にラローシュに逆転ツーランを打たれ、あっさり逆転されます。 そして4回 モローは3者連続2塁打を打たれ、2点を失います。 さらにハレンにタイムリーツーベースを打たれるという炎上ぶりを見せ、6失点でこの回限りで降板。 6回にはローニキーがハレンにタイムリーを打た......続きを読む»

ランディ・ルイス、楽天に移籍

ランディ・ルイスの楽天への移籍が決まりました。 記事の元はここから SEATTLE -- Some gave hugs, others offered handshakes, and a few did their best imitation of the Japanese language. But everyone seemed in agreement that Randy Ruiz......続きを読む»

無念・・・

ロメロとバルガスの先発で始まった今日の試合。 両者無失点の立ち上がりとなります。 試合が動いたのは3回。 ロメロが先頭打者に四球、さらにヒットを打たれ無死1,2塁となると、イチローの犠打、フィギンスのセーフティスクイズで先制されます。 5回にジェイズは反撃を開始。 ゴンザレスがヒットで出塁すると、バティスタが逆転となるツーラン!! 広いセーフコでぎりぎりのHRでした。 ......続きを読む»

まさに薄氷の勝利

セシルとフィスターで始まった今日の試合。 今期防御率ランキング1位と堂々の成績を残しているフィスターに対し、前回TEX戦で2回8失点でノックアウトされ防御率5点台のセシルではどう考えても分が悪く、「よい時のセシル」が来なければ厳しい戦いになるであろう試合でした。 そのセシルは期待に応え、凡打の山を築いていきます。 試合が動いたのは3回。 先頭打者のバティスタがツーベース。続くバックもヒットで......続きを読む»

15安打4HRの猛攻で快勝!

マーカム、パバーノの先発で始まった今日の試合。 深夜の1時から眠い目をこすりながらの観戦となりました。 マーカムは初回、マウアーを3球三振にとるなど最高の足り上がりを見せます。 ジェイズはその裏、F.ルイス、リンドのヒットで1死1,2塁のチャンスをつくるとウェルズの犠牲フライで先制。 さらに昨日はだめだめだったオーバーベイがタイムリーツーベースを放ち追加点。 初回に2点をとる幸先の......続きを読む»

打てない守れない...

イヴランドとスローウィーの先発で始まった今日の試合。 イヴランドは初回から2塁打と2つの四球を与え満塁のピンチを迎えますが、 ここはクベルを打ち取り失点を防ぎます。 しかしそれも束の間、2回に先頭打者のヤングにHRを打たれます。 その裏にジェイズは反撃。 ゴンザレスのヒットでここで好調のバティスタ。 粘った8球目、インサイドの球をポールぎりぎりのところまで運んで逆転のツーランに!......続きを読む»

マイナー情報:注目選手は?

メジャーリーグでは好調のジェイズですが、今日はマイナーのほうに目を向けていきます。 トッププロスペクト10の選手+筆者の独断と偏見で選んだ注目株について触れていきます。 まずは3Aから 打者ではなんといっても注目はブレット・ウォラス。 AGE/OBP/SLGがそれぞれ.310/.369/.614 HRは11本RBIも31と トッププロスペクトの期待に応える活躍ぶりである。 ......続きを読む»

投打がかみ合い4連勝!!

モローとルイスの先発で始まった今日の試合。 初回にモローはいきなり連打を浴び無死1,3塁のピンチを迎えます。 しかしハミルトンを三振ゲッツーに打ち取り、この回を無失点で終えます。 2回もモローはキンスラー、スモークに連打され 犠牲フライで先制されます。 ジェイズは先発のルイスからヒットすらでない状況が続きます。 ジェイズ打線が反撃を始めたのは4回。 ヒルの四球、オーバー......続きを読む»

ロメロの完封勝利で3連勝!!

ロメロとフェルドマンの先発で始まった今日の試合。 ロメロは初回に2つのストライクをとり3者凡退で終わらせる最高の立ち上がりを見せます。 その裏にジェイズはF.ルイスがツーベース、ヒルがヒット。そしてリンドのポール際、あと少しでホームランとなるタイムリーヒットを放ち、先制します。 しかし、無死1,3塁のチャンスを後続が凡退し、追加点とはならず。 その後はロメロとフェルドマンの投げ合......続きを読む»

超絶馬鹿試合を制して連勝!

セシルとハーデンの先発で始まった今日の試合。 初回からセシルは3連打からゲレーロの2点タイムリーで失点。 さらにキンスラーのバントから、犠牲フライでもう1点を失います。 しかしハーデンもハーデンで酷く、いきなり3者連続四球で無死満塁のチャンスが訪れます。 このチャンスにウェルズが内野ゴロの間に1点を得点 さらにオーバーベイの2点タイムリー2塁打で同点に。 ここでセシルがゲーム......続きを読む»

辛勝でスウィープは阻止!

連敗となってしまったレッドソックスとの3戦目。 ジェイズはマーカム、レッドソックスはウェークフィールドが先発登板します。 序盤は投手戦に。 2回にマーカムは四球とヒットで1死1,3塁のピンチとなりますが後続を2つのフライアウトにとり先制を許しません。 一方のジェイズ打線もナックル爺さんことウェークフィールドに手玉にとられます。 3回にモリーナのヒットで初出塁となるもF.ルイスが凡退......続きを読む»

松坂の不調とはなんだったのか

今日の先発は不調続きの松坂だったので打線の爆発!! に期待したのですがなんと7回1失点で抑えられました。 直球にバットが空を切ってばかりで全くいいところがありませんでした。 一方のイヴランドは守備にもひっぱられ、大量失点をします。 初回に四球で出塁を許すと、ペドロイアのワンバウンドした打球をスナイダーがとれず、スタンドに入りエンタイトルツーベースに。。 この回はゴロと犠牲フライで失点と......続きを読む»

上げて落とす

今日からはBOS戦。 試合前は ・前回に比べて打線は明らかによくなっている。 ・中継ぎも少しはまともになってきた。 ・BOSは相変わらず波に乗り切れていない。 ・ガストンも「この状態でいけば残りのシーズンもきっと幸せになるだろう」と言っていたし・・・。 と結構いけるんじゃね? と思っていて私。 しかしこの私の淡い期待を先発モローが見事に吹き飛ばします。 初回にあっさり......続きを読む»

フレッド・ルイスの値千金の一発で見事な逆転勝利!!

ロメロとフロイドの先発で始まった今日の試合。 初回は両者0点スタート。 試合が動いたのは2回。 先頭打者のウェルズが外角のストレートに手を出し、フライアウトかと思ったらどんどん伸びてセンターオーバーのツーベースに。 その後2死となるもバティスタがぼてぼてのテキサスヒットで先制。 しかし今日のロメロは前回以上に酷い内容の投球となってしまいます。 その裏に連打を浴び、さらにワイル......続きを読む»

ついに連勝もストップ

セシルとピービで始まった今日の試合。 ホワイトソックスは初回、ベッカムの四球からコネルコが先制ツーラン。 いきなり出鼻を挫かれます。 セシルは2回にも3本のヒットで満塁のピンチを迎えると、四球の押し出しで追加点。。 しかし後続は抑え、1点で留めます。 セシルは復調してきますがジェイズ打線はピービからチャンスどころがヒットすら打てず、凡打の山を築いていきます。 試合が動いた......続きを読む»

延長戦をものにして6連勝!!!

これからすぐ外出するため推敲せずに書いたので普段よりやや煩雑な内容になりますがご許しを。 マーカムとバーリーの先発で始まった今日の試合。 バーリーはテンポよいピッチングでジェイズ打線を寄せ付けません。 一方のマーカムも凡打の山を築きあげます。 2回にはスナイダーのスライディングキャッチが見られ、マーカムを守備で盛り立てます。 スナイダーは守備が下手というレッテルを貼られがちです......続きを読む»

完封勝利で5連勝♪

イヴランドとダンクスの先発で始まった今日の試合。 両者ともに左腕で被本塁打が多い投手で、HRのでやすいUSセルラーフィールドなので打ちあいの馬鹿試合になるかと思われましたが、投手戦となります。 初回にジェイズはF.ルイスのヒットとヒルの四球で無死1,2塁のチャンスをつくりますが、ルイスの三盗が失敗したこともあり、無得点に終わります。 2回にはゴンザレスが出塁するもバティスタが併殺打......続きを読む»

奇跡的な逆転劇で見事にスウィープ!!

モローとカルモナの先発で始まった今日の試合。 ジェイズは1,2回共にダブルプレーによりあっさり攻撃が終わってしまいます。 試合が動いたのは3回。 先頭のバティスタが3塁打で出塁すると、スナイダーのタイムリーで先制。 しかしその裏にモローは四球を許すとサイズモアにタイムリーツーベースを打たれあっさり同点に。 さらに4回にはハフナーのソロホームランで勝ち越しを許します。 しかしジェイ......続きを読む»

シーソーゲームを制する

ロメロとウェストブルックの投げ合いで始まった今日の試合。 ジェイズは初回にウェルズの犠牲フライで先制。 ロメロも2回まで5奪三振を奪い、安定したピッチングを披露します。 このまま楽勝ムード・・・と思いきや、状況は暗転し、シーソーゲームとなります。 3回にロメロは2死から制球が乱れ、連打から秋のタイムリーで1-2と逆転されます。 さらに四球を挟んでペラルタに2点タイムリーを浴び、1-......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-icondoc51

ブルージェイズ応援ブログ
最近はやや不定期投稿になっていますが、まめに更新していきたいです。
  • 昨日のページビュー:53
  • 累計のページビュー:3673523

(01月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 失望のドラフト
  2. ブロックバスター!
  3. フラッグディール動向まとめ
  4. ドナルドソン獲得
  5. ディッキー獲得という賭け
  6. 来季構想―All or Nothing
  7. 有望株ランキング
  8. カナダ野球の現状・展望
  9. メルキー・カブレラと契約
  10. 主砲の契約延長の行方

月別アーカイブ

2018
01
2017
09
08
07
06
05
04
01
2016
11
10
09
08
07
06
02
01
2015
06
05
03
02
01
2014
12
11
09
07
05
04
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss