Go! Jays! Go!

ドラフト

2017ドラフト

間近に迫っているドラフトに関して。  エンカーナシオンの移籍は悲しい出来事(幸い、スモークが十分過ぎるほどその穴を埋めていますが)でしたが、その代償としてドラフト1位指名権を補償として受け取れました。来期以降は補償でドラ1指名権をもらえることはないので、今年のドラフトは大事にしていきたいところです。  ドラフトの有力選手に関しては、公式やBAで詳しい記事があると思いますので、ジェイズ目線で今年の......続きを読む»

ドラフト予想

お久しぶりです。 瞬くご無沙汰してしました。 ドラフトもついに直前、ということでジェイズの将来予測も兼ねてドラフト予想をします。 ドラフトのニーズ 今年は全て。残念ながら、ドラフト指名で補強する必要のないポジションはないはずです。 何せジェイズはオフFA選手のばかり。上位打線だけ見ても…。 バティスタ     ⇒FA ドナルドソン エンカーナシオン  ⇒FA ソーンダース  ......続きを読む»

ドラフトまであと1日半

 先発陣がようやく仕事し始めてチーム状態も上向きなジェイズ。首位とのゲーム差はまださほどないだけに、ここから反攻といってほしいところです。  さて、MLBの大きなイベントの1つでもあるドラフトが間近となってきました。今年はさほど豊作と言える年ではなく、おまけにジェイズは昨季の半分強程度の5411Kしか使えず、最初のピックも29番目ということであまり面白みのありそうな年ではないですが、考察していきま......続きを読む»

失望のドラフト

今年のドラフトを一言で表せば「失望」―― 1日目はそう思ったのですが、3日目までいくと、「絶望」といったほうがいいのかもしれないくらい、今年のドラフトはがっかりです。 今季のドラフトオーダー(右端の数字はBAのランク。15順目以降は脱落があるかも) 1 Bickford, Phillip RHP Oaks Christian HS (CA) 20 2 Hollon, Clin......続きを読む»

ドラフトの難しさ

パンダGMが前任リッチアーディとの相違点として挙げられるのがドラフト重視の姿勢といわれています。リッチアーディ体制下ではスカウトを削減してセイバー重視のドラフトを行ってきましたが体制が変わってドラフトにかなりのスカウトを投入してドラフトに臨みました。その甲斐あってか、チームのマイナー組織ランキングは劇的に改善された、とよく言われています。 しかしながら、実際にジェイズのマイナー組織を見てみ......続きを読む»

ドラフト契約情報

だいぶサインが決まった選手が増えたので、契約金一覧を。 Toronto Blue Jays 2012 Draft Picks Rd. Overall Player   Position Slot   Signed for 1 17 D.J. Davis OF $2,000,000 $1,750,000 1 22 Marcus Stroman RHP $1,800,0......続きを読む»

10順目指名選手の契約金は1000ドル

ドラフトが終了し、すでに契約交渉が進んでいます。 今季から新労働規約により、ドラフトの契約金(1順目から10順目)の上限が設定されたのはご存じかと思います。ちなみにジェイズは8.8Mほど。 先日ジェイズは10順目のアレックス・アドーと契約金1000ドル、6順目のエリク・フィリップスと契約金5000ドルでサインしました。 この金額はわかるように非常に低いです。プロ野球の育成枠なんかよ......続きを読む»

今年もドラ1は期待外れ

パンダGMはドラ1指名が下手だ。 一昨年のマグワイアはここで何度もいっているように全然だめ。 ビディはサインできず、今季はいいドラフトを見せてほしかったですがやっぱりだめ。 全体17番目 D.J.Davis OF 典型的な俊足巧打の1番打者タイプで、足だけなら今回ドラフトされた選手の中でも最速とも。 比較対象がピエールとなっているが、単に足が速いだけでなく走塁技術も高く、ギャッ......続きを読む»

ドラフト分析①

さて、ドラフトまであと2週間程度となりました。 今季もジェイズはドラフトピックがたくさんあり、1順目で2度、補完指名で3度指名できます。 1日目に全体17、22、50、58、60番に指名でき、それ以降は81、112番・・・と続いていきます。 まずはドラフトのポジション別のニーズの分析について 投手 優先度:B 投手プロスペクトのデプスの厚さはMLBでも屈指のものとなって......続きを読む»

ドミニカンの遊撃手,外野手と契約、ドラフトなど

☆ドミニカンSSのロニエル・デモリジとOFのアンドレス・デアザと契約 デモリジは105Kでサイン。体格は182cm、77kg。両打の選手でその両方から十分なバットスピードを繰り出す。ただし打撃に関してはややパワー不足も指摘され、走塁もメカニクスがおかしいとのことでオフェンス面での評価はイマイチ。守備に関しては評価が高く、SSにとどまれるだけのレンジがあると見られています。 動画はこちらから デ......続きを読む»

ドラフト契約金上限が発表

Baseball Americaより、ドラフトの契約金制限の具体的数値が示されました。 ドラフトの契約金制限は10順目までで、それ以降は100K以下であればどれだけ使っても問題なし。 気になるジェイズですが、10順目までの上限は8.8Mで、これは30球団の中で5番目に多い。 ドラ1で2回、ドラ1補完で3回指名できるからでしょう。ちなみに最多はMINの12.3M。 よく見てみると全球団......続きを読む»

12年ドラフト構想

早いですが今期のドラフトについて。 今期もジェイズはドラフトピックだけは豊富に持っています。 全体17順目と、ビディの指名不成立による21順目指名権がドラ1にあり、さらにモリーナ、フランシスコ、ラウチの補償ドラフトで1順目補完に3人指名できます。 まずはジェイズのポジションごとのニーズを分析 C・・・すでに若いアレンシビアがメジャーでレギュラーをつとめていて、傘下にはマイナー......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondoc51

ブルージェイズ応援ブログ
最近はやや不定期投稿になっていますが、まめに更新していきたいです。
  • 昨日のページビュー:43
  • 累計のページビュー:3673565

(01月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 失望のドラフト
  2. ブロックバスター!
  3. フラッグディール動向まとめ
  4. ドナルドソン獲得
  5. ディッキー獲得という賭け
  6. 来季構想―All or Nothing
  7. 有望株ランキング
  8. カナダ野球の現状・展望
  9. メルキー・カブレラと契約
  10. 主砲の契約延長の行方

月別アーカイブ

2018
01
2017
09
08
07
06
05
04
01
2016
11
10
09
08
07
06
02
01
2015
06
05
03
02
01
2014
12
11
09
07
05
04
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss