Go! Jays! Go!

シーズン終了

このエントリーをはてなブックマークに追加

ALCSは思いのほかあっさりとした形で終戦。残念ながら1勝4敗とCLEに完敗。

強力打線に注目されがちなジェイズですが、今年は先発陣がチームの核でした。ALCSでもストローマンは4失点とイマイチだったものの、他の試合はきっちり先発がゲームを作り、緊迫感のある試合へ持っていくことができました。 しかし打線は沈黙でこのシリーズ2度目の零封負けと打線の不振が象徴される終戦となってしまいました。強力な相手の勝ち継投は打てないにしても、バウアーが1回持たずして降板した3戦目や、新人メリットが先発した5戦目でもさっぱりだったのは首脳陣からしても想定外だったのではないでしょうか。 ただこれはレギュラーシーズンでも同様で、春先や9月は打線がさっぱりで負けが込んでしまいました。6,7月の時期は調子がよく、クルーバーを打ち崩して19点とったという試合もあったように、好調時の打線の破壊力は強力で、それは地区シリーズでも十分に見せつけてくれました。しかし、打線全体として好不調の波が激しく、ALCSの頃にはすっかり勢いが喪失してしまいました。ここ数年は今後もワールドシリーズ制覇へ向け邁進するでしょうが、一発頼みでムラのある打線をどうグレードアップさせていくか、これは大きな課題となりそうです。

残念な結果には終わってしまいましたが、この時期まで贔屓球団のプレーを見ることができたのは上出来だったとも同時に思います。シーズン前はプライス、バーリーとローテの軸が抜け、ブルペンもサンチェスが先発転向でさらに層が薄くなり、不安要素は多分にありました。大型補強を敢行した昨年と比べ、予算的にも、トレード要員たりうる有望株も手薄でした。そもそもオフはフロントにてAAが退団するという不穏な動きからスタートしました。それでも主力が継続的に好成績を残し、補強も概ね成功したことでALCSまでたどり着き、カナダ全土を熱狂させました。 ファン心理としては今年こそはワールドシリーズ制覇を!という気持ちも強かったですが、立派にエースとして成長したサンチェスを酷使できない状況、フラッグディールも大きなアップグレードとなるトレードをしなかったことを踏まえると、現実的には今年のワールドシリーズ制覇の可能性は高くなかったのかな、という気もします。

今年は血眼になって補強に走らなかったことを考えると、フロントサイドは継続的に勝てるチーム作りを模索していると思われ、来季こそは悲願の達成に期待したいものです。主力がFAとなるオフだけにその動向は注目せざるを得ないですが、いずれにせよ、来春には再びチームは勝利へ向けて一丸となり、ファンを楽しませてくれることでしょう。

オフシーズンも不定期ながら更新を行っていきたいです。 今後ともよろしくお願いします。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

インディアンス担当記者 過去記事謝罪も選手、ファンの激怒は治まらず!58年ぶりWS制覇へ!ミラーMVP【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

必ずしもカブスは絶対優位ではない ドジャース ワールドシリーズへ一歩前進 【MLB 戦いの原理を求めて】

黒田博樹の引退 完成された野球人生とは【MLB 戦いの原理を求めて】

ブロガープロフィール

profile-icondoc51

ブルージェイズ応援ブログ
最近はやや不定期投稿になっていますが、まめに更新していきたいです。
  • 昨日のページビュー:207
  • 累計のページビュー:3656298

(08月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 失望のドラフト
  2. ブロックバスター!
  3. フラッグディール動向まとめ
  4. ドナルドソン獲得
  5. ディッキー獲得という賭け
  6. 来季構想―All or Nothing
  7. 有望株ランキング
  8. カナダ野球の現状・展望
  9. メルキー・カブレラと契約
  10. 主砲の契約延長の行方

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
01
2016
11
10
09
08
07
06
02
01
2015
06
05
03
02
01
2014
12
11
09
07
05
04
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss