Go! Jays! Go!

メルキー・カブレラと契約

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年までは何だったのかというほどの怒涛のオフシーズン。
先日のブロックバスターに続いて、今後はFAでメルキー・カブレラを獲得しました。


メルキー・カブレラ OF 28歳 両打左投 2年1600万ドル
09年 AB485 .274/.336/.416 13HR 43BB 59SO 10SB
10年 AB458 .255/.317/.354  4HR 42BB 64SO  7SB
11年 AB658 .305/.339/.470 18HR 35BB 94SO 20SB
12年 AB459 .346/.390/.516 11HR 36BB 63SO 13SB
予想 AB648 .295/.348/.432 13HR 48BB 83SO 14SB(by Bill James)

06年から打撃が開眼してメジャーデビュー。しかしバスケスのトレードでATLへ移籍すると打撃不振でN-FAに。11年はKCでプレーして好成績を残すと、SFではASに出場、そこでMVPを受賞。
文句なしの活躍だったが、薬物使用が発覚。50試合出場停止となりシーズン終了となってしまいました。

選手としてはとびぬけたツールはないが、これといった欠点もなく、バランスのよい選手。
今季の打率は凄かったがBABIPが.379と薬物使用抜きに異常に高く、通算打率.284からしても、ここまで打てるタイプではない。
パワーは中距離打者タイプで、あまり大きくは期待できないが10~15本くらいは勘定に入れられる。
足に関しても爆発的に走れるタイプではない2桁盗塁はできる。
守備も平均程度で、CFだとやや物足りず、両翼であれば平均程度。一応外野ならどこも割と経験がある。


まさに劇薬投入というか、なりふり構わずといった感じの補強。
薬物使用をした選手をFAで獲得するという賭けにきました。
ここ2年の数字を維持できるのであれば成功、もとに戻っていたら失敗というわかりやすい賭けですね。
それでもラスマス、ゴーズ、デイビスがLFにつくよりは戦力アップになったのは確実かなと思うので、補強ポイントとしては悪くなかったのかなと。
2年1600万ドルの期待に応えられるかはまた別問題ではありますが、ハンターに2年26MなどFA市場が高騰しそうなので、「傷物」であまり獲りたがる球団がない選手を早めに確保にしておくのは戦略としてはありかと。
それでも他球団はここまで出すか?という疑問はありますが。下手に2年くらいなら1年10M+オプションなんかのほうがリスクヘッジできた気がします。こういったところはもっとシビアにいってよかった。
戦力アップになると思いますが、曰くつきの選手だけになんとも評価の難しい獲得ですね。わざわざメルキーに行かなくてもよかったような。

例年のパンダGMであれば年明けにのっそりと動いて安い選手を買いたたくというのが恒例行事ですが、今季は11月で一気にチームを大変革しています。
ここまで金の使い方が変わるとなると、なんだか違和感があるのは事実ですが、この積極姿勢はいままでにはないもので来季に対する意気込みが伝わってきます。

起用法ですが、2番でチャンスメイク、または5番でポイントゲッター的な役割に期待がかかります。
まだここらへんは流動的かなと思います。
1番レイエス、3番バティスタ、4番エンカーナシオンは鉄板かと予想できますが他はまだまだオーダー変更できそうな余地があります。
メルキーもレイエス、ボニファシオ、イズトゥリス同様に両打なので、左右を気にせず起用できるという点では利便性が高いですね。
やや右打者が多めのチームだけに、両打を揃えるのはバランス的にもいいと思います。

メルキーの獲得により外野手は完全に過剰に。
すでにバティスタ、ラスマス、ゴーズ、デイビスがいる外野手ですが、ここにメルキー加入となれば定員オーバー。ここも間違えなくトレードをしかけてくるものだろうと思われます。
バティスタはありえないとして、デイビスも再契約しましたのでラスマスやゴーズあたりが候補でしょうか。
年俸的にはラスマスがだされそうな感じがしますが、まあいまのジェイズに年俸はファクターとなるうるのか。
今後もまだまだ気になる動向は盛り沢山です。


☆まだ先発を狙っているらしい
ザック・グリンキーやアニバル・サンチェスといった大物にも注視する一方で、安価な先発を狙うのでともローゼンタールが報道しています。いまのジェイズなら何がおこってもおかしくないですね。
まあグリンキーには5年100M、サンチェスに関しては3年40Mくらいが限度かなと思いますが。
補強するという姿勢は正しいので楽しみです。何故いままでこう動かなかったのか・・・。


いままでは大違いの目まぐるしいオフシーズンとなっています。11月にこのまま動いてここからどう動いてくるのか、GMの手腕が問われる機会がまだまだ続きそうです。

コメントは後程返信します。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

メルキー・カブレラと契約

>numberplusさん
コメントありがとうございます。
先発はともかく、リリーフは過剰気味なのでトレードでもしない限り補強は無理かと思います。
イメージ的に悪いのは確かです。他の選手を狙ったほうがよかったような。まあ他だと高くついたんでしょうね。

メルキー・カブレラと契約

>c-viewさん
コメントありがとうございます。
なんでかよくわからないですけど、見たことのある選手がチームにきてくれたりするのは面白いですね。
何とか成績を維持し続けてほしいです。

メルキー・カブレラと契約

>大阪人さん
コメントありがとうございます。
メルキーとしてはもう自身の成績で周囲の批判を黙らせるしかないですね。昨年のような数字を残せれば、批判するジェイズファンは誰もいなくなることでしょう。

メルキー・カブレラと契約

>バティスタさん
コメントありがとうございます。
あまりイメージがよくないのはそうですね。まあイメージが悪いので簡単に獲れそうだとだという算段だったのかと思われます。その割に高い感がありますが。
ドミニカ系ではマニー・アクタが監督候補にもあがっています。リグルマンやトレーシーなどよりはいいかと思いますがPO経験がないのは気になります。

こんな記事も読みたい

再契約…したい?【Rayを釣りたくて】

オフ情報5 ハンターのDET入団の影響【halcyon days, again】

監督に思うこと。【Let's Go Dbacks!】

ブロガープロフィール

profile-icondoc51

ブルージェイズ応援ブログ
最近はやや不定期投稿になっていますが、まめに更新していきたいです。
  • 昨日のページビュー:47
  • 累計のページビュー:3671060

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 失望のドラフト
  2. ブロックバスター!
  3. フラッグディール動向まとめ
  4. ドナルドソン獲得
  5. ディッキー獲得という賭け
  6. 来季構想―All or Nothing
  7. 有望株ランキング
  8. カナダ野球の現状・展望
  9. メルキー・カブレラと契約
  10. 主砲の契約延長の行方

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
01
2016
11
10
09
08
07
06
02
01
2015
06
05
03
02
01
2014
12
11
09
07
05
04
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss