under green flag 2

月別アーカイブ :2011年10月

インドGP採点

実際にF1が走ってみると、これはなかなかすばらしいコースだった。とくにターン3とターン4がおもしろい。単純にスピードに乗ったところからのハードブレーキングが要求されるコーナーかと思いきや、非常に広くラインの自由度が高いのでドライバーの駆け引きがよく見える。後半の中高速セクションもドライバーのチャレンジを引き出す仕上がりになっていて、見ていて飽きないコースだと思う。 【採点基準】......続きを読む»

2011インディカー・シリーズ・ラスベガス

このブログでインディカー・シリーズについて書いたことは何度かある。たとえば昨年のインディ500で起こった危険なクラッシュから生還してロングビーチで歓喜の初勝利を挙げたマイク・コンウェイや、実力のわりにどうも不遇を託つことが多かったなかどんな脚本家も思いつかないようなストーリーでブリックヤードを制した彼を称えた記事だった。それを後から振り返ってみるとなんだか理由のありそうなことに見えてくるが、そういう......続きを読む»

韓国GP採点

2年目を迎えたグランプリだけれども、まだすべてのイベントの中でもっとも「むりやり感」が漂うねえ……。サーキットもこの時期しか使われていないようで、やっぱりF1を呼ぶことだけが目的化すると碌なことにならないということの見本の感じがありありとする。まあインドGPも似たようなものかもしれないけれど、あっちには曲がりなりにもカルン・チャンドックがいて、フォース・インディアもあるわけでね。地に足をつけた活動か......続きを読む»

日本GP採点

また忙しいので簡単に採点。しかし見れば見るほど鈴鹿ほど「生きている」サーキットはないと、ティルケだらけのF1でその存在感に嘆息してしまう。 【採点基準】 ・基本的には管理人のフィーリングです。 ・イタリアの新聞よろしく、6.0が基準点、10.0満点。 ・クルマの評価は難しいですが、チームがターゲットとしていそうな順位を達成したかどうかも採点に含みます。 ・テレビ中継と......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icondnfmotor

市井のモータースポーツファン。F1に加え、90年代半ばにCARTを見て以来ずっとインディカーの観客です。観客なので情報通でもマニアでも評論家でもない。そういうものとして気楽にお読みください。
メール:dnf.motor■gmail.com(■=@)
Twitterアカウント:@dnf_shan
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1826516

(11月07日現在)

関連サイト:under green flag(本館)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 小林可夢偉は10年遅れのヤルノ・トゥルーリだったのだ――さよなら大好きなフォーミュラ1
  2. ホンダF1はその精神によって自らを空虚にしている
  3. ビアンキはペナルティを無視したのか?
  4. F1新予選方式でQ1をシミュレートしてみる
  5. 15年に及んだ真実の佐藤琢磨を探す旅が終わりを迎える:2017インディカー・シリーズ第6戦 第101回インディアナポリス500マイル
  6. 関口雄飛とストフェル・バンドーンは日本で出会う、あるいは奇妙で魅惑的な、僕たちのスーパーフォーミュラ
  7. 2014 F1 Rd.13 イタリアGP〈極私的〉採点
  8. インディカーのために、われわれはチップ・ガナッシを軽蔑する必要がある:2014インディカー・シリーズ第11戦 ポコノ・インディカー500
  9. シモン・パジェノーと佐藤琢磨のターン1、あるいはウィル・パワーは開幕の不在によって2016年の主役となる:2016インディカー・シリーズ開幕戦 セント・ピーターズバーグGP
  10. 2014 F1 Rd.8 オーストリアGP〈極私的〉採点

月別アーカイブ

2019
12
2017
06
05
04
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
07
06
05
04
03
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2010
11
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss