under green flag 2

関口雄飛とストフェル・バンドーンは日本で出会う、あるいは奇妙で魅惑的な、僕たちのスーパーフォーミュラ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Chapter 1

 2016年9月25日に決勝が行われるスーパーフォーミュラ(SF)第6戦を前にして、観客がレースへと寄せる期待はさほど大きいものではなかっただろう。まずもって、SFそのものが全体的にレース中の順位変動が少ないシリーズという前提がある。今のF1のように年間を通して1チームが独走することこそないものの、週末単位で見ると意外なほど上位の順位が固定されたまま終わる――速さを見つけたチームはたいてい日曜日の夕方まで速い――傾向が強い。今季ここまで、ややこしい展開になったのは7月の富士と9月の岡山レース2くらいで、それ以外の開催ではどこも予選3位以内のドライバーのうち2人は表彰台に登っている。6戦のうち5戦はホールショットを決めたドライバーがそのまま優勝した。もとよりSFとはそういうものだ。使用される車輌SF14は随所に工夫が凝らされ、コーナリング速度だけならF1を凌ぐとさえ言われるほど機敏な挙動を見せつつ、現代の高位フォーミュラカーとしては追い抜きもしやすいと評価される優れた車だが、そうはいっても空力依存的な設計の宿命から逃れられるわけもなく、オーバーテイクシステムの効果も限定的のため、当初喧伝されたほど至るところで順位が逆転する場面を演出してくれるほどの舞台装置ではないことは知れ渡っている(もちろんこれは「速い車ほど最初から前にいる確率が高い」というレースの構造的な本質にもよる)し、まして肝心の舞台のほうが直線は短くコース幅も狭いスポーツランドSUGOだ。派手な劇が繰り広げられる展開を望んでも詮ない。シーズンも最終盤に差し掛かった選手権の帰趨に興味を向けるにしても、それはサーキットの上に現れる戦いとはまた文脈が違う。どこからともなく現れてレースに波瀾を巻き起こす「菅生の魔物」もどうやら最近はSUPER GTのほうにご執心のようである。数台がスピンしてリタイヤする程度の揺らぎや、菅生らしくセーフティカーが導入される事態くらいはありえても、結局のところは今回も1周目のターン1を制した者がそのまま優勝するのだろう。68周のレースはじゅうぶん長い。だがチェッカー・フラッグが振られるのが7周目だろうと41周目だろうと、さして順位は変わらないはずだ。

 はたしてレースの結果を見るかぎり、ほとんどそのとおりだったと言えるかもしれない。ちょうど彼岸の明ける一日が早い黄昏へと向かおうとするころ、ポールポジションからスタートしていた関口雄飛は傾いた日の光によってほんのり朱に染まったTEAM IMPULの車の中で歓喜のチェッカー・フラッグを受けている。4番グリッドながら作戦が奏功した中嶋大祐が14秒を置いて続き、2番手から中嶋一貴に抜かれて1周目を3位で通過していた野尻智紀が4秒遅れておなじ順位のままゴールした。完璧なスタートを決めながらもレース途中で一時的に3速ギアを失い後退したその一貴は後半に野尻を追いかける機会を得たが、予想どおりコース上で抜き返すこと能わず表彰台を逃した。終わってみれば、1周目と68周目で上位の顔ぶれはまったくといっていいほど変化せず、兄弟が入れ替わっただけのレースである。大祐のみならず、下位に目を向けても予選より順位を上げたのは早めにピットへと戻って周囲に車のいない空間を見つけて飛ばす作戦を採用したドライバーが多く、コース上で車同士が連なる戦いはほとんど起こらなかった。数えた限り、1周目と一貴のトラブルを除けば、テレビカメラが捉えた追い抜きの場面は3回か4回程度しかない。先頭交代は0だ。

 こんなふうに振り返るなら、菅生で行われていたのは典型的なSFのレースだったように見えるし、実際、おそらくそうした側面は顔を覗かせている。競技水準の高さはぼんやり伝わってくるものの、目に見えてわかりやすく興奮できる場面は少なく、興行性の伴わない退屈な――悔しいがその批判を真っ向から否定しきれない――カテゴリー。SFに纏わりつくこの課題は残ったままで、たまたまJ Sportsにチャンネルを合わせたサッカー好きやはじめてサーキットにやってきた観客に単純な娯楽を提供できたかといえば首肯しかねてしまう。だが、初心者にとっては地味に感じられる単純ではないレースだったとしても、SFを、モータースポーツを見続けている熱心なファンのうちきっと少なくない数が2016年のシリーズを振り返って菅生こそ最高の一戦だったと言うだろう。まず、わたし自身がそう言いたいと思っている。ポールシッターが全周回を先頭で通過し、ファステストラップも記録して14秒差で圧勝した、俗にいうグランドスラムを達成した結果は、字面から連想するだけなら淡泊なものだ。しかし実際のレースは退屈どころか、息を凝らして一秒たりとも目を離してはならない責任を観客に強いるほどの緊張感に溢れている。菅生の20周目、魔物が最悪のタイミングで顔を覗かせたとしか表現できないような不幸が、完璧な走りを続けるリーダーだけを襲った。もちろんサーキットでは何だって起こりうるとみな知っている。だがそこで起きたわずか一度の事件はあまりに不公平で、整然としていたはずのレースはだれの目にも歪んでしまったように映ったはずだ。そのありうべき歪みを元のあるべき形へと戻してみせたのが、まさにリーダーとして不運に見舞われた関口雄飛だった。関口はたったひとりで、ただ速さのみによってレースのすべてを再構築していった、その過程のなかでモータースポーツの代えがたく美しい光景が何度も瞬間的に立ち現れては消えていったのである。

12ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スーパーフォーミュラ
タグ:
F1
ストフェル・バンドーン
関口雄飛
スーパーフォーミュラ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

自動車部・全日本運転競技選手権大会・全日本学生自動車連盟年間総合杯【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

おめでとうニコ、そしてありがとうベッテル【サンチェス・ピスファン】

“わかりすぎる”今のF1中継【スポーツ一期一会】

ブロガープロフィール

profile-icondnfmotor

市井のモータースポーツファン。F1に加え、90年代半ばにCARTを見て以来ずっとインディカーの観客です。観客なので情報通でもマニアでも評論家でもない。そういうものとして気楽にお読みください。
メール:dnf.motor■gmail.com(■=@)
Twitterアカウント:@dnf_shan
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1826464

(11月06日現在)

関連サイト:under green flag(本館)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 小林可夢偉は10年遅れのヤルノ・トゥルーリだったのだ――さよなら大好きなフォーミュラ1
  2. ホンダF1はその精神によって自らを空虚にしている
  3. ビアンキはペナルティを無視したのか?
  4. F1新予選方式でQ1をシミュレートしてみる
  5. 15年に及んだ真実の佐藤琢磨を探す旅が終わりを迎える:2017インディカー・シリーズ第6戦 第101回インディアナポリス500マイル
  6. 関口雄飛とストフェル・バンドーンは日本で出会う、あるいは奇妙で魅惑的な、僕たちのスーパーフォーミュラ
  7. 2014 F1 Rd.13 イタリアGP〈極私的〉採点
  8. インディカーのために、われわれはチップ・ガナッシを軽蔑する必要がある:2014インディカー・シリーズ第11戦 ポコノ・インディカー500
  9. シモン・パジェノーと佐藤琢磨のターン1、あるいはウィル・パワーは開幕の不在によって2016年の主役となる:2016インディカー・シリーズ開幕戦 セント・ピーターズバーグGP
  10. 2014 F1 Rd.8 オーストリアGP〈極私的〉採点

月別アーカイブ

2019
12
2017
06
05
04
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
07
06
05
04
03
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2010
11
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss