under green flag 2

なんて愛しい魔法使い:2016インディカー・シリーズ第4戦 アラバマGP

このエントリーをはてなブックマークに追加


 およそ1年前の2015年4月26日、ジョセフ・ニューガーデンはバーバー・モータースポーツ・パークにおいて人生でもっとも重要な2つのパッシングを完成させた。残念ながらテレビ画面にはあまり大きく映し出されていなかったように思うが、それは疑いなくモータースポーツでもっとも美しい光景のひとつだった。長いバックストレートから高速ターン11を通過し、右に曲がり込むブラインドのターン12を加速しながら立ち上がっていくとほんのわずかな全開区間の先にこのコース最大の難所が現れる。車速をわずかに落として右のターン13に進入し、スロットルを維持したまま続けざまにやってくる高速ターン14の横Gをまともに受けながら、いきなりRのきつくなるターン14aのクリッピング・ポイントに向けてブレーキペダルを踏みしめる。半径の異なる3つのターンで1組となるこの複合コーナーを通過するおよそ7秒間、ステアリングはずっと右に切り続けられている。速度を上げようとすれば車はドライバーが与えるフロントタイヤの舵角に抗って外へ外へと逃げていき、かと思えばいきなりリアタイヤのグリップが減じてカウンターステアを余儀なくされる場合もある。イン側へ寄っていこうとすれば速度を落とすしかなく、ドライバーは速度と距離のジレンマのなかで車をどうにか手懐けながら妥協点を探る。横からの荷重にとらわれて姿勢を乱さないよう、最後のブレーキングはあくまで繊細に。走行ラインの自由度はほとんどない。

 百戦錬磨のドライバーでさえ苦しむ姿を露わにしてしまうほど難易度の高いこのコーナーを、しかしニューガーデンは物理の法則などどこかへ消えてしまったかのようにやすやすと攻略してしまう。昨年のアラバマGPがスタートして直後、1周目のターン14で彼はまずチーム・ペンスキーを運転するウィル・パワーの懐に潜り込み、少しラインを孕ませたものの上品なブレーキングでターン14aを押さえて2位に浮上した。前年の王者に対する完璧なパッシングはそれだけでレースに満足を与えるものだったが、なおも重要な場面が訪れることになる。リスタート明けの40周目、ターン13でやはりペンスキーを駆るエリオ・カストロネベスの背後を脅かすと、続くターン14で外へ逃げていくその姿を嘲笑うかのように内側のラインを維持し続け、1周目と同様の上品で礼儀正しいブレーキングでターン14aのクリッピング・ポイントを綺麗になぞっていったのだ。ニューガーデンの車はぴたりと路面に貼りついたまま破綻の気配を微塵も感じさせず、速度と距離のジレンマとはひとり無縁に、ターン14を速く、短く走り抜けていった。単純に比較できるものではないとはいえ、この争いのすぐ真後ろでマルコ・アンドレッティがチャーリー・キンボールのインに飛び込もうとして失敗したのを見れば、ニューガーデンはやはりとびきり特別に思われたのだった。

 ペンスキーが2015年のインディカー・シリーズでもっとも速いチームであった――残念ながら、もっとも強くはなかったのだが――ことは論を俟たないだろう。抜きにくいと言われるバーバーで難敵に違いなかったはずのその相手を2度にわたって迅速に追い抜いたことが、ニューガーデンの運命を決定づけた。39周目にリスタートする前、34周目からのフルコース・コーション中にピットインした彼は残り56周を1回の給油で済ませるために燃費走行を強いられることになるのだが、レース最終盤になると燃料戦略の異なるグレアム・レイホールが1周あたり1秒速い猛烈なペースで迫ってきたのである。チェッカー・フラッグを受けたとき、ふたりの差は2.2061秒しか残っていなかった。40周目にカストロネベスを交わすのに失敗して前が塞がってしまっていたら、いやそれどころか1周目にパワーを抜いて良い順位で走れていなかっただけで、おそらく結果は変わっていたはずだ。ニューガーデンは事後的に見ればたった1回ずつしかなかった機会を逃さなかった。完璧な能力と意志で、自らの場所を切り開いたのだ。何度となく上位を窺う走りを見せながらチームのミスやとんでもない追突などの不運に見舞われてきた男の、それが初優勝だった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
インディカー
タグ:
ジョセフ・ニューガーデン
インディカー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

シモン・パジェノーはふたたび正しい資質を証明する:2016インディカー・シリーズ第3戦 ロングビーチGP【under green flag 2】

砂漠の落日にIRLの日々は消え去る:2016インディカー・シリーズ第2戦 フェニックスGP【under green flag 2】

F12016RD.2バーレーンGP【no title】

ブロガープロフィール

profile-icondnfmotor

市井のモータースポーツファン。F1に加え、90年代半ばにCARTを見て以来ずっとインディカーの観客です。観客なので情報通でもマニアでも評論家でもない。そういうものとして気楽にお読みください。
メール:dnf.motor■gmail.com(■=@)
Twitterアカウント:@dnf_shan
  • 昨日のページビュー:1017
  • 累計のページビュー:1714473

(05月24日現在)

関連サイト:under green flag(本館)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 小林可夢偉は10年遅れのヤルノ・トゥルーリだったのだ――さよなら大好きなフォーミュラ1
  2. ホンダF1はその精神によって自らを空虚にしている
  3. ビアンキはペナルティを無視したのか?
  4. F1新予選方式でQ1をシミュレートしてみる
  5. 関口雄飛とストフェル・バンドーンは日本で出会う、あるいは奇妙で魅惑的な、僕たちのスーパーフォーミュラ
  6. 2014 F1 Rd.13 イタリアGP〈極私的〉採点
  7. インディカーのために、われわれはチップ・ガナッシを軽蔑する必要がある:2014インディカー・シリーズ第11戦 ポコノ・インディカー500
  8. シモン・パジェノーと佐藤琢磨のターン1、あるいはウィル・パワーは開幕の不在によって2016年の主役となる:2016インディカー・シリーズ開幕戦 セント・ピーターズバーグGP
  9. 2014 F1 Rd.8 オーストリアGP〈極私的〉採点
  10. 2014 F1 Rd.12 ベルギーGP〈極私的〉採点

月別アーカイブ

2019
12
2017
05
04
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
07
06
05
04
03
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2010
11
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss