under green flag 2

ビアンキはペナルティを無視したのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1モナコGPでジュール・ビアンキが9位入賞を果たし、マルシャは前身のヴァージン・レーシングから数えてF1参戦5年目にしてついにポイントを獲得しましたが、この結果について、わたしのツイッターTL上ではいくつか疑問と不満が渦巻いていました。中継で川井一仁氏が発言したことも多分に影響していたのでしょう、いわく、「ビアンキはペナルティを消化していないのではないか」というものです。仮にビアンキが本来科されなければならない罰則に従っておらず、レース走破タイムに大きな加算があったり、最悪レースから除外されることになったりした場合、今度は逆にマーカス・エリクソンが10位入賞となり、ケータハムが初ポイントを獲得することになるのですから、これは下位でたったひとつの順位争いにしのぎをけずる両チーム、ひいては唯一の日本人ドライバーである小林可夢偉の未来にとっても重要なことです。日本のF1ファンにとって大きな関心事であったことは想像に難くありません。  結果としてビアンキは決勝終了後、「レースタイムに5秒加算」という罰を受けて8位入線から9位へと順位を落とし、最終順位が確定しました。この処分でビアンキが不当に得をしたと思っている人も多いようです。彼がレース中に科せられた罰則は今季新しく導入された「5秒ペナルティ」でしたが、ペナルティなのだからピットに戻って5秒停止しなければならない=ピットレーンでの時間ロス+5秒静止で約25秒を失わなければならないのに、タイム加算は5秒しかなく、ほとんど損をしていないと、そういう理屈をしばしば見かけます。小林自身もそのように語っていたようですが、まず結論を言ってしまえば端的に誤解です。ビアンキは不当に得をしたわけではなく、規則の穴を突いたわけでもなく、規則が予定したとおりに行動し、規則が予定したとおりの罰則を受けて、ほんのすこしだけ順位を落としたのです。2014年F1スポーティングレギュレーションを紐解きながら、そのことを見ていきましょう。
【2014 FORMULA ONE SPORTING REGULATIONS】 http://www.fia.com/sites/default/files/regulation/file/1-2014%20SPORTING%20REGULATIONS%202014-02-28.pdf
 とその前に、この件についてはレース後、わたしがツイッターでフォローしているクル氏が詳細な説明をなさっています(この記事を書くにあたっても参考にさせていただきました。この場を借りて感謝申し上げます)。またAUTO SPORTS Webでも関連記事が配信されており、やや焼き直しの感もありますが、まとめておくことも無駄ではなかろうということで公開することにします。
 さて前述のように、今回のビアンキはスタート位置の異同という軽微な反則によって序盤に「5秒ペナルティ」が科せられました。これがどういうものかは、上掲リンク16条「INCIDENTS」(事故・事件)に書かれています。該当するのは3項a)で、以下のようなものです。

16.3 The stewards may impose any one of the penalties below on any driver involved in an Incident:

a) A five second time penalty. The driver must enter the pit lane, stop at his pit for at least five seconds and then re-join the race. The relevant driver may however elect not to stop, provided he carries out no further pit stop before the end of the race. In such cases five seconds will be added to the elapsed race time of the driver concerned.)

b) (略・ドライブスルーペナルティ) c) (略・10秒ストップ&ゴーペナルティ)

If either of the three penalties above are imposed during the last three laps, or after the end of a race, Article 16.4b) below will not apply and five seconds will be added to the elapsed race time of the driver concerned in the case of a) above, 20 seconds in the case of b) and 30 seconds in the case of c).

(16.3 スチュワードはインシデントに関わったあらゆるドライバーに、以下の罰則のうちいずれかを科すことができる。/a)5秒ペナルティ:ドライバーはピットレーンに入り、自らのピットに少なくとも5秒静止してレースに復帰しなければならない。ただし、レース終了までにさらなるピットストップを行わないならば止まらない選択をすることができ、その場合レースタイムに5秒が加算される。(略)上記の罰則がレース残り3周以下またはレース後に科せられた場合、16.4 b)は適用されず、a) については上記と同様に(5秒)、b)(ドライブスルーペナルティ)については20秒が、c)(10秒ストップ&ゴーペナルティ)については30秒がレースタイムに加算される)

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
F1
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ビアンキはペナルティを無視したのか?

>oneさん

5秒のほうを納得していただけたのなら書いた甲斐がありました。接触の件については見解がわかれるところだと思いますが、余談のつもりだったのにみなさん食いつかれる(これまでこんなにコメント来たことないですし)のでやっぱりいちばんの注目点だったんだなと改めて思った次第です。

最後のコメントには同意します。どうもGP2がいかんのじゃないかと思うんですが、それはただの印象論かもしれません。

なるほどですね

ペナルティの件は、納得です。
ややこしく混乱しましたが。。。

ただ、ペナルティがどうあれ、
ぶつけられて走行しにくくなったら怒るのは当然ですね。
オンラインのレースゲームですらオイオイと思うくらいですから。
現実のレースなら、計り知れないとは思います。
可夢偉のミスもあろうかと思いますが、
モナコで隙間に割り込んだら当たりますよね。

今後のF1で前方の車に当てて順位を上げても問題なし!!的な
テレビゲーム感覚のレースにならないことを祈ります。

ビアンキはペナルティを無視したのか?

>hyさん
あ、「ライコネンを前に行かせるきっかけとなったシケインのショートカットは「ビアンキに追突されたから」」とおっしゃっていたので36周目の話かと思ったんですが、それまでにぶつけられて車を壊していたことがあの周のブレーキングで乱れた遠因というご趣旨ですかね。だとしたら確認できないものの可能性はある(といっても2人の差はつねに1秒くらいあったんですが)と思います。少なくともライコネンに並ばれた33周目と、小林がシケインカットした36周目にはぶつかっていません。これは映像に残っています。



>ien0907さん
今回わかりにくくなってしまったのは、本文で書いたようにイレギュラーな要因が重なりすぎた、ということがあるように思います。実際ビアンキはマレーシアでもおなじペナルティを食らっているはずですが、そのときは特に混乱もなかったのではないかと。

最近のFIAは、「レース中のペナルティは極力そのレース中に消化する」という方針を貫いています。5秒ペナルティの運用もその方針に則ったもので、むしろレース後加算のほうが他に方法がないための避難的措置という意味が強いように思います。「レース後に順位が変わるのは好ましくない」というFIAの考えはとくに奇異なものではなく、わたし自身は運用基準の一貫性という観点から現状を支持するところです。

可夢偉とビアンキの件は、さておき。

この、5秒ペナルティの運用ルールには私見では不備があるように、思います。
というのも、最初私も誤解したからです。
であれば、ピットインを迎えようが、済ませていようが、統一的に、レース結果に5秒加算の方が良い気がしました。

こんな記事も読みたい

F12014・モナコGP【F1好きな学生のブログ】

モナコGP・ロズベルグのダークサイド?【暇人の暇つぶし。】

Redbull X-Fighters Osaka【こちらスタジアム情報局】

ブロガープロフィール

profile-icondnfmotor

市井のモータースポーツファン。F1に加え、90年代半ばにCARTを見て以来ずっとインディカーの観客です。観客なので情報通でもマニアでも評論家でもない。そういうものとして気楽にお読みください。
メール:dnf.motor■gmail.com(■=@)
Twitterアカウント:@dnf_shan
  • 昨日のページビュー:103
  • 累計のページビュー:1824999

(10月12日現在)

関連サイト:under green flag(本館)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 小林可夢偉は10年遅れのヤルノ・トゥルーリだったのだ――さよなら大好きなフォーミュラ1
  2. ホンダF1はその精神によって自らを空虚にしている
  3. ビアンキはペナルティを無視したのか?
  4. F1新予選方式でQ1をシミュレートしてみる
  5. 15年に及んだ真実の佐藤琢磨を探す旅が終わりを迎える:2017インディカー・シリーズ第6戦 第101回インディアナポリス500マイル
  6. 関口雄飛とストフェル・バンドーンは日本で出会う、あるいは奇妙で魅惑的な、僕たちのスーパーフォーミュラ
  7. 2014 F1 Rd.13 イタリアGP〈極私的〉採点
  8. インディカーのために、われわれはチップ・ガナッシを軽蔑する必要がある:2014インディカー・シリーズ第11戦 ポコノ・インディカー500
  9. シモン・パジェノーと佐藤琢磨のターン1、あるいはウィル・パワーは開幕の不在によって2016年の主役となる:2016インディカー・シリーズ開幕戦 セント・ピーターズバーグGP
  10. 2014 F1 Rd.8 オーストリアGP〈極私的〉採点

月別アーカイブ

2019
12
2017
06
05
04
2016
12
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
07
06
05
04
03
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2010
11
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss