E.F.W.T

ローマ対マンU 試合感想(チェルシー対バレンシアも)

このエントリーをはてなブックマークに追加

チェルシーの試合を見るために実家にかえってスカパーを見る予定だったのですが…
ローマファンの弟にテレビを奪われ、ほとんどローマ対マンUの試合を見ることになってしまいました。。。

とはいえチェルシー対バレンシアももちろんチャンネルを変えながら見ていたんですけどね。。
でも正直試合全体の感想を書けるほど集中して見れなかったので、今日はとりあえず本当に大雑把な試合の印象を。。



まず、ローマ対マンU

マンUは今日はいいところなしでしたね。
前半から一方的に攻められる展開。
ルーニーやスールシャール、
ローマはマンシーニやパヌッチのオーバーラップを中心に盛んに攻め立てていました。
特にこの日のマンシーニは素晴らしい出来でしたね。

前半からスコールズがイエロー二枚で早速退場。
スピードに乗ったトッティの足を思いっきり蹴ってしまいました。
これはもう抗議のしようもないイエローでしたね。

ただでさえ悪い内容の試合だったのに、正直こうなったらマンUはなすすべがないかなあと思いました。
なぜか僕が見ている試合ではよくスコールズが退場している気がします。

前半のローマの先制点はタッディ。(ちなみにこのゴールはチャンネル変えてて見れませんでした。。)
CKからマンシーニが折り返してタッディがダイレクトでシュート。
これがDFにあたってゴールです。

後半も10人になったマンUの不利は変わらず、ローマが攻め立てますが…
ところがマンUが一点を返します。
起点はやはりCロナウド。中盤でボールを奪ってドリブルでDFを交わしてから右サイドのスールシャールにパス。スールシャールが素晴らしいクロスを上げると、デロッシがクリアを試みるも届かず。完全にフリーになっていたルーニーが落ち着いて決めました。

このゴールは展開が本当に鮮やかでした。
これまで比較的DFに囲まれてつぶされていたCロナウドでしたが、
やはりさすがですね。苦しい試合でも一瞬の輝きを見せるところが、好調を物語っています。

これで試合は振り出しに戻ったわけですが、やはりマンUは10人が厳しかったです。
後半21分、マンシーニが無回転のミドルを打つと、さすがにこれはファンデルサールもキャッチは不可能ではじきます。しかしそれを見逃さなかったブチニッチがすばやく詰めてゴール!

ファンデルサールは弾いたばかりでシュートに対する準備もできていなかったため、一歩も動けず。
このあとに「これはお手上げだぜー」というリアクションをしていたのが印象的でした。

このまま試合は終了。10人で2-1なら正直マンUとしても御の字かなぁと思っていたのですが、最後にサハを投入したところを見ると、ファーガソンも引き分けには持ち込みたかったんでしょうねえ。。


さて次はチェルシー対バレンシア
正直まともに試合を見れなかったので特別なことはかけません。。

僕はチェルシーファンですが、バレンシアも好きなチームなのでこの組み合わせは結構複雑でした。
でもお互いに似たような戦い方をするチーム同士の対戦なので、どんな試合になるかは楽しみでしたね。

場所がスタンフォードブリッジだったので、ボール支配率はやはり圧倒的にチェルシーでしたね。
バレンシアはビセンテ、ホアキンを中心にサイドから攻め立てますが、見ている限りでは崩されるシーンというのは比較的少なかった気がします。

しかし先制はバレンシア。シルバのスーパーミドルがチェフを破ります。
これは正直どうにもしようがないくらい素晴らしいシュートでした。

チェルシーもその後攻め立てますが、バレンシアの硬いディフェンスをなかなか破ることが出来ません。
ただスタンフォードブリッジでチェルシーが負けることはたぶんないだろうなーなんて思ってた矢先、ドログバがヘッドで同点弾。

あ、ちなみにゴールシーンはすべてリアルタイムでは見逃しているのであしからず。。(T-T)

その後はチェルシーがロングボールを放り込んで、ドログバがなんとかする、というチェルシーならではの、相手にとっては嫌な、見ているほうにとっては退屈な試合になってきましたが、、アジャラがなかなかうまいんですよねー。ドログバもなかなか仕事をさせてもらえない感じでした。
そして後半40分ごろのシェバのオーバーヘッドはさすがに目が覚めましたね。最近シェフチェンコはやっと本来の輝きを取り戻してきた気がします。

試合はこのまま終了。チェルシーはロッベンがいないのがやはりつらかった。。彼がいないとロングボールをぼんぼん放り込む展開にしかならない気がします。
Jコールは久々の復帰を果たしたのはよかったけど、さすがに試合感が鈍りまくりで、これぞというプレーは見せられなかったですね。

いい動きをしていたのはカルー、シェフチェンコ、



さて次戦は来週ですね。
バレンシアはあまりホームで強いという印象がないチームなので、
チェルシーにも勝機は十二分にあるのではないでしょうか。
それまでに何人戻ってこれるでしょうか。
さすがにエシエンは間に合わないかな?ジョーコールが調子をある程度取り戻してくれるとありがたいところです。
バレンシアはビセンテが怪我で退場していましたが、どうなんでしょう?

マンUですが、スタンフォードブリッジではさすがに今回とは違う内容となるでしょうから楽しみですね。
しかしマンUもここにきてけが人が増えてきたなー。
パクがいればこの日ももうちょっと違う展開になっただろうに。
ヴィディッチの離脱もかなり痛いでしょう。

それにしてもローマは本当に対戦する方としては戦い方が読めない不気味なチームですよね。。好不調の激しい選手が多いチームですから乗ったときは怖いでしょね。
このままビッグイヤーももしかしたらありえるかも!?と思ってきました。
リーグ戦はあまり気合入れなくてもCL権は獲得できそうですし、こっちに集中できるという意味では他のどのチームより有利ですよね。


本日はこんなところで。ではまた来週。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re:ローマ対マンU 試合感想(チェルシー対バレンシアも)

>ディディエさん
返事遅れてスミマセン!
確かにバレンシアも今期メスターじゃでは2敗しかしていないみたいですね。
しかしチェルシー勝っちゃいましたね(笑)
キケも若いのにやり手の監督なので頑張ってもらいたい気持ちもあったのですが…チーム力としてチェルシーのほうが上でしたかね。
キケはこの2連敗で進退問題が出ないかちょっと不安です。。

シルバはいい選手です。
僕がバレンシアで一番すきなのはミゲルですねー。
彼はベンフィカ時代にモウリーニョが発掘した選手ですよね。
右サイドバックが手薄なチェルシーですからチェルシーに来てくれないかな^^;
まぁ万が一、クアレスマもデコもミゲルも来たら、ポルトガル代表化してしまいますが。。

Re:ローマ対マンU 試合感想(チェルシー対バレンシアも)

気が合いますね~
ボクもチェルシーファンながら昔からバレンシアも好きです。
ラファ時代ももちろん良かったんですけど今のキケもモウリーニョに続く青年監督、策士って感じで良いですね。

試合の方は結局崩された訳ではないけどシルバのスーパーゴールでやられた感じ。チェルシーもミスは逃さないできっちり追いついて痛み分けって感じでしょうか。
シルバ、本当に良い選手です。ビセンテも大好きですが数シーズン前からの怪我持ちで今シーズンはシルバにポジションを明け渡しつつありますね。しかもまた怪我・・・。

ボクもメスタージャであまり強くないバレンシアって感じなんですけど調べたら負けこそあるけど勝率で言うとアウェイよりグッと良くてチェルシー以上です。ちょっと不安です。逆にアウェイでの勝率が著しく低かったんで勝っておきたかったですね・・・。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-icondjsincek

HN:sinceK 年齢:25歳
IT企業で働きながらDJ活動や作曲を行っております。
見るスポーツはほぼ欧州サッカーのみ。
一番好きなチームはチェルシー。
その他には、アーセナル、バレンシア、セビージャ、ユヴェントス、パレルモ。
好きなプレーヤーはドログバ、エシエン、テリー、カルバーリョ、ミゲル、グロッソ、ガットゥーゾ。
ナショナルチームではアッズーリが好きです。
素人視点ではありますが、スカパーでの欧州サッカーのマッチレポートを中心に書いていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:36279

(10月02日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. コパアメリカ決勝
  2. チェルシー、ダニエル・アウベス獲得?
  3. ランパード移籍!?
  4. ローマ対マンU 試合感想(チェルシー対バレンシアも)
  5. 書き始めのご挨拶
  6. 【雑感】 レアル優勝 そしてレアル降格…。
  7. EURO2008 スペイン対ロシア 雑感
  8. ドログバ退団へ?
  9. 最近の移籍市場について
  10. CLセカンドレグ 準決勝

月別アーカイブ

2008
06
2007
10
08
07
06
05
04
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss