砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~

1/7のレース予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の京都金杯はブラックムーンが勝利。 最後方にいながらタイミング良く動いたことが勝因ではないでしょうか。 武豊騎手は2年連続の金杯勝ち。 これで交流含めて昨年の阪神Cから重賞5戦連続連対中。 さすがです。 馬券は買ってないですが…

新ブログ  http://dirttime.exblog.jp

【中山10Rポルックスステークス】

今年初のダートオープンレース。 中山1800Mは月イチくらいでオープン特別が組まれるが、年末の師走Sは屈指のハイレベルだった。 人気を集めたのは前走重賞連対した2頭に、今年のユニコーンS勝ち馬。 その他の馬も含めて重賞級にメンバーが揃っていた。 その中で4馬身つけたディアデルレイは強い。

春には重賞3着。 夏にオープンを勝ち、前走も1番人気3着と安定して走ってるアルタイルも師走Sでの評価は7番人気。 それでも巧く内から抜け出してきて2着とは0秒2差と着順ほど負けていない。 師走Sよりメンバーが楽になる今回は着順も自然に上がると試算。 同じような位置でゴールしたリッカルドやサンマルデュークと比較すると、斤量も有利となっている。

昨年2着のセンチュリオン。 6勝全てを中山180Mでマークしているコース巧者。 前走でオープン待望の初勝利を挙げて連勝を目論む。 本命にしなかったのは昨年が月イチローテで順調に使い込んでいたが、今年は休み明けという点。

ラインルーフの前走は12番人気での劇走だけど、時計は前週みやこS3着に相当する優秀なもの。 元々、1600万勝ち上がり実績のあった馬で、やっと能力を出した結果。

◎アルタイル ○センチュリオン ▲ラインルーフ

京都6R ◎ウェルカムゴールド

デビュー戦はスタートがあまり良くなく後方からの競馬。 追ってからもズブさがあり、なかなか進んで行かなかったが、エンジン掛かってからの推進力は目を引いた。 まだ幼さがあり惨敗してしまう気配もあるが、重賞馬の半弟という血統もあり狙ってみたい。

京都9R舞鶴特別 ◎リアルプロジェクト

1400M主体のローテだった際も時計勝負は苦手で1分24秒の壁を破れなかった。 1800Mでも同様かもしれず、前走あたりの時計が限界なのでは? そう考えると良馬場で迎える今回はチャンス到来。 秋は使い詰めのローテだったので、少し間隔あけたことがプラスに作用しそう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
JRA
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【新馬戦予想】1/7(日)の新馬戦 除外ラッシュに負けないために・・・【人生は競馬と共に】

中山金杯、京都金杯の予想【中穴馬券研究所】

【年始ですし】中山金杯、京都金杯を予想しました!新馬戦予想ブログ[2018/1/6]【『新馬戦を買わないなんてもったいない!』&『単勝万馬券研究所』】

ブロガープロフィール

profile-icondirttime

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3303290

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  2. 2016チャンピオンズCを枠順発表前に展望してみる
  3. 2016フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  4. 2016大井 東京大賞典の予想
  5. 2017大井 帝王賞の予想
  6. 2017ジャパンダートダービーの予想
  7. 2016JBCデーの予想
  8. 2015大井 東京大賞典の予想
  9. 6/24・25日のレース予想
  10. 2016大井 帝王賞の予想

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2015
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss