砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~

2017大井 東京大賞典の予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。 有馬が終わってもホープフルSがある。 ホープフルSが終わっても東京大賞典がある。 ラーメンフェスも気になる大井!

ミツバ

ここで乗り替わりかと。 まあ、確かに常識的に考えて、この大一番を勝ちに行くとなると理解はできる。 ただ、ここ2戦、いずれも人気より上の着順に持ってきて松山ジョッキーはこの難しい馬を巧くコントロールしていた。 チャンピオンズCもスローでなければ馬券圏内もあったかもしれない。 やっと手の内に入ったかに見えたところだったのに…

サウンドトゥルー

やっぱり人気を背負うと何ともな結果に終わる人馬。 もちろんチャンピオンズCはスローに泣いたり、馬群の中で追いづらかったりもあったけれど。 でも人気馬であれば、不利のないよう直線は外に持ち出すとかの策もあったはず。 結果は変わらなかったかもしれないけど、そういう王道のレースを見たかった。 ここはあっさり巻き返してこれる相手だけれど、大井で連勝するのは簡単なことではないのも確か。

アポロケンタッキー

なんか最近は走ってみないと分からない馬… というイメージが付いてしまった。 確かにJBCはそれほど極端に揉まれた訳ではなかったのに、早々と手応えが悪くなる始末。 昨年のチャンピオンズCも揉まれて下がって行って、外に持ち出すと凄い脚を使ってと。 要するに気分よく進めればポテンシャルの高さは実証済み。 内めの枠からどうする?内田騎手。 そして軽度とは言え、取り消し明けはやっぱり心配。

ヒガシウィルウィン

地方の期待を一身に背負う。 今年の3歳ダート路線は中央のレベルを見ていても、例年より下かなと。 そして前走にしても、2着という結果は大いに他馬の凡走に助けられた感。 冷静に考えて、このメンバーではさすがに。 ただ、その中でどれだけの次に繋がる走りが出来るか。 掲示板には入れるか 馬券圏内まで僅差に持ち込めるか それとも この相手になると歯が立たないのか 勝ち負けと別の楽しみがある。

インカンテーション

武蔵野Sを勝った際にフェブラリーSが目標と話していて、「?」だったけどチャンピオンズCは確かに登録すらなかった。 だったら武蔵野Sの前に2100Mを使った意味も分からず。 そしてここに出走。 結局、チャンピオンズCに出なかった理由や、このレースへの勝負気配が全く分からない。 不気味な存在だけど、武蔵野Sはスローペースに恵まれた部分があった。 また、このキャリアにして大井初登場。 その部分を補える鞍上とも思えず。

ケイティブレイブ

JBCもチャンピオンズCも本命にした馬。 チャンピオンズCの福永騎手を見ていて思ったことは「GⅠを獲りに行く乗り方」について。 自分の想定通りの位置を取ることに対しては、本当に巧いと感じる。 でも、あのスローペースなら前にもう少しプレッシャー掛けるとか、4角くらいで先頭に並び掛けるとか。 勝負したって良いはず。 淡白に淡々と一周回ってきただけ。 失礼ながら、そうとしか見えなかった。 有馬記念のシャケトラもそうでしょう。 騎手批判て好きではないので、こんな文章本望ではないけど、馬は強いので乗り方次第。

コパノリッキー

GⅠ11勝目を花道にと目論む。 チャンピオンズCはスローペースもそうだけど、テイエムジンソクもケイティブレイブも後ろを意識して、この馬へのマークが緩み気味になった。 楽に行かせれば、やっぱり強い。 今回はそうは行かないはず。 …なのか? それともキタサンブラック同様、引退する馬に対して潰しに行くことはできないのか。 やっぱり鍵は福永騎手(笑) 最低人気で勝ったフェブラリーSから4年近く、間違いなくダート界を背負ってきた馬。 あのフェブラリーSは生観戦してたけど、場内が静まり返ったのを思い出す。 本当にお疲れ様でした。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
交流
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

来年も競馬を楽しみましょう!【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

2017 東京大賞典【ホースレース・ロマネスク】

2017 ホープフルS レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

ブロガープロフィール

profile-icondirttime

  • 昨日のページビュー:3028
  • 累計のページビュー:3303290

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  2. 2016チャンピオンズCを枠順発表前に展望してみる
  3. 2016フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  4. 2016大井 東京大賞典の予想
  5. 2017大井 帝王賞の予想
  6. 2017ジャパンダートダービーの予想
  7. 2016JBCデーの予想
  8. 2015大井 東京大賞典の予想
  9. 6/24・25日のレース予想
  10. 2016大井 帝王賞の予想

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2015
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss