砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~

12/9のレース予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。 チャンピオンズカップはゴールドドリームがあの展開を差し切る強すぎる内容でしたね。 この馬は直線長い左回りだと無類の強さを発揮。 まさに中央ダートGⅠの申し子ですね。

【中山11R師走ステークス】

重賞レベルの好メンバー。 今年、重賞で馬券に絡んだ馬が16頭中7頭。 10頭くらいにチャンスがあるレース。

そんな中でも前走のインパクトで言えばルールソヴァール。 準オープンを軽ハンデで勝った馬が、休み明けで初の重賞挑戦。 しかも初の関西遠征。 狙える要素は正直どこにも見当たらなかったが、まさかの2着好走。 テイエムジンソクをマークする型で付いて行って、もちろん直線では突き放されたものの脚が止まった訳でもなく。 4着以下を5馬身以上離したとなれば、内容にケチもつけられない。 オープン入りしたのがデビュー28戦目だったサウンドトゥルーの全弟という、晩成の血がここで開花したのか。 まだ半信半疑ではあるが、叩かれた上積み考えると本命にしたい。

ピオネロはダート転向後に大きく崩れたのは、今夏のエルムSくらい。 切れる脚がなく勝ち切れはしないものの、毎回上位に顔を出す。 武蔵野Sは前残りの展開が向かなかったが、後方から脚は使っていた。

やはり寒くなってからが走る時期だと再認識させられた、前走のディアデルレイ。 4角での手応えが他とは全く違う完勝で、力が一つ抜けていた。 揉まれ強いイメージがないので枠は微妙だけど…

◎ルールソヴァール ○ピオネロ ▲ディアデルレイ

【中山10Rアクアラインステークス】

1000万を勝ち上がってきた2頭。 チュラカーギーとアシャカダイキ。 共に前走で1分10秒8の時計を良馬場で叩き出しており、確かに昇級でも通用するレベル。

そもそもチュラカーギーに関しては春に1600万で2着があるのたから、実績からも人気になるのは当然。 中山1200Mは8戦して馬券圏外1度のみ。

アシャカダイキにしてもチュラカーギーと同じ勝ち時計で2着を3馬身半離した内容も優秀。 その2着馬が次走で勝ち上がっているのも、勝利の価値を上げてる。 中山1200Mは3戦3勝。

この2頭どっちが強いのかと考えると、ここはチュラカーギーを評価したい。 チュラカーギーが勝ち上がった日は1600万のレースもあり、そちらの勝ち時計は1分11秒0。 3F通過が0秒1しか違わないラップで、更に速い時計を叩き出したということ。 一方アシャカダイキは同日2歳未勝利でも1分12秒1。 そこそこ時計の出る馬場だったとも考えられる。 時計やラップが全てでないにしろ、裏付けとしては十分。

前走は控える競馬となり流れ込むだけとなったサザンボルケーノ。 人気2頭をマークする位置で競馬できれば、それほど能力に差はない。

◎チュラカーギー ○アシャカダイキ ▲サザンボルケーノ

中山8R ◎シェアード

前走は出遅れて自分の型を作れなかったが、それでも一番外を追い込んで2着とは0秒2差。 当コースで1000万勝ちがあるように、やはり中山は走る。 中山1200M(3.2.2.3) 揉まれたくないので外枠歓迎だし、ここは行きたい馬も多くない。

阪神8R ◎エンパイアブルー

5歳秋にしてキャリアまだ5戦。 骨折諸々で2年近くもブランクがあった。 復帰した4月の阪神ではゲートで暴れて外枠発走となり、更に大きな出遅れ。 それでも最速上がりで3着と能力を示していた。 前走にしたって昇級で休み明け。 勝ち馬も強かったが、この馬だって3着に3馬身半差。 上のクラスでも… と期待している馬。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
JRA
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

本日はチェック馬も少しだけアップ。新馬戦予想ブログ[2017/12/9]【『新馬戦を買わないなんてもったいない!』&『単勝万馬券研究所』】

香港国際競走の展望【レースをより楽しむブログ】

3場開催に戻っても、【ペケマル指数】1位がトップ! 馬券圏内率は63.9%に微増!!【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

ブロガープロフィール

profile-icondirttime

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3303290

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  2. 2016チャンピオンズCを枠順発表前に展望してみる
  3. 2016フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  4. 2016大井 東京大賞典の予想
  5. 2017大井 帝王賞の予想
  6. 2017ジャパンダートダービーの予想
  7. 2016JBCデーの予想
  8. 2015大井 東京大賞典の予想
  9. 6/24・25日のレース予想
  10. 2016大井 帝王賞の予想

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2015
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss